【画像で楽しむイベントレポート】『第31回東京国際映画祭』レッドカーペット

  • 2018年11月07日更新


「第31回東京国際映画祭」RCメイン画像
今年も2018年10月25日(木)〜11月3日(土・祝)に開催された、第31回東京国際映画祭(以下、TIFFと表記)。メイン会場である六本木ヒルズで行われたオープニングイベントには、今年も各国から豪華な映画人が大集結した。アジア最大の映画祭にふさわしい華やかな幕開けとなったレッドカーペットの模様を、オリジナル画像満載で振り返ります!(撮影:鈴木友里
※画像はクリックで拡大


女神降臨! アンバサダー・松岡茉優のドレス姿に会場中がため息!

今年のアンバサダー、松岡茉優の登場で幕を開けた映画祭。昨年は映画初主演作『勝手にふるえてろ』が本映画祭のコンペティション部門で観客賞を受賞し、今年はカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた出演作『万引き家族』がJapan Now部門で上映されるなど、TIFFの“顔”として申し分のないキャスティング。ピンクベージュのドレスに身を包んだ姿に、会場からは早くもため息が漏れた。

 

映画界の未来を担うフレッシュな才能たち

左:「PFFアワード2018」グランプリ受賞作『オーファンズ・ブルース』の工藤梨穂監督とキャストの皆さん。
右:「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」受賞作品『岬の兄妹』(片山慎三監督)に出演の松浦祐也と和田光沙。良い笑顔!

 

日本映画スプラッシュ特別上映『21世紀の女の子』ご一行。新進映画監督14名+アニメーション監督1名が参加し、“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間”というテーマを8分以内の短編で表現するオムニバス作品。企画・プロデュースの山戸結希監督はじめ、松本花奈監督、加藤綾佳監督や、各編主演の石橋静河、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子など、旬な顔ぶれ39名が登場! ファッション誌「装苑」がプロデュースした色とりどりの衣裳をまとい、ひときわ華やか。


個性豊かな監督&キャストが続々登場して、レッドカーペットは早くも白熱!

特別招待作品『ハード・コア』から山下敦弘監督と、作中に登場するキャラクター、ロボオが登場!
本作は、山下監督と俳優の山田孝之が、2人の愛読書である人気コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を完全映画化した、切なくも可笑しいヒューマンドラマ。山田のほか、佐藤健、荒川良々ら豪華キャストの出演にも注目の作品だ。山下監督も、なぜかロボオと一緒にロボット歩き!?

 

 

和気あいあいとした雰囲気が印象的だった、『ギャングース』の入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健。主演のカズキ役を演じた加藤は、劇中で人生初のモヒカン姿を披露!

 


クロスカットアジア部門から、フィリピン映画『リスペクト』のトレブ・モンテラスII監督と、主演のアブラが登場。犯罪と貧困に囲まれながらヒップホップにのめり込む青年ヘンドリックスとマルコス時代のトラウマを引きずる老詩人ドクが出会い、世代を越えて詩作の力を認め合っていく物語。ラップ世代と老詩人の交流に、フィリピンの現在とマルコス時代の圧政の類似というテーマを重ねたという力作だ。

 

 

アジアの未来部門から台湾映画『海だけが知っている』のツイ・ヨンフイ監督、主演を務めたジョン・ジアジュンらが登場。美しい海に囲まれた台湾東部の蘭嶼(らんしょ)島を舞台に、高雄で開催される“先住民児童伝統舞踊コンクール”への出場を目指す少年たちを描いた作品。実際に蘭嶼島の住人であるジョンは、演技初体験ながらツイ監督に「天才!」と言わしめた逸材。レッドカーペットでも堂々たるエンターテイナーぶりを披露していた。

 

日本映画スプラッシュ部門で上映された『漫画誕生』ご一行。“近代漫画の父”と呼ばれた主人公の北沢樂天に扮したのはイッセー尾形。その妻・いのを篠原ともえが演じた。監督は新鋭・大木萠。レッドカーペットには稲荷卓央、モロ諸岡、とみやまあゆみ、森田哲矢、東ブクロなど個性的な面々が集結。

 

福井県の「えちぜん鉄道」を舞台にした涙と笑いの感動ドラマ『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』からは、児玉宜久監督と河合広栄プロデューサー、そして主演の横澤夏子と緒形直人が登場。「主演女優の横澤夏子です!」と冗談まじりに連呼していた横澤だが、劇中ではベテラン俳優に囲まれて主人公を演じきった。

 

黄色い声援が六本木の空にこだました!? 

黄色い声援の先にいたのは、このお三方! 特別招待作品の『旅猫リポート』から、三木康一郎監督、主演の福士蒼汰、共演の広瀬アリス。世界中の取材クルーが一斉にカメラを向ける人気ぶりだった。

 

世界を席巻するジャパニメーション!

左:特別招待作品『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 & Case.2 First Guardian』から、塩谷直義監督と、キャストの関智一、野島健児、東地宏樹、そして劇的に可愛かった佐倉綾音。
右:『アニメーション映画監督 湯浅政明の世界』からは、湯浅監督とちびまる子ちゃん、『アドベンチャー・タイム』のフィン&ジェイクも登場!

 

特別企画「TIFFプラス」で開催の『新作公開記念!!「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」上映会&THUNDER STORM SESSION DJ Party!!! Presented by DJ KOO』から、DJ KOOと、寺島惇太、畠中祐、武内駿輔ら豪華なキンプリ声優陣が登場!

 

特別招待作品で本映画祭のクロージング作品でもある『GODZILLA 星を喰う者』からは、キャストの宮野真守と櫻井孝宏、監督の静野孔文と瀬下寛之、そしてゴジラが登場! マモとゴジラの仲睦まじい様子にレッドカーペットが沸き立つ。


取材班が目を奪われた、ピカイチ美男美女はこの2人!

左:アジアの監督3名が同じテーマでオムニバス映画を共同製作するプロジェクト『アジア三面鏡2018:Journey』に出演のオカ・アンタラ。インドネシアの人気俳優で『ザ・レイド GOKUDO』などにも出演。登場したとたん「イケメン過ぎる!!! 」と取材班がプチパニックに(笑)。
右:同じくインドネシアから来日した『めくるめく愛の詩』に出演のアニサ・ヘルタミ。破壊力抜群のキュートな笑顔に一瞬で釘付け!!!

 

>>>まだまだ豪華ゲストが登場! 次のページへ続く!>>>


▼『第31回東京国際映画祭』開催情報
日時:2018年10月25日(目)〜11月3日(土・祝)開催
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか
主催:公益財団法人ユニジャパン(第31回東京国際映画祭実行委員会)

●『第31回東京国際映画祭』公式サイト

 

取材・編集・文:min スチール撮影:鈴木友里

  • 2018年11月07日更新
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2018/TIFF_RC1/trackback/