【イケメン青田買い】『ランブリングハート』初日舞台挨拶に、臼田あさ美さん、桐山漣さんたちが登壇!

  • 2010年01月20日更新

rhszenin2

【イケメン青田買い】が注目している若手俳優・桐山漣さんがご出演の『ランブリングハート』。公開初日舞台挨拶が、2010年1月16日にシネマート六本木で開催され、村松亮太郎監督とキャストのみなさまが駆けつけました!

←の写真左から、村松監督、桐山さん、臼田あさ美さん、大口兼悟さん、桑原裕子さん、ダイアモンド☆ユカイさんです。

上映後の舞台挨拶だったので、登壇者のみなさまからはネタバレも飛びだしました。映画の核心に触れる部分は割愛して、当日の模様をお届けします。登壇者の「笑顔」をピックアップした写真と共に、お楽しみください!

rhsusuda

「(公開初日の)今日が、この映画のスタートだと思っています」(臼田さん)

慎重派でリアリストの姉・翠と、行動的で自由奔放な妹・葵 ― 双子の姉妹を二役で演じた臼田さんは、「私自身は、恋愛に対して慎重派で、『待つ』タイプなので、どちらかと言えば翠に近いです。葵のように、思い立ってすぐに行動したり、『好きだから、いいじゃん!』と突っ走ったりできるのは、羨ましいですね」と語ってから、「でも、男性は葵が好きな人が多いみたいです。監督も、葵が好きですよね?」と、突然、村松監督に話をふりました。「確かに、僕はもともと葵が好きでしたが、もちろん、翠も好きですよ」と、村松監督は苦笑しつつ答えました。

rhskiriyama

「(この映画を観たかたに)『恋がしたくなりました』と言っていただけるのが、一番嬉しいですね」(桐山さん)

『ランブリングハート』のメッセージのひとつは、「好きな相手に本当の自分を見せる」ということ。クールで謎めいた男の子・南を演じた桐山さんは、「おつきあいをしている相手にも、本当のことは、なかなか言えないものかもしれません。でも、本当の自分を出せるように努力することはよいと思いますし、簡単にできることではないからこそ、誰かとそういう関係になりたいと思えることは素敵だと思います」と話しました。

rhsohguchi

「(この映画を観て)僕も、恋がしたくなりました」(大口さん)

翠の婚約者・克也を演じた大口さん。自称・人見知り、という大口さんは、初め、フィアンセ役の臼田さんと、なかなかお話ができなかったそうです。「(今回の作品に限らず)いつもそうなんですけど、恋人役を演じるお相手とは、緊張して、しゃべれなくなってしまうんです。でも、今は臼田さんと普通にしゃべれるようになりましたよ」と語りました。その言葉を受けて、臼田さんは、「大口さんより、私のほうがずっと人見知りでした。人と話すのが得意ではないので不安でしたが、共演者のみなさんが現場の空気を作ってくださったので、私は自分がやるべきことに集中できたんです」と笑顔になりました。

rhsyk

「(我が子が伊月に恋をしたら)『この野郎!』っていう感じで、……泣いちゃうかもね」(ユカイさん)

プレイボーイの歌手・伊月を演じたユカイさんは、来月、お子さまが生まれる予定とのこと。「将来、自分の子供が伊月のような男に惚れたら、(ショックで)泣いちゃう」と言って、会場の笑いを誘いました。

「ユカイさんには、『シャンパンもまぐろも似合う色男』を、魅力的に演じていただきました」(桑原さん)

脚本を手がけて、出演もした桑原さん。当初は、村松監督も出演する予定だったということで、伊月は監督をモデルにして書いたそうです。桑原さんは、「監督が伊月のような人だ、と言っているわけではないですよ(笑)」と前置きしてから、「(ユカイさんが伊月を演じることになって)最初はギャップを感じましたが、伊月の甘さ・軽さ・色気を表現してくれたので、とてもぴったりで、よかったと思いました」と語りました。

rhsmuramatsu

「この映画を楽しく観ていただいて、『本当の自分と向きあう』というメッセージを、自分の中に持ち帰っていただけると嬉しいです」(村松監督)

一見、そうは見えませんが、実はCGや特殊技術がたっぷりと使われている『ランブリングハート』。技術と演出のこだわりについて、村松監督は、「恋愛映画なので、(映像に)テクニックを使いながらも、物語の邪魔をしないように、心がけました。大事なのは、ご覧になるかたが、主人公に感情移入をして、物語に入ってくださることです。CGのすごさを見せる作品ではないので、物語を最優先にしました」と話しました。

rhsuko

「みなさん、ぜひラブホテルに足を運んでください!(会場爆笑)」(臼田さん)

主にユカイさんがきわどい冗談を言うたびに、お客さまと登壇者の笑い声があふれましたが、場内が最も沸いたのは、臼田さんの↑の発言が飛びだしたとき。

ラブホテルが舞台の『ランブリングハート』。撮影には、実在のラブホテルが使われています。「(撮影で)何度も行ったので、私、ラブホテルにとても詳しくなったんですよ。すごく思ったのは、『いい場所だなぁ』ということです!」と臼田さんは真面目な口調で話したので、会場は爆笑に包まれました。

rhsmb

この初日舞台挨拶はシネマート六本木でおこなわれましたが、2010年1月下旬現在、『ランブリングハート』は、シネマート新宿で上映されています。

上映期間中、シネマート新宿には、←のメッセージ・ボードが飾られています。キャストとスタッフのファンのみなさまが、『ランブリングハート』の公開を記念して寄せたメッセージの数々です。シネマート新宿に足を運ばれたときには、こちらも、どうぞお見逃しなく!

▼『ランブリングハート』公開情報
2010年1月16日より、シネマート新宿伏見ミリオン座他にて、全国順次ロードショー。
『ランブリングハート』公式サイト

▼関連記事
『ランブリングハート ~ラブホテルズ2~』DVD発売記念イベントで、臼田あさ美さんと芹那さんがガールズ・トーク!
桐山漣さん―次の役で見せてくれるのは、どんな新しい顔?
『ランブリングハート』作品紹介
『ランブリングハート』 村松亮太郎監督 インタビュー
『ランブリングハート』特別試写会で、村松亮太郎監督とキャストが舞台挨拶!

取材・文:香ん乃 撮影:細見里香

rhsu5

rhsk2

rhso2

rhsu6

rhsk3

rhso3

rhssaigo

rhstop
改行

  • 2010年01月20日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/01/20/1615/trackback/