min

【緊急特別企画】祝!長編版公開『サイキッカーZ』キャスト&スタッフ意識調査

映画『サイキッカーZ』特集
2022年1月15日(土)より全国順次公開を迎える、木場明義監督の最新作『サイキッカーZ』。 本作の公開を記念して、緊急特別企画「祝!公開『サイキッカーZ』スタッフ&キャスト意識調査」をお届けします!
キャストとスタッフ総勢19名の豪華な顔ぶれに聞いた、作品の魅力や撮影の裏話が満載! 笑って元気を貰える超能力コメディ『サイキッカーZ』の魅力にたーーっっぷりと迫ります!!! 映画を観る前に読んでも良し、観てから読むのも良し! 楽しいエピソードてんこ盛りでお届けします!

摩訶不思議な不条理コメディが世界を熱狂させる理由—『異物 -完全版-』宇賀那健一監督&主演・小出薫さんインタビュー

映画『異物 -完全版-』インタビュー宇賀那健一監督の最新作、『異物 -完全版-』が1月15日(土)より全国順次公開となる。2019年に制作されたエロティック不条理コメディ『異物』と、2020年以降のコロナ禍に果敢に挑みながら完成させた『適応』『増殖』『消滅』の4つの短篇作品が繋がった長篇作だ。20ヵ国70以上の海外映画祭に入選し、11のグランプリを獲得、あらゆるジャンルの映画祭の多種多様な部門で入賞を果たしている話題作は、一体どんな映画なのか? 宇賀那監督と、『異物』『消滅』の主人公・カオルを体当たりで演じた小出薫さんに作品への思いを聞いた。

『フタリノセカイ』飯塚花笑監督 × 片山友希さん × 坂東龍汰さんインタビュー

愛し合いながらも結婚や子どもという現実問題に悩む、シスジェンダーのユイと、トランスジェンダーの真也。フタリの10年にわたる愛の軌跡を描く『フタリノセカイ』が1月14日(金)より全国順次公開となる。監督・脚本を務めたのは、飯塚花笑。トランスジェンダーである自身の経験を起点に、「性別、常識、時間を越え、どんな形にも囚われることのない“愛”を描き出したかった」という本作には、多様な問題を乗り越え、共に生きようとするカップルの普遍的な愛と葛藤が描かれる。W主演を務めるのは若手実力派として注目を浴びる片山友希と坂東龍汰。注目の三人に、撮影当時を振り返りながら作品への思いを語ってもらった。

【スクリーンの女神たち】『誰かの花』和田光沙さんインタビュー

映画『誰かの花』和田光沙さんインタビュー“スクリーンで女神のごとく輝く女優”にインタビューをする本コラム。今回は、横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』(奥田裕介監督)に出演される、和田光沙さんにご登場いただきました!ベランダから落下した植木鉢による死亡事故。認知症の父親に疑念を抱く息子——その真実を巡り、さまざまな立場の人の真実と正義が交差するサスペンスフルな人間ドラマを、緻密な脚本で描く本作。被害者の妻である灯(あかり)を演じた和田さんに、作品に込めた思いなどをうかがいました。

1月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2022年1月短評メイン画像1月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今月もバラエティ豊かな14作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】8日(土)公開『春原さんのうた』、14日(金)公開『アイム・ユア・マン 恋⼈はアンドロイド』『シチリアを征服したクマ王国の物語』『フタリノセカイ』、15日(土)公開『安魂』『異物 -完全版-』『サイキッカーZ』『ひかり探して』、21日(金)公開『さがす』、22日(土)公開『三度目の、正直』、28日(金)公開『きみは愛せ』『クレッシェンド 音楽の架け橋』、29日(土)公開『誰かの花』『テレビで会えない芸人』

『エッシャー通りの赤いポスト』初日舞台挨拶— 園子温監督が第2弾映画の制作を名言!

園子温監督が、自身のワークショップに参加した51人の役者の卵たちと創り上げた最新作『エッシャー通りの赤いポスト』が、2021年12月25日(土)に公開初日を迎え、園子温監督と出演者の藤丸 千、黒河内りく、モーガン茉愛羅、山岡竜弘、小西貴大、藤田朋子が東京・渋谷のユーロスペースで初日舞台挨拶を行った。

【緊急インタビュー】『灯せ』再上映—表現者・安楽涼が灯し続けようとするもの

映画『灯せ』安楽涼監督今年8月に池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映された、安楽涼監督の最新短編作『灯せ』が、12月25日(土)〜30日(木)に再び池袋シネマ・ロサで上映される。24分という短編、しかも一度限りの上映ながら大きな反響を呼んだ本作は、緊急事態宣言下の東京を舞台に、表現の場を求めて葛藤する3人の若者たちの姿を描く群像劇だ。コロナ禍において「しょうがない」を受け入れ続けることに限界を感じた安楽監督が完成させたという本作。そこに込められた“思い”と “人知れず抱えていた葛藤” とは——?

「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」-映画史に名を残す名匠の傑作がデジタルリマスター版で復活!

カール・テオドア・ドライヤー特集「二十世紀の至宝」と謳われる孤高の映画作家カール・テオドア・ドライヤー監督の特集上映が、2021年12月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次開催される。今回は『裁かるゝジャンヌ』『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』の4本を上映。すべてデジタルリマスター版での公開となる。

安楽涼&片山享 共同監督作『まっぱだか』— 神戸・元町映画館の初配給映画が2022年2月に新宿K’s cinemaにて上映決定!

映画『まっぱだか』チラシ表安楽涼と片山享が共同監督を務める『まっぱだか 』が、2022年2月に東京のK’sシネマで上映されることが決定した。本作は開館10周年を迎えた元町映画館による初の配給作品。津田晴香と柳谷一成をW主演に迎え、全編神戸・元町ロケで紡いだ “めんどくさくて愛おしい” 男女の喜劇だ。

自分自身を体現する場所を求めて—『アリスの住人』主演・淡梨さんインタビュー

家庭養護施設「ファミリーホーム」を舞台に、児童虐待の悲しみやトラウマを抱えながらも強く生きようとする少女たちの成長を描く澤佳一郎監督の最新作、『アリスの住人』。本作で樫本琳花さんとともにW主演を務めるのが淡梨さんだ。モデルとしてデビューし、上田慎一郎監督『スペシャルアクターズ』(2019年)の教祖役で注目を集め、今作では主人公つぐみの心を開くキーパーソンとなる賢治役を演じる淡梨さん。本作に込めた思いと、素顔の魅力にも迫った。
(撮影:ハルプードル)