劇場公開決定!主題歌&特報解禁! 澤佳一郎監督の意欲作『アリスの住人』 ―児童虐待テーマに描く、ファミリーホームの少女たちの物語

  • 2020年12月10日更新


そこにあるもの』『モラトリアム完全版』の澤佳一郎監督の最新作『アリスの住人』が、2021年に池袋シネマ・ロサで劇場公開されることが決定し、主題歌と特報映像が解禁された。児童虐待をテーマに、ファミリーホームで過ごす少女たちを描く意欲作だ。

元Seventeen専属モデルの樫本琳花と、『スペシャルアクターズ』でカルト教団の教祖を印象的に演じた淡梨がW主演を務め、実力派人気女優のしゅはまはるみほか、総勢24名の個性豊かなキャストが揃うのも見どころ。そして主題歌を唄うのはレイラーニ。尾崎豊の名曲「群衆の中の猫」をカバーし、物語を優しく包み込むように彩る。現在、全国上映へ向けたクラウドファンディングも実施中だ。


児童虐待の悲しみだけにフォーカスするのではなく
強く生きようと頑張る人々の姿を描く

本作の舞台となる「ファミリーホーム」とは、家庭環境を失った子どもを里親や児童養護施設職員など、経験豊かな養育者がその家庭に迎え入れる「家庭養護」のこと。児童虐待のニュースが社会問題として暗い影を落とすなか、被害者である子どもたちは大人になり、多くの人が社会で前を向こうと頑張っている。

本作では、児童虐待というデリケートなテーマに挑みながらも、その悲しみだけにフォーカスするのではなく、強く生きようと頑張る人々の姿を描く。

出演俳優たちと監督の人生や
未来への願いが投影された作品

元Seventeen専属モデルの樫本琳花と、上田慎一郎監督『スペシャルアクターズ』(2019)でカルト教団の教祖を演じて話題を呼んだ淡梨がW主演を務める本作。今や映画、テレビ、CMに大活躍の実力派女優のしゅはまはるみも出演するほか、総勢24名の個性豊かなキャストの顔ぶれも注目ポイントだ。

本作は、出演俳優たちの「叶えたいことを叶えられる映画」を作ってみたいという澤監督の思いから企画が立ち上がったという。俳優たちの父親に対する想いや、澤監督自身が経験した父や祖父からの暴力を振り返り、そこから児童虐待というテーマへと構想が広がった。同時に、本作が観る人々にとって、何かしらの停滞から歩みを進める第一歩となるような、希望の映画になることを願いつつ制作が進められた。

たとえフィクションであっても、出演する俳優たちと監督のこれまでの人生や未来への願いのようなものが込められた作品となる予定だ。

特報解禁!
主題歌は歌姫レイラーニが唄いあげる

尾崎豊の名曲「群衆の中の猫」!

映画公開が待ちきれないファンのために、このたび特報映像も解禁となった。バックに流れるのは、幻想的な美声でファンを魅了する歌姫レイラーニが唄いあげる、尾崎豊の名曲「群衆の中の猫」。2004年にMr.Childrenや数々のアーティストが参加して話題となったトリビュートアルバム「GREEN ~A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」の一曲として人気を博したナンバーが、作品を優しく彩り観る者の心に柔らかな余韻を残す。

2021年、池袋シネマ・ロサで劇場公開!
クラウドファンディング、絶賛実施中!

本作は、完成前にもかかわらず池袋シネマ・ロサでの劇場公開も決定している。それだけ映画ファンの期待が高い作品という証拠だ。現在実施中のクラウドファンディングも着実に支援を集めており、モーションギャラリーの下記ページでは作品情報も都度ブラッシュアップされている。ぜひ、チェックを!

・MotionGalleryにて、クラウドファンディング実施中!
https://motion-gallery.net/projects/resident_of_alice

12月15日「IFSPLAYBACK」で上映の『そこにあるもの』
来場者全員に『アリスの住人』ポストカード配布!

池袋シネマ・ロサで過去上映されたインディペンデント映画を振り返る名物企画「IFSPLAYBACK(インディーズフィルム・ショウ プレイバック)」にて、澤監督の初作品『そこにあるもの』が来たる12月15日(火)に1日限定で上映される。公開決定記念としてキャストの舞台挨拶やこの日の来場者全員に『アリスの住人』ポストカードと合わせ『そこにあるもの』のポストカードも配布される予定だ。

 

『アリスの住人』特報映像&作品情報

【STORY】幼少の頃に父から性的虐待を受けたつぐみ、アルコール中毒の父を持つ多恵、養育放棄をする母から保護された莉子。その苦しみやトラウマを背負いながらファミリーホームで過ごしている。ある日つぐみは賢治と出会い惹かれていくのだが……。共同生活の中で支え合い、そして向き合うべきものを探していく少女達の物語。

(2021年/日本/カラー/DCP/ステレオ/70分予定)
英題:Resident of Alice
原案・脚本・監督・編集:澤 佳一郎

主題歌:尾崎豊「群衆の中の猫」唄/レイラーニ

出演:樫本琳花、淡梨、しゅはまはるみ、伴優香、天白奏音
久場寿幸、合田純奈、みやたに、大山大、萩原正道、太田翔子、蓮田キト、荻野祐輔、小春、るい乃あゆ、獣神ハルヨ、森下さゆり、遠藤史也、たなかあさこ、小澤雄志、赤江隼平、山下徳久、大石将弘、山谷ノ用心

助監督:曽我真臣、合田純奈 撮影:温水麻衣子、髙田裕真
撮影助手:水口ひまり 録音:川上翔生 録音助手:遠山浩希
応援:古茂田耕吉 ヘアメイク:蓼沼仁美、片山智恵子、藤澤和紀
車両:syu スチール:澤山友佳、蓮田キト、びばなんず 音楽:伊藤求
制作:大石知恵、久場寿幸、高瀬満寿保
製作・配給:reclusivefactory
Executive Producer:宮崎和紀
後援:一般社団法人 日本ファミリーホーム協議会
©reclusivefactory

・MotionGallery(モーションギャラリー)にて、クラウドファンディング実施中!
https://motion-gallery.net/projects/resident_of_alice

※2021年、池袋シネマ・ロサにて公開予定!

◆こちらの記事もオススメ

  • 2020年12月10日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2020/12/10/46854/trackback/