【独占レポート】『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント― 曽我部恵一さん×櫻井香純さん×川原康臣監督

  • 2018年04月14日更新

映画『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント
若い夫婦と夫の妹が織りなす奇妙な三角関係を、全編トイカメラの「デジタルハリネズミ」で撮影した気鋭・川原康臣監督による長編映画『寝てるときだけ、あいしてる。』が、池袋シネマ・ロサにて2018年3月31日(土)から4月13日(金)の2週間に渡り限定上映され、多くの映画ファンが劇場に足を運んだ。上映期間中は、多彩なゲストを迎えたイベントが多数開催されたが、当サイトでは4月9日(月)のレイトショー上映終了後に行われた、川原監督とミュージシャンの曽我部恵一さん、ダンサーの櫻井香純さんによるトークイベントの模様を独占取材させていただいた。
(上の写真:右・川原康臣監督、中央・曽我部恵さん、左・櫻井香純さん)

川原監督といえば、曽我部さんがボーカル&ギターを務めるサニーデイ・サービスの『セツナ』や『青い戦車』、曽我部恵一ソロ名義の『バカばっかり』のミュージックビデオ(以下、MV)の映像監督としても知られ、2人は旧知の仲。さらに、3月14日に配信開始されたサニーデイ・サービスのニューアルバム「the CITY」の収録曲である、『ジーン・セバーグ』のMVを手掛けたのも川原監督だ。もう一人のゲストである櫻井さんは、このMVで自ら振り付けしたコンテンポラリーダンスとフィンガーダンスを披露した主演女優として登壇。トークのオープニングでは、3人の接点となるこのMVが映画館の大きなスクリーンに映し出された。


「彼女は、おそらくこの世の者ではない」(川原監督)


〜サニーデイ・サービス『ジーン・セバーグ』MV〜

川原康臣監督(以下、川原):あらためて『ジーン・セバーグ』のMVをスクリーンで観て、いかがですか?

曽我部恵一さん(以下、曽我部):怖い。なんかね、観てはダメなものを観せられているような……。かわいい女性の中にパラサイトしている寄生虫を観ているような気になりました。

川原:櫻井さんが演じた役名が“咬美(かみみ)”というんですが、櫻井さんとの打ち合わせの時に「彼女は、おそらくこの世の者ではない」という話をした記憶があります。『セツナ』のMVに出てくる女の子は現実にいる設定だけど、咬美はいわゆる人類ではない、どこか違う場所から来た者なんじゃないかって。

曽我部:振り付けも、櫻井さんがご自分でされているんですよね?

櫻井香純さん(以下、櫻井):はい。前半の指の動きだけは振り付けをして、あとは「浮き輪の方に近寄って行く」みたいなルートだけ決まっていて即興的に動きました。でも、実は(咬美は)そんなに自分とかけ離れているキャラクターではないんです。普段はコンテンポラリーダンスをやっているんですが、割とああいう感じになってしまうので、むしろ“素”みたいな……(笑)。

曽我部:へー。そうなんだ!

川原:撮影の準備をしている時に、(映像中に出てくる)柵にもたれて身体をグリンとねじるポーズを櫻井さんが公園の真ん中で急にやりだして。僕と助監督で「どうしたんだろう、あれは!?」って、それもちょっとした恐怖体験で(笑)。でも、すごく安心して撮影出来ました。

櫻井:ストレッチをしたんです(笑)。曲をたくさん聴いて、監督とお話したこととすり合わせて(咬美を)作っていきました。

曽我部:歌の世界観と相まって、すごい。ありがとうございます!

「この曲は、いろんな曲を作っていた“途中”」(曽我部さん)
「ぶっちゃけて言うと、このMVも“途中”」(川原監督)

映画『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント(川原康臣監督)川原:でも、曽我部さんは何も考えずにこの曲を作ったんでしょ!? MVの依頼があったのが3月6日で、13日までに作ってほしいって言われて、届いたのがこの曲で。その直後に曽我部さんから電話があって、「今回は一番変な曲をやってもらいます」ってニコニコしながら話すので、「コノヤロー、やってやろうじゃねえか!」と(笑)。打ち合わせで「ジーン・セバーグに何か思い入れがあるんですか?」と聞いても、「別に」という感じで。何も考えずに化け物のような曲を作るなぁと思って。

曽我部:何も考えずに作ったというより、この曲は、いろんな曲を作っていた“途中”なんですよ。出来上がらず「ああ、これは無理だ」となった時に、絵だったら「ぐわー」っと塗りつぶしちゃったりするけど、その「ぐわー」なんです、この曲は。だから思いは何もないけど、意図せずおもしろいものが出来ましたよね。

川原:それは初めて聞きました。MVも最初は全く違う案だったんですよね。櫻井さんが主演で踊ることにはなっていたけど、かなり加工して作り込もうとしていたら、曽我部さんが「なんかそういうのは……」と物申してきて。そういう反応も初めてだったから、いろいろ話して「だったら、彼女の魅力1本勝負でいこう」ということになって。今、ようやくその意図が見えた気がします。ぶっちゃけて言うと、このMVも“途中”じゃないですか。咬美は何者かも分からないし、なんで海に行っているのかも、なんでベロが出ているのかも、僕ですら分かっていない。そういうところが、無意識のうちに曲とマッチしたのかな。

曽我部:うん。すごく印象深い作品ですね。

「舌を出して踊るのは初めてでした(笑)」(櫻井さん)

映画『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント(櫻井香純)櫻井:このMVを観た方からは「舌が長い」と言われました(笑)。

曽我部:長いよね。どこまで出るんだろうっていうところで終わりますもんね(笑)。舌を出してというのは監督から言われていたの?

櫻井:言われていました。「ここで舌を出します」って。舌を出して踊るのは初めてでした(笑)。

川原:舌の芝居のことは櫻井さんも「どういう風に出るんだろう」とか、すごく気にしてくださって。自ら舌を出しているのでなくて、引っ張られていて、そっちに行きたくなるみたいなことにしたくて、「舌を出したくて出しているわけじゃないんです!」って満席の喫茶店で話しました(笑)。

曽我部:監督から「今回はこの方が出演します」って櫻井さんの写真が送られてきた時は、かわいらしい感じの作品になるのかと思っていたら、このMVになっていたので腰が抜けそうになりました。犬の散歩中に完成素材が送られてきたんだけど、間違ったものが送られてきたんじゃないかと思って何度か観直しましたよ(笑)。

川原:最初に返ってきたメールが「ヤバいです」という一文で、そのあとに「何かがヤバいです」って送られてきて(笑)。

曽我部:いいですね、というのでもないし。分からないもの、ということでもないんですよ。かといって、これがどういうものかも言えないし。でも、すごくズドンときました。

「自分でもよく分からない音楽を初めて作った」(曽我部さん)

川原:そんなサニーデイ・サービスの問題のニューアルバム「the CITY」が現在配信中ですが、すごいものが出てしまったなと僕は思っているんですけど。

映画『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント(曽我部恵一)曽我部:うーん。途中までこのアルバムは出さない方向だったんです。まとまらなくて無理だと思って。でも、ゲストに参加していただいていたので、それをボツにするのは難しいんですよね。ゲストがいなかったら多分出していない。だって、何か商品を売る時って、どういった商品なのかを把握して売るのが当たり前ですよね。お金をいただくわけですし。それなのに(この作品に関しては)よく分かっていないですから。これまでの作品は、自分としてはすごく満足のいくものだし、自分思い描くクオリティを満たしているということで出してきたんです。でも、今回ばかりは違います。

川原:じゃあ、人から感想をもらう時はドキドキするんじゃないですか?

曽我部:いや、何とも思わない。そもそも愛情がないというか、愛情を持つ前というか後というか。3、4年かけて作っていたので新鮮さも特にないし。だから感想をいただいても、「へー」という感じでちょっと客観的に聞いてしまうんです。

川原:ライブで演奏されている時はどういう感じなんですか?

曽我部:ライブではまあ1つの曲としてやっている感じですよね。アルバムは集合体の妙というのもあるので。

映画『寝てるときだけ、あいしてる。』トークイベント(曽我部恵一/川原康臣監督)川原:確かに集合体だなと思います。この曲を聴こうというよりは、頭から聴かないと何か気持ちが悪いというか。

曽我部:自分でもよく分からない音楽を初めて作った。僕はすごく平凡な人間なので、いつもはテストの85点くらいを目指して作るんですよ。90点も取れば「良く出来ました」ってハンコをもらえるわけじゃないですか。

川原:平凡って、おいおい(笑)。

曽我部:でも、今回のアルバムは0点なのか50点なのか分からない。本当にすみません。初めてこういう……天才的な? ピカソとか、ゴダールとか、天才はきっとこういう風に作品を作っていたのだろうというのが、ちょっと分かったような気がします(笑)。

川原:めちゃめちゃ嬉しそうに言うじゃないですか(笑)。ゴダールってそうなんですかね?

曽我部:いや、知らないですけど(笑)。でも、ゴダール作品って何点か分からないじゃないですか。

川原:そうですね(笑)。なんか、すごく意外な話が聞けました。

次のページへ続く>>>>>>

『寝てるときだけ、あいしてる。』▼『寝てるときだけ、あいしてる。』作品・公開情報
(2014年/日本/110分/DCP)
英題:Nozomi and Tomo
監督・脚本・撮影・編集:川原康臣
出演:前田多美、関口崇則、笠島智
衣裳:藪野麻矢 音楽:寝子
助監督:堀切基和、安川有果 撮影照明助手:米山舞
制作応援:今村悠輔、横山真哉
脚本協力:上原三由樹
宣伝デザイン:岡太地
グッズ・イラスト:にどみ
製作:MayFly  ©MayFly

『寝てるときだけ、あいしてる。』公式サイト

池袋シネマ・ロサにて、2018年3月31日(土)〜 4月6日(金)モーニングショー
 、4月7日(土)〜 4月13日(金)レイトショー上映
※現在は上映終了しています

関連記事:
『寝てるときだけ、あいしてる。』― トイカメラの映像に浮かび上がるいびつな愛の陰影

  • 2018年04月14日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2018/04/14/36275/trackback/