12月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

  • 2018年11月30日更新

12月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! あなたが気になるのは、どの映画!?

LINE UP
12/1(土)公開 『彼が愛したケーキ職人』
12/8(土)公開 『マチルダ 禁断の恋』 『暁に祈れ』
12/15(土)公開 『宵闇真珠
12/22(土)公開 『シシリアン・ゴースト・ストーリー』
12/29(土)公開 『アタラント号』


『彼が愛したケーキ職人』

ジェンダーも国も宗教も超えて、求めあう心

映画『彼が愛したケーキ職人』メイン画像【妻子のいるイスラエル人男性オーレンを愛した、ケーキ職人のドイツ人青年トーマス。オーレンの突然の事故死を知ったトーマスは、エルサレムで暮らすオーレンの家族の元へ。身の上を隠し、家族に静かに寄り添いながら、不慣れな異国の街で、トーマスはケーキ作りを通じて自分の居場所を見いだすが……】ジェンダーも国も超える「思いやりの愛」に心を掴まれる。作品を通し、複雑な宗教的背景を持つ「エルサレム」という街の、慣習や日常を垣間見ることができる点でも貴重な作品。エルサレムの美しい街並みと、素朴で美味しそうなケーキ&スイーツが目を楽しませてくれる。衝撃的な真実も用意され、物語の仕掛けも楽しめる秀作だ。(市川はるひ)

2018年12月1日(土)より全国順次公開 公式サイト
(2017年/イスラエル・ドイツ/109分/PG12) 英題:THE CAKEMAKER 監督:オフィル・ラウル・グレイツァ 出演:ティム・カルクオフ、サラ・アドラー『運命は踊る』、ロイ・ミラー ほか 配給:エスパース・サロウ ©All rights reserved to Laila Films Ltd.2017


『マチルダ 禁断の恋』

ロシア最後の皇帝と伝説のバレリーナの悲恋

映画『マチルダ 禁断の恋』メイン画像センセーショナルな題材で注目されている、史実に基づく物語。19世紀の滅びゆくロシア帝国。皇位継承直前に、その地位を捨てんばかりの激しい恋に落ちたニコライ2世と、美貌のバレリーナ・マチルダのラブストーリー。ヒロイン・マチルダには『ゆれる人魚』のミハリナ・オルシャンスカ。野心に燃え、ライバルと火花を散らし、悪女の顔を持ちながらも、ニコライ2世への愛を一途に貫こうとする、官能的かつピュアなマチルダを、情感たっぷりに演じる。バレエダンサーによる群舞、スペクタクルシーン、激しいアクションも織り込み、美術や衣装も目を見張る豪華さと、見どころがいっぱい。幅広い層におすすめしたい、エンタメ作品。(市川はるひ)

2018年12月8日(土)より全国順次公開 公式サイト
(2017年/ロシア/108分) 原題:MATHILDE 監督:アレクセイ・ウチーチェリ 出演:ラース・アイディンガー(『ブルーム・オブ・イエスタディ』『パーソナル・ショッパー』)、ミハリナ・オルシャンスカ、ダニーラ・コズロフスキー ほか 配給:シンカ ©2017 ROCK FILMS LLC.


『暁に祈れ』

タイの地獄の刑務所を格闘技で生きのびろ!

映画『暁に祈れ』メイン画像【再起をかけタイに来た英国人ボクサー・ビリーは、薬物が元でチェンマイの刑務所に収監される。そこは言葉が通じず、レイプ・殺人がはびこる生き地獄。必死に命をつなぐビリーは、所内のムエタイチームに参加、窮地を脱しようとするが……】自伝を基にした実録映画。実際の刑務所でロケを行い、主要キャスト以外は元囚人を出演者に起用。右も左も全身タトゥーの強面ばかり。迫力のカメラワークの中、タイ語の字幕はなく、動きのキレる囚人たちに囲まれ「次に何が起こるのかわからない」緊張と恐怖が体験できる。荒唐無稽な成功ではなく、次々襲う絶望に抗い生きようとする、生身の男のリアルな世界。ムエタイバトルも見どころだ。(市川はるひ)

2018年12月8日(土)より全国順次公開 公式サイト 予告編動画
(2017年/イギリス/117分/R15) 原題:A Prayer Before Dawn 監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール 出演:ジョー・コール(『グリーンルーム』)、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム ほか 配給:トランスフォーマー ©2017-Meridian Entertainment – Senorita Films SAS


『宵闇真珠』

C・ドイルの映像美で描く少女と異邦人の出会い

映画『宵闇真珠』メイン画像撮影監督として世界的な名匠たちとタッグを組み、その独特な映像美で映画ファンを魅了し続けてきたクリスタファー・ドイルが、女性監督ジェニー・シュンと共同でメガホンを執った、幻想的でノスタルジックなラブストーリー。物語の舞台は、香港の片隅にある古びた漁村。日光を浴びると痩せ細ってしまう奇病に冒され、ひっそりと生きる16歳の少女が、どこからともなく現れた異邦人への淡い恋心を通して、自身のアイデンティティに目覚めていく。主演を務めたオダギリジョーの掴みどころのない存在感と、次世代アジアンビューティーとして注目される少女役のアンジェラ・ユンの魅力が、繊細で耽美な映像世界と融合して観る者を酔わせる。(min)

2018年12月15日(土)より全国順次公開 公式サイト
(2017年/香港・マレーシア・日本/97分) 原題:白色女孩 英題:THE WHITE GIRL 監督・脚本:クリストファー・ドイル、ジェニー・シュン 出演:オダギリジョー、アンジェラ・ユン、マイケル・ニン ほか 配給:キノフィルムズ/木下グループ © Pica Pica Media

関連記事:【スクリーンの女神たち】『宵闇真珠』アンジェラ・ユンさんインタビュー


『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

シチリアを舞台にした悲しいラブストーリー

映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』メイン画像1993年に起こった実際の誘拐事件をモチーフにした、少年少女の切ない恋物語。美しい自然の残るシチリアの小さな町で、13歳の少年ジュゼッペが突然失踪する。なぜか大人たちが口をつぐむ中、彼に思いを寄せていた同級生のルナは懸命に彼の行方を追い、真相を知ろうとする……。事件の闇が深くなるほど、ピュアで透明感溢れる2人の恋は輝きを増し、その光は幻想的な世界を作り出す。怒り、恐怖、哀しさ、愛おしさなど様々な感情が押し寄せるとともに、自分自身も森と湖を彷徨っているような浮遊感に包まれる。(吉永くま)

2018年12月22日(土)より全国順次公開 公式サイト
(2017年/イタリア・フランス・スイス/123分)原題:Sicilian Ghost Story 監督・脚本:ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ 出演:ユリア・イェドリコヴスカ、ガエターノ・フェルナンデス、ヴィンチェンツォ・アマート 配給:ミモザフィルムズ  ©2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM


『アタラント号』4Kレストア版

夭逝した伝説的映画作家の最後の作品

映画『アタラント号』メイン画像世界の名匠たちが敬愛するジャン・ヴィゴ監督の遺作。田舎町とル・アーヴル間を往復する艀船アタラント号。乗り込んだのは、船長のジャンとジュリエットの新婚夫婦、老水夫と少年水夫、そしてかわいい猫たち。田舎娘のジュリエットは船内の生活に息苦しさを覚え、こっそり船を降りて夜のパリの街へ出かけてしまう。ジャンは怒り、彼女を置いて出航するが……。相手を思いながら悶える官能シーン、水中の美しい幻影など、80年以上前に作られたとは思えないほど生き生きした描写が印象的。29歳で没し、4作品しか残さなかった監督のその他の作品『ニースについて』『競泳選手ジャン・タリス』『新学期 操行ゼロ』も同時公開される。(吉永くま)

2018年12月29日(土)より全国順次公開 公式サイト
(1934/フランス/88分) 原題:L’Atalante 監督:ジャン・ヴィゴ 出演:ジャン・ダステ 、ディタ・パルロ、ミシェル・シモン ほか 配給:アイ・ヴィー・シー ©1934 Gaumont

ページトップへ戻る

  • 2018年11月30日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2018/12-new-movies-in-theaters/trackback/