「片山享」の検索結果: 27 件

【特集:片山享監督】片山享がコロナ禍でも映画を撮り続ける理由

役者としてキャリアを重ね、近年は映画監督としても目覚ましい活躍をみせる片山享。今年は新作3本を含む6本もの監督作品を上映・公開する予定だという。コロナ禍でも創作と躍進を続ける理由とは?「インタビュー」と監督自身による解説付き「2022年上映・公開作品紹介」の2本立てで核心に迫る。

【緊急インタビュー】『灯せ』再上映—表現者・安楽涼が灯し続けようとするもの

映画『灯せ』安楽涼監督今年8月に池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映された、安楽涼監督の最新短編作『灯せ』が、12月25日(土)〜30日(木)に再び池袋シネマ・ロサで上映される。24分という短編、しかも一度限りの上映ながら大きな反響を呼んだ本作は、緊急事態宣言下の東京を舞台に、表現の場を求めて葛藤する3人の若者たちの姿を描く群像劇だ。コロナ禍において「しょうがない」を受け入れ続けることに限界を感じた安楽監督が完成させたという本作。そこに込められた“思い”と “人知れず抱えていた葛藤” とは——?

安楽涼 監督『灯せ』12月25日より池袋シネマ・ロサにて本公開決定&新予告解禁!

映画『灯せ』本公開ポスター今年8月に池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映を行った、安楽涼監督の『灯せ』。24分という短編、しかも一度限りの上映ながら大きな反響を呼んだ本作が、2021年12月25日(土)より池袋シネマ・ロサで本公開されることが決定。併せて予告編映像も解禁された。

元町映画館を皮切りに京阪神先行上映スタート! 安楽涼&片山享 共同監督『まっぱだか』本予告映像公開

映画『まっぱだか』映画『まっぱだか』場面写真8映画『まっぱだか』映画『まっぱだか』場面写真1開館10周年を迎えた元町映画館による初の配給作品『まっぱだか 』の京阪神先行ロードショーが、2021年8月21日(土)元町映画館を皮切りに始まる。公開への期待が高まるなか、ついに本予告編の映像が解禁された。【京阪神先行公開】8月21日(土)〜 神戸・元町映画館、9月10日(金)〜 京都みなみ会館、9月11日(土)〜 大阪・シネ・ヌーヴォ

安楽涼監督『灯せ』—「しょうがない」を受け入れ続けるのはもう限界! 8/14(土)池袋シネマ・ロサで1日限定緊急上映!

映画『灯せ』ポスタービジュアル安楽涼監督作『灯せ』が、8月14日(土)に池袋シネマ・ロサにて1日限定緊急上映されることが決定。緊急事態宣言により表現者たちが活動の縮小や中止を余儀なくされるなか、「しょうがない」を受け入れ続けることに限界を感じ、本作の完成へと至った。出演はサトウヒロキ、円井わん ほか。

『くもりのち晴れ』— 今夏、片山享監督作が続々公開!主演・細川岳の意欲作が7月17日より福井で2週間上映!

映画『くもりのち晴れ』メイン画像片山享監督の新作が、この夏続々と劇場公開される。先日情報解禁された『まっぱだか』(8月に神戸・元町映画館を皮切りに全国順次公開)よりも先に公開されることが決まったのが、7月17日(土)より福井メトロ劇場で2週間限定上映となる『くもりのち晴れ』だ。建設現場で働く職人の葛藤と希望を描く本作は、『佐々木、イン、マイマイン』で鮮烈な印象を残した細川岳を主演に迎え、『新橋探偵物語』の長野こうへい、『追い風』の安楽涼、『ソワレ』の塚原大助ら個性と実力を兼ね備えた俳優陣が脇を固める。

神戸・元町映画館にて8月先行公開!柳谷一成 & 津田晴香 W主演『まっぱだか』特報&公式サイト解禁!

映画『まっぱだか』特報画像開館10周年を迎えた神戸のミニシアター 元町映画館が、安楽涼と片山享を共同監督に迎え製作した長編作『まっぱだか』が8月より公開予定。このたび、本作の特報映像が解禁され、併せて公式サイトもオープンした。特報には、W主演の柳谷一成と津田晴香がボールを追いかけ回る場面や、共同監督を務めた安楽と片山がキャ ストとして出演した場面などを収録。公式サイトでは各キャストの情報や、初公開の場面写真なども掲載され、作品の世界観をいち早く感じることができる。

10周年を迎えた神戸・元町映画館が安楽涼と片山享とタッグを組み長編映画を製作!

映画『まっぱだか』チラシ表昨年8月21日に開館10周年を迎えた神戸のミニシアター「元町映画館」が、安楽涼と片山享を共同監督に迎えた長編映画を製作し、この夏に同館で先行ロードショーすることが発表された。タイトルは『まっぱだか』。W主演に『追い風』『轟音』など安楽・片山組の作品に参加してきた柳谷一成と、神戸を拠点に俳優やラジオパーソナリティーとして活躍し『みぽりん』のアイドル役で話題を呼んだ津田晴香を迎え、全編神戸・元町ロケで撮影された作品だ。

【速報】ファン待望! 片山享監督が長編第2弾制作を発表!初監督作の『いっちょらい』をセルフリメイク


故郷の福井県を舞台にした初長編作『轟音』が、海外映画祭を席巻中の片山享監督。このたび、ファン待望の長編第2作の制作が発表された。作品タイトルは『いっちょらい』。俳優としてのキャリアを重ねてきた片山が、2017年に初メガホンを握った福井発の同名短編映画を、長編作としてセリフリメイクする。短編版に引き続き実力派俳優の松林慎司を主演に向かえ、短編版には描かれていない主人公の背景や、心に抱えた葛藤、前日譚などを加えた、さらにメッセージ性の強い作品として生まれ変わる予定だ。

【『追い風』SPECIAL INTERVIEW vol.2 監督:安楽涼 脚本:片山享】これは、追い風を吹かせるために描いた「向い風」の映画

安楽涼監督が『1人のダンス』に続き、脚本に片山享を迎えて描いた『追い風』。その主人公は、安楽監督の幼馴染みで俳優やラッパーとして活躍するDEG。安楽や片山と旧知の仲であるからこそ描けたDEGへの辛辣かつ愛情深いストーリーは、どのように生まれたのか? 劇場版公開を記念したスペシャルインタビューの第2弾は、安楽監督と片山さんに映画『追い風』に秘めた思いを語ってもらった。片山さんがメガホンを執り、安楽さんが主演を務めた映画『轟音』が今年7月にニューヨークで開催された「JAPAN CUTS 2020」のNEST GENERATION部門に選出され、来る8月19日〜9月2日に開催される「ハンブルグ日本映画祭 2020」の招待作品にも選ばれるなど、いま国内外のインディーズ映画界で熱い注目を浴びる二人は本作をどう作り上げたのか。