3月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

  • 2019年03月01日更新

3月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! あなたが気になるのは、どの映画!?

LINE UP
3/1(金)公開 『天国でまた会おう』『岬の兄妹
3/15(金)公開 『サンセット
3/23(土)公開 『コンジアム
3/29(金)公開 『記者たち~衝撃と畏怖の真実~
3/30(土)公開『リヴァプール、最後の恋


『天国でまた会おう』

アーティスティックな映像で魅せるシニカルで温かなミステリー

第一次世界大戦の西部戦線で、中年男のアルベールを助けた若い芸術家のエドゥアールは、顔に重傷を負う。パリに戻った2人だったが、帰還兵に世間は冷たく、やむなく貧しい共同生活を始めることに。仕事も恋人も失ったアルベールと、家族に生還を隠すエドゥアール、さらにエドゥアールの“通訳”となった少女が加わり、3人は国を相手に大胆な詐欺を企てる……。ミステリー作家ピエール・ルメートルの傑作小説を、アルベール役も務めたアルベール・デュポンテル監督が映画化。エドゥアールを演じたのは『BPM ビート・パー・ミニット』のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート。エドゥアールの心情を表現するマスクと洒落た映像美に目を奪われながら、シニカルかつ温かなストーリーに引き込まれる。(min)

2019年3月1日(金)より全国公開 公式サイト
(2017年/フランス/117分/PG-12)原題:Au Revoir Là-Haut 英題:SEE YOU UP THERE 監督:アルベール・デュポンテル 出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルベール・デュポンテル、ロラン・ラフィット ほか 配給:キノフィルムズ/木下グループ © 2017 STADENN PROD. – MANCHESTER FILMS – GAUMONT – France 2 CINEMA ©Jérôme Prébois / ADCB Films


『岬の兄妹』

心を殴る衝撃と役者たちの輝きに溢れた新たな傑作!

地方都市の港町にふたりぼっちで暮らす、足の悪い兄と自閉症の妹。仕事を解雇され困り果てた兄は、妹が見知らぬ男にわいせつ行為をされ、金銭を渡されていた事実を知る。罪悪感に苛まれながら、生きるために妹の売春斡旋を始める兄。やがて、今まで知り得なかった妹の喜びや悲しみを目の当たりにしていくが……。辛い現実にもがき苦しみ、犯罪に手を染めてしまう兄と、女性の悦びを知る妹。切なさのなかに散りばめられたユーモアと、役者たちの輝きに心を殴られたような衝撃を覚え、兄妹の悲喜こもごもに泣き笑いする。監督・脚本・編集を手掛けたのは、ポン・ジュノ監督作や山下敦弘監督作に助監督も務めた片山慎三。インディーズ映画から、また新たな傑作が放たれた。(min)

2019年3月1日(金)より全国順次公開 公式サイト 予告編動画
(2018年/日本/89分/R-15+) 監督・製作・プロデューサー・編集・脚本:片山慎三 出演:松浦祐也、和田光沙、北山雅康、中村祐太郎、岩谷健司、時任亜弓 ほか 配給:プレシディオ © SHINZO KATAYAMA

関連記事:【画像で楽しむイベントレポート】『第31回東京国際映画祭』レッドカーペット


『サンセット』

高級帽子店の闇に迫る緊迫の歴史サスペンス

映画『サンセット』メイン画像第68回カンヌ国際映画祭グランプリ『サウルの息子』のラースロー監督長編第2作。1913年、イリスは、オーストリア皇太子も訪れる高級帽子店で働こうとブダペストにやってくる。ここはかつて彼女の両親が経営していた店だった。彼女はそこで伯爵を殺したという兄の存在や、この帽子店に隠された深い闇を知る。やがて兄と仲間たちによる貴族への暴動が起こり、彼女も第1次世界大戦前の時代のうねりに飲み込まれていく……。謎を追っても追いきれないイリスの表情は、終始険しい。物語の先に大きな歴史の転換点が待ち構えていることを知る私たちは、この緊迫感漂う不穏な世界に否が応でも引き込まれてしまう。(吉永くま)

2019年3月15日(金)より公開 公式サイト
(2018年/ハンガリー・フランス/142分)原題:Napszállta 監督・脚本:ネメシュ・ラースロー 出演:ユリ・ヤカブ、ヴラド・イヴァノフ、エヴェリン・ドボシュ ほか 配給:ファインフィルムズ  © Laokoon Filmgroup– Playtime Production 2018


『コンジアム』

病院廃墟での恐怖体験をリアルに体感!

映画『コンジアム』メイン画像

韓国ホラー歴代興収2位の大ヒット作品。恐怖動画を配信する「ホラータイムズ」では、心霊スポットであるコンジアム精神病院の廃墟への潜入を企画。7人の男女がカメラやドローン、電磁検出器といった機材とともに乗り込む。100万PVを目標にする主催者ハジュンの演出も成功し、アクセス数の伸びも順調。しかし探索するうちに浴室や集団治療室で想定外の怪奇現象が続出する。泣き叫びながら逃げ惑う隊員たち。そしておぞましい“402号室”の真実に触れることになる。肝試しという昔ながらのスタイルと、SNSや動画配信やさまざまな機材など現代的ツールが融合した体感型ホラー。湿り気のある恐怖と貞子を超えるインパクトの〇〇に震撼する。(吉永くま)

2019年3月23日(土)より全国順次公開 公式サイト 予告編動画
(2018年/韓国/94分)原題:昆池岩(곤지암)監督:チョン・ボムシク 出演:イ・スンウク、ウィ・ハジュン、パク・ジヒョン、パク・ソンフン ほか 配給:ブロードウェイ © 2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.


『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』

ロブ・ライナーが本当に描きたかった真実と勇気

イラク戦争の大義名分であった「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、政府の嘘を暴こうとした4人の記者たちの奮闘を描く実話ドラマ。『スタンド・バイ・ミー』などで知られる名匠ロブ・ライナーが、これまでのエンターテインメント性溢れる作品とは一線を画し、「本当に描きたかったもの」と力説する渾身の社会派作品だ。大手新聞が大統領の発言を報道し続けるなか、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社の記者たちだけが、その発言に疑念を抱き、真実を追う。フェイクニュースや愛国心に潜む集団心理の危険性など、情報社会に生きるわれわれには考えさせられる事ばかり。作品はシブいが、出演はウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズなど豪華絢爛。ライナー監督の名演も見どころだ。(min)

2019年3月29日(金)より全国公開 公式サイト
(2017年/アメリカ/91分)原題:SHOCK AND AWE 監督:ロブ・ライナー 出演:ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ロブ・ライナー、トミー・リー・ジョーンズ ほか 配給:ツイン © 2017 SHOCK AND AWE
PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『リヴァプール、最後の恋

大女優が30歳年下俳優と紡ぐ最後の思い出

映画『リヴァプール、最後の恋』メイン画像原作はイギリスの俳優ピーター・ターナーの回顧録。1981年9月29日、ピーターのもとに、かつての恋人でアメリカの女優グロリア・グレアムがホテルで倒れたという知らせが届く。彼女の願いもありリヴァプールの自分の実家で療養させた彼は、その死が近いことを悟る。そして一緒に過ごした楽しい日々を思い出すのだった……。約30歳という年齢差。4度の結婚歴があり、落ち目ながらもかつてオスカーを獲ったグロリアは老いと向き合えずにいる。ピーターは生活力に不安がある。そんな痛々しさも描かれる一方、お互いへの思いやりや家族の優しさなど、温かさに包まれた作品。リヴァプールの街で紡がれた最後の思い出に涙腺がゆるむ。(吉永くま)

2019年3月30日(土)より全国公開 公式サイト
(2017年/アメリカ/105分)原題:Film Stars Don’t Die in Liverpool 監督:ポール・マクギガン 出演:アネット・ベニング、ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ ほか 配給:キノフィルムズ/木下グループ ©2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る

  • 2019年03月01日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/3-new-movies-in-theaters/trackback/