最新作品情報

1月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2021年1月短評メイン画像2
1月公開映画の中から14作品をピックアップ! 【LINE UP】2日(土)公開『陶王子 2万年の旅』、8日(金)公開『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』『チャンシルさんには福が多いね』『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』、15日(金)公開『聖なる犯罪者』『パリの調香師 しあわせの香りを探して』『43年後のアイ・ラヴ・ユー』『キング・オブ・シーヴズ』、16日(土)公開『ミッドナイト・ファミリー』、22日(金)公開『天空の結婚式』『羊飼いと風船』、23日(土)公開『愛うつつ』、29日(土)公開『天国にちがいない』『わたしの叔父さん』

劇場公開決定!主題歌&特報解禁! 澤佳一郎監督の意欲作『アリスの住人』 ―児童虐待テーマに描く、ファミリーホームの少女たちの物語


そこにあるもの』『モラトリアム完全版』の澤佳一郎監督の最新作『アリスの住人』が、2021年に池袋シネマ・ロサで劇場公開されることが決定し、主題歌と特報映像が解禁された。児童虐待をテーマに、ファミリーホームで過ごす少女たちを描く意欲作だ。主題歌を唄うのはレイラーニ。尾崎豊の名曲「群衆の中の猫」をカバーし、物語を優しく包み込むように彩る。 元Seventeen専属モデルの樫本琳花と、『スペシャルアクターズ』でカルト教団の教祖を印象的に演じた淡梨がW主演を務め、実力派人気女優のしゅはまはるみほか、総勢24名の個性豊かなキャストが揃うのも見どころ。現在、全国上映へ向けたクラウドファンディングも実施中だ。

『陶王子 2万年の旅』— 本予告編公開! 女優「のん」の語りが耳に心地よい、陶磁器の発展を辿る2万年の旅

映画『陶王子 2万年の旅』ポスター画像柴田昌平監督による6年ぶりの新作映画、『陶王子 2万年の旅』が2021年1月2日より全国順次公開されることが決定し、併せて本予告編映像が解禁となった。2万年にわたる土器から陶磁器への発展の歴史を追いながら、人類の限りない探求心と創意工夫を描く壮大なスケールのドキュメンタリー。女優「のん」が語りを務めることでも話題だ。

12月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

12月公開映画の中から、魅力あふれる9作品をピックアップ! 【LINE UP】4日(金)公開 『夏、至るころ』『ノッティングヒルの洋菓子店』『燃ゆる女の肖像』、11日(金)公開『ニューヨーク 親切なロシア料理店』『ハッピー・オールド・イヤー』、 18日(金)公開 『この世界に残されて』『声優夫婦の甘くない生活』『また、あなたとブッククラブで』、25日(金)公開 『香港画』

田辺・弁慶映画祭セレクション2020『中川奈月監督作品特集上映4DAYS』— 上映&豪華ゲストトークで新鋭女性監督の感性に触れる4日間

注目の新鋭女性監督・中川奈月の特集上映である「田辺・弁慶映画祭セレクション 2020 『中川奈月 監督特集上映 4DAYS』」が11 月29 日(日)〜12月2日(水)に東京のテアトル新宿で連日レイトショー開催される。貴重な作品上映はもちろんのこと、深田晃司監督、黒沢清監督、漫画家・椎名うみ氏など豪華なゲストを招いたトークも見逃せない。

木場明義監督による抱腹絶倒ヒーロー映画! 『サイキッカーZ』長編映画化&劇場公開が決定! 絶賛クラウドファンディング中!

映画 長編版『サイキッカーZ』イメージ1(アキラ/中山雄介)新型コロナの流行が世界的に暗い影を落とすなか、とびきり明るいニュースが飛び込んできた。国内外の映画祭で数々の入選・入賞を果たした木場明義監督・脚本による、超能力ショートコメディ映画『サイキッカーZ』の長編映画化プロジェクトが始動し、池袋シネマ・ロサでの劇場公開も決定しているという。併せて本作のクラウドファンディングも実施中だ。

11月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

11月短評アイキャッチ画像
11月公開映画の中から、魅力あふれる8作品をピックアップ! 【LINE UP】6日(金)公開 『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』『ストックホルム・ケース』、14日(土)公開 国葬』、20日(金)公開 『ホモ・サピエンスの涙』、21日(土)公開 『空に聞く』、27日(金)公開 『佐々木、イン、マイマイン』『ヒトラーに盗られたうさぎ』、29日(日)公開『彼女はひとり』

【速報】ファン待望! 片山享監督が長編第2弾制作を発表!初監督作の『いっちょらい』をセルフリメイク


故郷の福井県を舞台にした初長編作『轟音』が、海外映画祭を席巻中の片山享監督。このたび、ファン待望の長編第2作の制作が発表された。作品タイトルは『いっちょらい』。俳優としてのキャリアを重ねてきた片山が、2017年に初メガホンを握った福井発の同名短編映画を、長編作としてセリフリメイクする。短編版に引き続き実力派俳優の松林慎司を主演に向かえ、短編版には描かれていない主人公の背景や、心に抱えた葛藤、前日譚などを加えた、さらにメッセージ性の強い作品として生まれ変わる予定だ。

10月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2020年「10月映画短評」メイン画像10月公開映画の中から、魅力あふれる10作品をピックアップ!
【LINE UP】9日(金)公開 『メカニカル・テレパシー』、16日(金)公開 『スパイの妻』『博士と狂人』、17日(土)公開 『アイヌモシㇼ』、23日(金)公開 『彼女は夢で踊る』『ストレイ・ドッグ』、30日(金)公開 『ウルフウォーカー』『超擬態人間』『パピチャ 未来へのランウェイ』、31日(土)公開 『私たちの青春、台湾』

松本動監督作品が「第15回ロサンゼルス日本映画祭」史上初の長編・短編部門Wノミネート! 恩師・大林宣彦監督の特別記念上映も決定!

松本動監督が、「第15回ロサンゼルス日本映画祭」で短編・長編Wノミネートを果たした。一人の監督作品が両部門でノミネートされるのは、同映画祭史上初。さらに、松本監督が助監督時代に師事した故・大林宣彦監督の特別記念上映も決定し、師弟の作品が海を越えた場所で邂逅する。本映画祭は、オンラインにて現地時間10/1(木)〜10/4(日)開催。