【スクリーンの女神たち】『センターライン』主演・吉見茉莉奈さんインタビュー

  • 2019年04月19日更新

“好奇心という翼を生やした女優” 吉見茉莉奈さんにロングインタビュー!

※画像はクリックで拡大表示

スクリーンで女神のごとく輝く女優にスポットを当て、出演作品とその素顔の魅力に迫る本コラム。今回は、2019年4月20日(土)より池袋シネマ・ロサで公開の『センターライン』で主演を務めた吉見茉莉奈さんにご登場いただきました!

国内映画祭で9冠に輝き、第21回サンフランシスコ・インディペンデント映画祭や、第13回ロンドン国際フィルムメイカー映画祭でも受賞を果たした本作は、ソフトウェアエンジニアとして企業に勤めながら映画制作に取り組む異色の新鋭・下向拓生監督による、“AIをテーマにしたSF法廷サスペンス”。この作品で新任エリート検察官・米子天々音を演じ、映画初主演を飾った吉見さんに、撮影の舞台裏や好奇心に溢れた素顔についてたっぷりと伺いました!
【スクリーンの女神たち<特別編>】として、2ページにわたるロングインタビューでお届けします!
映画のあらすじはこちら


下向監督からの突然の連絡で、舞台から映画の世界へ

— 本作出演のきっかけはオーディションだったそうですが、どのような経緯で参加されたのですか?

吉見茉莉奈さん(以下、吉見):監督が、インターネットに掲載されていた私のプロフィールをたまたま見つけて、「オーディションを受けてみませんか?」と連絡をくださったんです。でも、あまりに突然で、最初はちょっと不審に思ってしまって(笑)。これまで舞台を中心に活動していて、映画関係の方とはほとんど接点がなかったですし、下向監督のことも存じ上げなくて。でも、送られてきた資料と作品を拝見したら、映画祭で受賞もされているし、しっかりと活動されていている方なんだと思って。

— あやしい人ではなさそうだと(笑)。

吉見:はい(笑)。それで、オーディションを受けることにしたのですが、監督が長野にお住まいで、すぐにはお会いできなくて。脚本の一場面を演じた動画を送って見ていただきました。

— 吉見さんを選ばれた理由は、監督に伺いましたか?

吉見:監督がイメージしていた米子のキャラクターに一番近かったとは言っていただきました。あと、撮影場所が愛知県だったんですよ。私も愛知出身なので、実家から撮影に通える役者なら宿泊費が削れるという思惑もあったんじゃないかと(笑)。

— ははは(笑)。故郷での撮影ということで、安心感もあったんじゃないですか?

吉見:そうですね。撮影地がほぼ一宮市だったんですけど、地域の皆さんがとても温かく応援してくださって。「いちのみやフィルムコミッション」さんのご協力で、区役所や博物館を撮影に使わせていただいたり、そのご縁から「一宮七夕まつり」で作品が上映されたり、ケーブルテレビにも出演させていただきました。白鷺弁護士を演じた倉橋健さんが愛知在住なんですが、一宮では今ちょっとしたスターになっているみたいなんです(笑)。

サンフランシスコの映画祭では、温かな声援と“おひねり”も!?

— その作品が国内映画祭で9冠、さらにサンフランシスコやロンドンの映画祭でも賞に輝き、応援してくれた方への恩返しにもなったと思いますし、吉見さんのご家族も喜ばれたのでは?

吉見:すごく喜んでくれました。実はサンフランシスコ・インディペンデント映画祭には、私の母も同行させていただいたんです。ロンドンは監督のみ行かれたんですけど、サンフランシスコは私と母と大鳥事務官役の星能豊さん、MACO2も行きました。監督がMACO2を連れていたので、空港の荷物検査で没収されないか心配で(笑)。無事に入国できてほっとしました。

— 現地の観客の反応は、どんなものでしたか?

吉見:海外で受け入れられるのか、内心は不安でした。でも、上映が始まると皆さんずっと笑ってくれて。しんみりするラストのシーンまで、なぜか「わっはっは」って(笑)。終始リアクションしてくださるのが新鮮でしたし、Q&Aでもたくさん質問していただきました。「アメリカでは自動運転への関心が非常に高いけれど、日本ではどうなの?」とか、「制作予算はいくらだったの?」とか。監督が続編の構想に触れたこともあって、退場する際に初老のご婦人から「続編も期待しているわ。がんばって!」って、“おひねり”までいただいたんですよ(笑)!

— おひねり(笑)! 映画初主演にして、相当貴重な体験をされていますよね。

吉見:本当にそう思います。劇場公開していただけることもありがたいですし、全国の映画祭に呼んでいただいて、「普通はこうはいかないよ!」ってたくさんの方に言われます。

検察官の役作りのために、裁判を傍聴

— 舞台と映画の現場の違いに、戸惑うことはなかったですか?

吉見:まだ比較できるほど映画の現場を経験しているわけではないですが、本作に限って言えば、最初の撮影がいきなりラストシーンからだったんですよ。感情を一番高めなきゃいけないシーンですし、若干の戸惑いはありました。ストーリーの流れに沿って演じていく舞台とは全く違う筋肉を使うというか、映画ではすぐに役の感情に入る瞬発力が必要でした。しかも監督や主要キャストとも、撮影初日がほぼ初対面だったんです……。

— えっ!? ほぼ初対面!?

吉見:はい。住んでいる場所が東京、長野、金沢……とバラバラで、撮影まではSkypeを使って読み合わせをしていたんです。

— そうだったんですか!

吉見:しかも、映画の現場ってカメラの向こう側に大勢のスタッフがいるんですよね。その人数を目の当たりにして、はじめはちょっと緊張しました。ただ、撮影スケジュールが短いこともあって、無我夢中でしたし、共演者やスタッフと濃密な時間を過ごさせてもらって、最終日はもう終わるのが寂しくて……。

— 良い現場だったんですね! 撮影が始まる前は、役作りのために実際の裁判にも通われたとか。

吉見:はい。何度か傍聴しました。監督が「検察官が書類を読み上げるときは、すごく事務的に早口で読む」とおっしゃっていたので、その口調やスピードもリアルに聞いてみたくて。

— 専門用語も多くて大変だったと思いますが、セリフとの格闘という部分はいかがでしたか。

吉見:言い慣れている感じがないとリアルじゃないし、イントネーションも間違えられないので、かなり練習はしました。今回、弁護士さんに脚本の監修に入っていただいたんですが、監督がセリフの言い回しや専門用語の発音などもきちんと確認されていたので、私は監督に一つひとつ聞きながら脚本を読み込みました。

ロボットと友だちになりたいという憧れがある

— 法廷シーンとともに、米子検事とMACO2との掛け合いのおもしろいさも、本作の大きな見どころですよね。実際はどのように撮影したのですか?

吉見:現場では、MACO2の動きを操作する方と、声をあてる方が別にいらしたんですけど、声は後から録音したので、手の空いたスタッフがMACO2セリフを言うことも多かったです。撮影が進むにつれてMACO2の動きがだんだん繊細になってきて、本当に生きているみたいに感じていました。

— AIが感情を持つことや可能性について、吉見さんご自身はどのように思いますか? 機械が学習を繰り返すことで得た思考パターンを、果たして“感情”と呼んでいいのか? という部分でもありますが。

吉見:たしかに、人間が「感情」と認めるかどうかという部分でもありますよね。そういう意味では、すでに今のAIも感情を持っていると言えるのかもしれないし、現実的にはいろいろな危険性も含むことだと思います。でも、単純にロボットと友だちになれたら楽しいと思うし、夢がありますよね。日本人的な発想なのかもしれないけど、ロボットと人間の友情を描くアニメなどを子どもの頃から観ていて、ずっと憧れはあります。

— わかります! 幅広い年齢の方がこの作品を楽しめる要素でもありますよね。続編を期待する声も多いですが、可能性はありそうですか?

吉見:誰よりも、私自身が続編を期待しているので(笑)、監督には、ことあるごとに「続編を作りましょう」とプッシュしているんです。ぜひ皆さんも監督にリクエストしてください。

— そこ、太字で書いておきますね(笑)!ぜひ“検察官米子シリーズ”として続編を作ってほしいです!

>>>吉見茉莉奈さんの魅力的な素顔とは? 次のページに続く!>>>

  • 2019年04月19日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/04/museofthescreen1/trackback/