最新作品情報

専属ライターによるミニシアターが楽しくなるレビュー。上映スケジュールも素早くチェック!

『ヌンチャクソウル』— 池袋シネマ・ロサで11月公開! ちょっぴり不器用な大人たちに贈る異色のダンスムービー

個性と才能にあふれたインディーズ作品を連日上映する池袋シネマ・ロサで、2019年11月9日(土)~15日(金)に1週間限定レイトショー上映されるのが、80年代ソウルミュージックとヌンチャクを融合させた異色のダンスエンターテイメント、『ヌンチャクソウル』だ。新たな人生を踏み出すため、一念発起してダンスコンテストに挑む2人の中年男と、彼らを見守る周囲の人々の姿を、笑いと涙を交えて描くハートウォーミングな物語。監督・脚本・撮影・編集を務めるのは、これまで国内外100以上の映画祭で作品を上映し、多くの入選・受賞歴を持つ木場明義。

>> 作品レビュー・上映館情報

(10月10日更新)

『英雄は嘘がお好き』—19世紀初頭を舞台にした華やかなロマンティック・コメディ

映画『英雄は嘘がお好き』メイン画像ある“嘘”を巡り、良家の子女と調子の良い男が巻き起こす大騒動描く。2人を演じるのは、『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』のメラニー・ロランと『アーティスト』でアカデミー賞®主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダンという二大スター。美男美女の楽しい掛け合いとテンポの良い脚本に引っ張られ、気が付けば終始笑顔に。フランスの歴史ある城や美しい村がロケ地として使われている。10月11日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。©JD PROD – LES FILMS SUR MESURE – STUDIOCANAL – FRANCE 3 CINEMA – GV PROD

>> 作品レビュー・上映館情報

(10月09日更新)

10月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

10月公開映画の中から、ミニシアライター陣が気になった作品をまとめてピックアップ! 今月は、映像制作集団「空族」の新作、国内映画祭を席巻した新鋭監督の長編デビュー作、日韓の実力派女優の共演で魅せるバディ・ムービー、ベトナム出身の監督が5年をかけて大胆な映像美で挑んだ意欲作、元一流シェフとアスペルガーの青年が料理を通じて心を通わせるドラマ、映画作りの本質に迫る衝撃作など6作をご紹介!【LINE UP】10/4(金)〜『典座 -TENZO-』、10/5(土)〜 『向こうの家』、10/11(金)〜『第三夫人と髪飾り』『ブルーアワーにぶっ飛ばす』『トスカーナの幸せレシピ』、10/18(金)〜 『解放区』

>> 作品レビュー・上映館情報

(10月03日更新)

イベントレポート

映画祭、舞台挨拶、映画に関するイベントをライター独自の視点で取材。豊富な画像でお楽しみください。

【すずゆり撮影日記】“タラレオ”が魅せたハリウッド愛! 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見潜入レポ

フォトグラファーの「すずゆり」こと鈴木友里が、好奇心のおもむくままに“映画にまつわる現場”に潜入して撮影&レポート! 今回は、クエンティン・タランティーノ監督長編9作目にして、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが奇跡の共演を果たした『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の来日記者会見に潜入しました!“タラレオ”の映画愛に満ちた撮影現場の様子は必読!オリジナル画像も必見です!<取材:2019年8月26日 ザ・リッツ・カールトン東京>

>> このイベントレポートの続きを見る

(08月30日更新)

『ブラインドスポッティング』 プレミア試写会レポート— 窪塚洋介が語る“コミュニケーション”と“アイデンティティとの向き合い方”

昨年のサンダンス映画祭のオープニングを飾り、SXSW映画祭ほか世界の映画祭で喝采を浴びた映画『ブラインドスポッティング』のトークショー付きプレミア試写会が8月10日(土)に都内で行われ、俳優として国内外で活躍するほか、レゲエDJ“卍LINE”名義での音楽活動、モデル、映像監督、カメラマンなど多彩な才能を発揮する窪塚洋介がゲストとして登壇した。オバマ元大統領やギレルモ・デル・トロ監督も大絶賛する本作の見どころや、映画の内容にからめた自身の生き方などを語った。(撮影:鈴木友里)

>> このイベントレポートの続きを見る

(08月14日更新)

フォト&動画ギャラリー

選りすぐりの動画&画像をご紹介します!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見

2019年8月26日に都内で行われた、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、シャノン・マッキントッシュ(プロデューサー) 来日記者会見より。レポート全文はこちらへ。(動画:鈴木友里

>> このフォトギャラリーを見る

(10月09日更新)

インタビュー

ミニシアターを愛する映画人の声をお届け。

一瞬の奇跡をとらえたきらめき―『左様なら』石橋夕帆監督&芋生悠、祷キララインタビュー

いろんな奇跡が重なり合って生まれた映画だと言っていいだろう。2019年9月6日公開の『左様なら』は、芋生悠、祷キララという注目の若手女優2人が主役を務めた学園群像劇で、石橋夕帆監督の初長編となる。原作はツイッターなどで若い世代から絶大な人気を集めるイラストレーター、ごめんの短編漫画で、映画化も、主役2人の起用も、すべてが必然の奇跡に導かれていた。石橋監督と芋生、祷の3人が顔をそろえたインタビューも、ある意味、奇跡と言えるかもしれない。(取材:藤井克郎 撮影:ハルプードル)

>> このインタビューを見る

(09月04日更新)

コラム

『ミニシアターに行こう。』独自の切り口の特別企画。ミニシアター映画作品、監督、俳優の新たな魅力が満載!

【スクリーンの女神たち】『かぞくあわせ』『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』小島彩乃さんインタビュー

—スクリーンで女神のごとく輝く女優にスポットを当て、出演作品とその素顔の魅力に迫る本コラム。今回は、2018年に公開された木村聡志監督作『恋愛依存症の女』で注目を集め、9月には池袋シネマ・ロサにてオムニバス映画『かぞくあわせ』(9月7日〜20日)と特集上映『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』(9月21日〜10月4日)で出演作が立て続けに公開となる、小島彩乃さんにご登場いただきました!

>> このコラムの続きを見る

(09月11日更新)

話題のインディーズ作品が目白押し!「青山シアター」で川原康臣&岡太地監督作品を観よう!

“インディーズ映画ブーム”が盛り上がるなか、「近くに上映劇場がない」「気になる監督の過去作品を観たいけれど、上映の機会に出会えない」と嘆く映画ファンにぜひチェックしてほしいのが、最新映画情報からインディーズ作品まで、イケてるコンテンツ満載の動画配信サイト「青山シアター」。なかでもミニシアのイチ押しカテゴリーは、【インディペンデント・フィルム(IF!)】。国内外の映画祭などで話題になった単館系上映作品のほか、自主制作作品からワークショップ・映画学校系の作品までインディーズ邦画作品の傑作が揃う。その多彩なラインナップから、注目の新鋭、川原康臣&岡太地監督の配信作品を本人コメント付きでご紹介!

>> このコラムの続きを見る

(07月30日更新)

ミニシアター検索

ミニシアターのアクセス・上映作品・スケジュールをチェック!お得なキャンペーン情報も。