「福永朱梨」の検索結果: 8 件

5月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―


5月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今月もバラエティ豊かな14作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】6日(金)公開『オードリー・ヘプバーン』『チェルノブイリ1986』『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』、7日(土)公開『ばちらぬん』、13日(金)公開『教育と愛国』『バニシング:未解決事件』『夜を走る』、14日(土)公開『距ててて』、20日(金)公開『シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声』『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』、21日(土)公開『辻占恋慕』、27日(金)公開『恋い焦れ歌え』、28日(土)公開『犬王』『MADE IN YAMATO』

監督:大野大輔 × 主演:早織 『辻占恋慕』、“青春の終わり”を綴った予告編&全キャスト場面写真解禁!

映画『辻占恋慕』メイン画像5月21日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開となる『辻占恋慕』の予告編と全キャストの場面スチールが解禁された。監督・脚本を手がけたのは、2017年度の「TAMA NEW WAVE」でグランプリ含む3冠に輝いた『ウルフなシッシー』、YouTubeドラマから発展した松本穂香主演作『アストラル・アブノーマル鈴木さん』などで話題を集めた大野大輔。主演に映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する早織を迎え、三十路同士の売れないミュージシャンとマネージャー、“持たざる” 2人の激苦な愛と青春のラプソディを紡ぐ。濱正悟、加藤玲奈、川上なな実、ひらく、福永朱梨、小竹原晋、堀田眞三ら脇を固める魅力的なキャストにも注目だ。

10月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2021年10月短評メイン画像210月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今月もバラエティ豊かな13作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】1日(金)公開『TOVE/トーベ』、2日(土)公開『恐るべき子供たち 4Kレストア版』、8日(金)公開『ONODA 一万夜を越えて』『草の響き』、9日(土)公開『Cosmetic DNA』『夢のアンデス』、15日(金)公開『アミューズメント・パーク』『ジャズ・ロフト』、22日(金)『ビルド・ア・ガール』、23日(土)『Shari』『彼女はひとり』、29日(金)『スウィート・シング』、30日(土)『MONOS 猿と呼ばれし者たち』

中川奈月監督『彼女はひとり』— 深田晃司監督、白石晃士監督……名だたる映画人19名からさらなる賛辞続出! 名キャメラマン・芦澤明子による場面写真も解禁!

映画『彼女はひとり』ポスター中川奈月監督の『彼女はひとり』が10月23日(土)から全国順次公開となる。多数の映画祭での受賞や黒沢清監督・諏訪敦彦監督からの激賞など、これまでも多くの話題を集めてきた本作の単独劇場公開を前に、名だたる映画人19名から新たな絶賛コメントが到着。さらに撮影を務めた名キャメラマン・芦澤明子による美しくも不穏な空気をとらえた場面写真が解禁された。

田辺・弁慶映画祭セレクション2020『中川奈月監督作品特集上映4DAYS』— 上映&豪華ゲストトークで新鋭女性監督の感性に触れる4日間

注目の新鋭女性監督・中川奈月の特集上映である「田辺・弁慶映画祭セレクション 2020 『中川奈月 監督特集上映 4DAYS』」が11 月29 日(日)〜12月2日(水)に東京のテアトル新宿で連日レイトショー開催される。貴重な作品上映はもちろんのこと、深田晃司監督、黒沢清監督、漫画家・椎名うみ氏など豪華なゲストを招いたトークも見逃せない。

11月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

11月短評アイキャッチ画像
11月公開映画の中から、魅力あふれる8作品をピックアップ! 【LINE UP】6日(金)公開 『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』『ストックホルム・ケース』、14日(土)公開 国葬』、20日(金)公開 『ホモ・サピエンスの涙』、21日(土)公開 『空に聞く』、27日(金)公開 『佐々木、イン、マイマイン』『ヒトラーに盗られたうさぎ』、29日(日)公開『彼女はひとり』

【ちば映画主催】祝・劇場版公開! 深田晃司監督作「本気のしるし」ドラマ版全話上映&トークイベント開催!

千葉県初上映の若手映画監督作品をメインに上映している「ちば映画祭」が、8月22日(土)にアテネ・フランセ文化センター(東京・千代田区)にて、「連続テレビドラマ『本気のしるし』 全10話一挙上映 & スペシャルトーク」を実施する。上映作品は、昨年メ~テレほかにて放送され大きな話題を呼んだ、テレビドラマ『本気のしるし』。星里もちるの同名人気コミックの初映像化作品であり、メガホンを執ったのは、「ミニシアター・エイド基金」の発起人のひとりでもある深田晃司監督だ。劇場版公開もすでに決定し、第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020」にも選出されている話題作。上映のみは入場無料。ゲストトークも予定されている(有料)。

『第10回ちば映画祭』— 若手監督の秀作&傑作を上映!「ちば映画祭」が2年ぶりに帰ってきた!

千葉県初上映&将来有望な若手監督の作品をメインに上映する「ちば映画祭」が2019年3月29日(金/前夜祭)・30日(土)・31日(日)に千葉市中央区の千葉市生涯学習センターで開催される。前夜祭では、千葉県とゆかりのある作品の上映するほか、本祭では清原惟監督の特集上映を含む計16作品を上映予定。各上映後には監督などゲストによるトークも予定。