「池袋シネマ・ロサ」の検索結果: 34 件

【緊急インタビュー】『灯せ』再上映—表現者・安楽涼が灯し続けようとするもの

映画『灯せ』安楽涼監督今年8月に池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映された、安楽涼監督の最新短編作『灯せ』が、12月25日(土)〜30日(木)に再び池袋シネマ・ロサで上映される。24分という短編、しかも一度限りの上映ながら大きな反響を呼んだ本作は、緊急事態宣言下の東京を舞台に、表現の場を求めて葛藤する3人の若者たちの姿を描く群像劇だ。コロナ禍において「しょうがない」を受け入れ続けることに限界を感じた安楽監督が完成させたという本作。そこに込められた“思い”と “人知れず抱えていた葛藤” とは——?

自分自身を体現する場所を求めて—『アリスの住人』主演・淡梨さんインタビュー

家庭養護施設「ファミリーホーム」を舞台に、児童虐待の悲しみやトラウマを抱えながらも強く生きようとする少女たちの成長を描く澤佳一郎監督の最新作、『アリスの住人』。本作で樫本琳花さんとともにW主演を務めるのが淡梨さんだ。モデルとしてデビューし、上田慎一郎監督『スペシャルアクターズ』(2019年)の教祖役で注目を集め、今作では主人公つぐみの心を開くキーパーソンとなる賢治役を演じる淡梨さん。本作に込めた思いと、素顔の魅力にも迫った。
(撮影:ハルプードル)

12月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2021年12月短評メイン画像12月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今月もバラエティ豊かな9作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】3日(金)公開『彼女が好きなものは』『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』、4日(土)公開『アリスの住人』『クナシリ』、17日(金)公開『偶然と想像』『世界で一番美しい少年』『POP!』、25日(土)公開『エッシャー通りと赤いポスト』『灯せ』

『犬ころたちの唄』— 町田康、加藤ひさし、大橋裕之、入江悠も絶賛!音楽ユニット” 深夜兄弟” 主演映画が池袋シネマ・ロサほかで来春公開!

広島を拠点に俳優・監督として活動する前田多美が、3ボーカル音楽ユニット”深夜兄弟”を主演にオール広島ロケで撮り上げた『犬ころたちの唄』が、広島市の横川シネマにて先行公開中(11/19〜12/2)だ。さらに、2022年2月19日(土)より池袋シネマ・ロサでの2週間単独上映も決定、来春には名古屋シネマスコーレ、新潟シネ・ウインドでの上映も発表された。

あの脱力系サイキックアクションコメディが長編映画化!『サイキッカーZ』来春劇場公開決定&ティザー予告解禁!

映画『サイキッカーZ』長編版ポスター国内外の映画祭で数々の賞を獲得し、笑いと話題を巻き起こした木場明義監督の短編コメディ映画『サイキッカーZ』が長編映画化され、2022年 1月15日(土)より池袋シネマ・ロサにて4週間レイトショー上映されることが決定し、メインビジュアルとティーザー予告編も解禁となった。

安楽涼 監督『灯せ』12月25日より池袋シネマ・ロサにて本公開決定&新予告解禁!

映画『灯せ』本公開ポスター今年8月に池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映を行った、安楽涼監督の『灯せ』。24分という短編、しかも一度限りの上映ながら大きな反響を呼んだ本作が、2021年12月25日(土)より池袋シネマ・ロサで本公開されることが決定。併せて予告編映像も解禁された。

澤佳一郎監督『アリスの住人』12月劇場公開&ビジュアル解禁!

澤佳一郎監督の最新作『アリスの住人』が、12月4日(土)より池袋シネマ・ロサをはじめ全国順次公開されることが決定。予告編&新ビジュアルも解禁された。家庭環境を失った子どもを家庭に迎え入れる家庭養護施設「ファミリーホーム」を舞台に、児童虐待の悲しみやトラウマを抱えながらも強く生きようと頑張る人々を描く物語だ。

安楽涼監督『灯せ』—「しょうがない」を受け入れ続けるのはもう限界! 8/14(土)池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映!

映画『灯せ』ポスタービジュアル安楽涼監督作『灯せ』が、8月14日(土)に池袋シネマ・ロサにて1日限定緊急上映されることが決定。緊急事態宣言により表現者たちが活動の縮小や中止を余儀なくされるなか、「しょうがない」を受け入れ続けることに限界を感じ、本作の完成へと至った。出演はサトウヒロキ、円井わん ほか。

『フィア・オブ・ミッシング・アウト』河内彰監督&小島彩乃さんインタビュー

親友を亡くした女性の “とり残される怖さ” と悲しみ、その先に見えてくる光景を描いた物語『フィア・オブ・ミッシング・アウト』が、7月31日(土)より池袋シネマ・ロサほかにて全国順次公開される。メガホンを執ったのは、本作でPFFアワード2020入選を果たし、瀬々敬久監督や真利子哲也監督も才能を高く評価する注目の新鋭・河内彰監督だ。そんな河内監督と、最愛の人を亡くした深い喪失感を儚くも美しく演じ切ったイ・ソン役の小島彩乃さんにインタビューをした。独特の映像美の中に普遍的な温もりと刹那を見事に紡ぎ上げた二人の思い、とは——。

劇場公開決定!主題歌&特報解禁! 澤佳一郎監督の意欲作『アリスの住人』 ―児童虐待テーマに描く、ファミリーホームの少女たちの物語


そこにあるもの』『モラトリアム完全版』の澤佳一郎監督の最新作『アリスの住人』が、2021年に池袋シネマ・ロサで劇場公開されることが決定し、主題歌と特報映像が解禁された。児童虐待をテーマに、ファミリーホームで過ごす少女たちを描く意欲作だ。主題歌を唄うのはレイラーニ。尾崎豊の名曲「群衆の中の猫」をカバーし、物語を優しく包み込むように彩る。 元Seventeen専属モデルの樫本琳花と、『スペシャルアクターズ』でカルト教団の教祖を印象的に演じた淡梨がW主演を務め、実力派人気女優のしゅはまはるみほか、総勢24名の個性豊かなキャストが揃うのも見どころ。現在、全国上映へ向けたクラウドファンディングも実施中だ。