最新作品情報

大塚新一監督 長編劇場デビュー作『横須賀奇譚』が投げかける「記憶」と「生きる」

映画『横須賀奇譚』ポスター新鋭・大塚信一が監督・脚本を務めた映画『横須賀奇譚』が、7月11日(土)より 新宿k`sシネマほか全国順次公開される。東日本大震災で亡くなったと思われていた元恋人が「生きているかもしれない」との怪情報を聞き、彼女をさがす旅に出た男の姿を描く、一風変わったヒューマンミステリーだ。

7月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

『7月公開映画 短評』新メイン画像7月公開の映画から9作品をご紹介! あなたが気になるのは、どの映画? 【LINE UP】7/3(金)公開『MOTHER マザー』、7/4(土)公開『もち』、7/10(金)公開『マルモイ ことばあつめ』、7/17(金)公開『悪人伝』『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』『リトル・ジョー』、7/18(土)公開『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』『ぶあいそうな手紙』、7/31(金)公開『海辺の映画館—キネマの玉手箱』

『2020年 東京。12人の役者たち』劇中短篇映画『パレット』— 脱リモート撮影実施! メイキング&超特報を緊急リリース!

この夏完成予定の松本動監督の最新長編映画、『2020年 東京。12人の役者たち』。その劇中で展開される短篇劇映画、『パレット』のメイキング&超特報映像がこのたび公開された。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除を受け、演者やスタッフの安全に配慮した独自のガイドラインを策定したうえで、感染防止対策を徹底しながらいち早く脱リモートで撮影された作品だ。

7月4日より再始動!「高円寺シアターバッカス」復活祭— 吉岡里帆 映画初主演作『星を継ぐ者』ほか12作上映

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年3月から営業自粛していた東京・杉並区のマイクロシアター「高円寺シアターバッカス」が、7月4日より営業を再開する。「密対策(ウイルス感染防止)ガイドライン」を策定し、当面は各回14席で営業を行っていく方針だ。さらに、再始動企画として「高円寺シアターバッカス復活祭」の開催も発表された。吉岡里帆の映画初主演作『星を継ぐ者<ディレクターズカット版>』ほか、石倉三郎 主演『つむぐもの』、モトーラ世理奈 主演『猫、かえる Cat’s Home』など国内外の映画祭で話題を呼んだ12作品を2週にわたり上映する。

今夏をさらにアツくする 青春映画! 主演DEG ×監督 安楽涼 『追い風』— 8月7日より劇場公開決定&コメント到着!

ラッパーDEG主演の『追い風』が8月7日(金)より公開となる。今回公開の劇場版は、MOOSIC LAB版から追加シーンを加えた完全版。メガホンを執ったのは『1人のダンス』の監督・主演で注目を集め、片山享監督作『轟音』の主演も務めた若手の雄、安楽涼。

『アンティークの祝祭』ー骨董品に刻まれた波乱万丈な人生の記憶

映画『アンティークの祝祭』メイン画像フランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴが、実の娘のキアラ・マストロヤンニと、深い確執のある母娘役で共演した人間ドラマ。「人生最期の日」を悟った高齢の女性が、人生を共にし、彼女の生き様を見つめてきたアンティークを手放すことを決意する。ひりつくような思い出が閉じ込められているそれらを手放すとき、彼女の心は解き放たれるのか。そこに待ち受ける思いも寄らない結末とは? 2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開。©Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

6月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

『6月公開映画 短評』メイン画像営業自粛していた映画館の再開が続々と決まり、公開延期になっていた作品の上映もみえてきた6月。スクリーン恋しさに身を焦がしていた映画ファンに、ミニシアライター注目の作品をお届けします!【LINE UP】6/5(金)公開 『燕 Yan』、6/13(土)公開『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』 『君がいる、いた、そんな時。』『なぜ君は総理大臣になれないのか』、6/19(金)公開『サンダーロード』 、6/26(金)公開『悪の偶像』 

この場所を守りたい! 「どこよりも早い」現金支援を実施した、 オンライン・チャリティ上映企画『高円寺シアターバッカスを救え!』


新型コロナウイルスの影響で休館を余儀なくされている高円寺シアターバッカスを救うため、31人の映画監督が計64作品を提供中のオンライン・チャリティ上映企画『高円寺シアターバッカスを救え!』。運営するBest Short Films Fesは、5月15日にチャリティ上映の中間支援金として20万円を高円寺シアターバッカスに送金し、「どこよりも早い」現金支援を実現した。また、好評につき同プロジェクトの開催延長も決定、5月31日までに購入すれば1800円で全作品が見放題だ。視聴は6月20日まで。

松本動監督と12人の役者によるオンライン制作の “長編映画” 『2020年 東京。12人の役者たち』特報映像、緊急公開!

映画「2020年 東京。12人の役者たち」特報カット国内外の映画祭で数々の賞に輝く松本動監督による、オンライン制作の “長編映画” 『2020年 東京。12人の役者たち』の特報映像が緊急公開された。新型コロナウィルスの終息が見えないなか、オンライン制作による短編作品がネット配信されているが、本作は再び映画館で映画が思う存分楽しめる未来に希望を込め、長編にこだわって制作しており、7月中旬の完成を目指す。12人の役者たちの焦燥感、葛藤、魂の叫びを収録した『ドキュフィクショ ン』となる予定だ。

『ハウス映画大会』— 11人の監督が自宅待機しながら新作制作!? 映画チャンネルにて5月5日より配信!

「ハウス映画大会」メイン画像新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の人々が “自宅待機” というかつてない共通体験をしているなか、11人の映画監督が自宅の中だけで短編作品を撮るという企画が動き出した。企画名は『ハウス映画大会』。作品はネット放送番組「映画チャンネル」で2020年5月5日(火・祝)〜5月20日(水)の期間オンライン配信され、視聴者に現在進行系の映画体験を届けるとともに、この時代の創作活動の記録となることを目指すという。<参加監督>飯塚貴士/岩崎友彦/内田清輝/小川修平/賀々贒三/かげやましゅう/小林でび/酒徳ごうわく/辻凪子/ないとう日和/三ツ星レストランの残飯