最新作品情報

『SHIDAMYOJIN(シダミョージン)』 〜 パンク・民謡・盆踊り!福島、沖縄の「限界集落」に寄り添う遠藤ミチロウの歌と旅〜

80年代に過激な歌詞と言動で一大ムーブメントを起こした、ザ・スターリンの遠藤ミチロウの「今」を切り取ったドキュメンタリー。東日本大震災以降、遠藤ミチロウが故郷・福島の「盆踊り」にインスパイアされて結成した民謡パンクバンド「羊歯明神(しだみょうじん)」。福島にとどまらず沖縄や愛知でも歌い叫ぶ遠藤の姿と、観客の興奮をカメラでとらえながら、現在の日本における社会問題も浮かび上がらせる。

新宿K’s cinemaにて2017年5月27日(土)より公開スタート。以降、全国劇場および上映機会にて順次公開

© 2017 SHIDAMYOJIN

『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』〜 知られざる偉業! 絵コンテでハリウッド映画名場面を生み出したベストカップルの60年〜

絵コンテ作家・ハロルドとリサーチャー・リリアン夫妻の「仕事」と「人生」を追ったドキュメンタリー作品。ハリウッド黄金期の名作映画『十戒』『鳥』『卒業』など、だれもが知る名シーンは、この夫婦によって生み出されたという衝撃の事実を綴る。貴重な絵コンテがズラリと並ぶ様は圧巻。本作でインタビューに応えているのは、フランシス・コッポラ、メル・ブルックスなどハリウッドの顔ばかり。さらに波乱万丈な夫婦の人生、愛の60年間も同時に振り返る。2017年5月27日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA ほか全国劇場ロードショー!
(C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved

『アムール、愛の法廷』-熟年の恋愛劇と法廷劇を通して見えてくるものは……

熟年同士の恋愛と法廷での卑属殺人裁判。全く異なる2つのテーマを織り交ぜながら、大人の淡い恋がもたらす“変化”を描く。本作では、主演のファブリス・ルキーニ(ミシェル役)がベネチア国際映画歳男優賞、デンマークのベテラン女優シセ・バベット・クヌッセン(ディット役)がセザール賞助演女優賞を受賞。抑制の効いた情感細やかな演技を堪能させてくれる。5月13日(土)より、シアター・イメージフォーラム等で順次ロードショー。

『トトとふたりの姉』 〜 闇の中から未来を掴む!スラムの3姉弟、衝撃のドキュメンタリー〜

ルーマニア郊外のスラムに住むロマ3姉弟のドキュメンタリー映画。ジャンキーの溜まり場と化した、大人不在のアパート。そんな劣悪な暮らしの中でも、明日への希望を見出していく姉弟のひたむきな日々を描く。麻薬捜査官のガサ入れの様子、喜び・怒り・哀しみの涙など、驚くほどリアルでディープな映像が収められている。2017年4月29日(土)よりポレポレ東中野にて公開、ほか全国順次公開
©HBO Europe Programming/Strada Film

『まんが島』(まんがじま)〜サバイバルなトキワ荘? マンガ家以外立ち入り禁止の危険な島〜

脚本家(『キツツキと雨』『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』)で俳優の守屋文雄 による、 構想10年の長編初監督作品。無人島にカンヅメになって描き続ける、売れないマンガ家5人の命がけの白日夢を描く。キャスト&スタッフの作品にかける異様な情熱と、関係者の強力なサポート力を感じる、お祭り騒ぎみたいな作品。 2017年3月25日(土)より、新宿K’sシネマにて公開、順次全国ロードショー

©2017守屋文雄ー

『ストロングマン』-オジさんの“生態”を垣間見られるオジ専垂涎のギリシャ映画

舞台はギリシャ・エーゲ海。“少しヨレた中年男たちが、競争心も露わにひたすら馬鹿げたゲームで優劣を競う”という設定だけでも、オジさん好きの人々の心をくすぐる。後からじわじわと可笑しさがこみ上げてくる作品だ。監督・脚本は『ビフォア・ミッドナイト』の共同プロデューサーで、女優としても出演をしているアティナ・ラヒル・ツァンガリ。脚本や編集などには『ロブスター』のスタッフが当たっている。3月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。

『第9回 ちば映画祭』― フレッシュな才能が“ちば”に大集結する3日間!

第9回ちば映画祭ポスタービジュアル今年で第9回を数える『ちば映画祭』が、3月18日(土)〜20日(月・祝)(※18日は前夜祭)の3日間にわたって、千葉市生涯学習センターで開催される。今回も、“千葉県初上映”“若手監督”の作品上映をメインに、監督やゲストによるトークなどのフレッシュで魅力溢れるプログラムがてんこ盛りだ。

『バンコクナイツ』― 圧倒的なスケールで魅せる果てなき桃源郷探し

『バンコクナイツ』スベンジャ・ポンコン2011年公開の『サウダーヂ』で国内外の映画ファンに衝撃を与えた、富田克也監督率いる映画制作集団「空族」の最新作。“娼婦・楽園・植民地”をテーマに、タイの日本人向け歓楽街「タニヤ」で繰り広げられるタイ人娼婦たちと日本人の男たちの欲望渦巻く人間模様を描きながら、タイ東北地方のイサーン、ラオスへと舞台を広げ、東南アジアに色濃く残るベトナム戦争の痕跡と、それらの土地に脈々と流れる歴史文化をスクリーンに映し出す。2月25日(土)より全国順次公開。
©Bangkok Nites Partners 2016

『スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ』-スペイン全土を驚愕させた実際の巨額詐欺事件を映画化!

スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で10冠を獲得した「マーシュランド」のアルベルト・ロドリゲス監督最新作。1994年にスペイン治安総局局長が巨額横領の末国外逃亡し、同国を揺るがした「ロルダン事件」を描く。この逃亡劇を手助けしたフランシスコ・パエサは元スパイ。ほかにも武器商人、銀行家などさまざまな顔を持つ。本作はいまだ多くの謎に包まれている彼が、原作者マヌエル・セルドンに語った実話に基づいている。「未体験ゾーンの映画たち 2017」上映作品。2月25日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、2月26日(日)よりシネ・リーブル梅田にて公開。

『真夜中のパリでヒャッハー!』-超ハイテンションコメディ『世界の果てまでヒャッハー!』の前日譚!

今年もバラエティに富んだ作品が揃った「未体験ゾーンの映画たち」。この「日本未公開作品ばかりが集結する劇場発信型映画祭」(劇場HPより)は、諸般の理由で劇場では公開されない傑作・怪作を鑑賞できるまたとない機会だ。今回は数ある作品の中から、昨年日本公開された大爆笑映画『世界の果てまでヒャッハー!』の前日譚、『真夜中のパリでヒャッハー!』を紹介。1月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、順次シネ・リーブル梅田にて公開。