『地元ピース! 幻想ドライビング』— 愛する地元を応援したい! 故郷を舞台に映画を作りたい! 俳優たちの地元を舞台にした3つの物語

  • 2020年04月06日更新

映画と地元をつなぐ新しいカタチ——。
俳優たちの地元を舞台に制作した、ホントの自分を探す3つの物語

映画『地元ピース! 幻想ドライビング』チラシ表 映画『地元ピース! 幻想ドライビング』チラシ裏

※画像はクリックで拡大表示

「愛する地元を応援したい。故郷を舞台に映画を作りたい」——。そんな思いを形にし、俳優たちの地元を舞台に制作した3話からなるオムニバス映画、『地元ピース! 幻想ドライビング』 が、池袋シネマ・ロサにて2020年6月6日(土)より3週間にわたってレイトショー公開される。監督・脚本を務めるのは、多くの映画祭で入賞を果たしてきた木場明義(こば・あきよし)だ。

クラウドファンディングによって制作された本作は、栃木県・岐阜 県・宮城県出身の3人の俳優の地元で制作した、趣の異なる “ホントの自分を探す3つの物語” で構成される。

第1話の栃木編『ブースト』は、壬生町出身の長谷川葉生が感情を抑えて生きてきた女を演じる。第2話の宮城編は、女装コンビのロードムービー『星屑ステージ』。仙台市・石巻市を舞台に、仙台市出身の藤井太一と石巻市出身の小林大介が主演を務める。第3話の岐阜編『柳ヶ瀬ダンジョン』では、岐阜市出身のもりとみ舞が不思議な建物に迷い込む SF サスペンスの主人公に扮する。

【監督プロフィール】木場明義(こば・あきよし)
1973年9月1日生まれ、東京都出身。1997年、大正大学文学部日本語・日本文学科を卒業。1999年、映像塾卒業。現在、自主映画を中心に映像制作を続ける。映画制作団体イナズマ社主宰。長岡造形大学非常勤講師。SFやファンタジーの要素を日常に注ぎ込んだようなコメディタッチの作品を得意とし、国内外の 映画祭で多くの受賞、入選歴がある。 また、ストーリー作りには定評があり、その実力を認められ大学で非常勤講師を勤めている。 代表作『さよならファンタジー』『スリッパと真夏の月』『サイキッカーZ』ほか

作 品 詳 細

『地元ピース! 幻想ドライビング』(2020年/日本/85分)

映画『地元ピース! 幻想ドライビング』画像1栃木編/『ブースト』
舞台:栃木県壬生町おもちゃのまち 主演:長谷川葉生(壬生町出身)
【STORY】子供の頃から感情を抑えて育った女。ある日彼女が抑えていた欲望がもう一人の自分と なって現れてしまう。 彼女は必死になってもう一人の自分を追いかける。
映画『地元ピース! 幻想ドライビング』画像4宮城編/『星屑ステージ』
舞台:宮城県仙台市・石巻市  主演:藤井太一(仙台市出身)、小林大介(石巻市出身)、 SHOCO (仙台市出身)
【STORY】地方のショーパブで働いているニューハーフの千。ある日千の母が亡くなり、故郷へ向けて長い旅に出る。

映画『地元ピース! 幻想ドライビング』画像7岐阜編/『柳ヶ瀬ダンジョン』
舞台:岐阜県岐阜市 主演:もりとみ舞(岐阜市出身)
【STORY】フジ子の恋人はだらしない男であった。そんな彼女はある日、柳ヶ瀬の商店街の片隅に 不思議な入り口を見つける。 彼女はその入り口に入っていくと、そこは少し奇妙な世界であった。

監督・脚本・撮影・編集:木場明義
助監督:茅嶋直大、渡邉玲、もりとみ舞、大坪亮太 録音:yuuki 音楽:伴正人 宣伝美術:相原優 制作:長谷川葉生、藤井太一、もりとみ舞
出演:長谷川葉生、藤井太一、小林大介、shoco、もりとみ舞、柴田明良、秋田ようこ、千倉里菜、中島淳子、中山雄介、与古田千晃、森脇拓人、赤羽一馬、秋山大地、高木美嘉、柴田花音、大坪亮太、玉木文子、庄子勝義、太田光成、太田あすみ、小林ヒカル、山口友和、花太郎、篠塚将宏、洞口晴香、杉野翼、宇野裕未奈、空沢しんか、立川日向子、まどかリンダ、那波万緒、涼夏

【協力】壬生町おもちゃ博物館 なか川、壬生町、道の駅みぶ、いしぐれ珈琲、守富環境工学総合研究所、御浪町ホールInceptionbase“himitsukichi” 、(株)シティエフエムぎふ、(株)鳥倉総本店、岐阜市徹明公民館、岐阜CINEX、岐阜土地興業株式会社、岐阜フィルムコミッション、岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会、ジュバ・ショップ、正法寺、大福屋、高島屋南商店街振興組合、フラワーショップ玉屋、ホステル マニマニ、洋食屋Pannonica、MADBLAST HIRO、和カフェ 島田

予告編 & 上映情報

●上映劇場:池袋シネマ・ロサ
●日時:2020年6月6日(土)より3週間限定レイトショー
●公式Twitterアカウント:@zimotopeace
上映時間ほか詳細は池袋シネマ・ロサ公式サイトにてご確認ください

※2020年6月6日(土)より池袋シネマ・ロサにて3週間限定レイトショー上映

(編集:min)

 

◆こちらの記事もオススメ
『つむぎのラジオ』—池袋シネマ・ロサで12月15日に復活上映! 切ない贖罪と恋と友情を、コミカルかつ軽妙に描く人間讃歌

  • 2020年04月06日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2020/04/06/3-14/trackback/