ピアノ伴奏で楽しむサイレント映画の夕べ『肉体と悪魔』 ― ハリウッドの「伝説」グレタ・ガルボの出世作に豊洲で酔う。

  • 2012年11月14日更新

「神聖ガルボ帝国」と讃えられた伝説の大女優は、この作品で「魔性の女」の魅力を世に知らしめた。

 初期のハリウッドを代表する大女優グレタ・ガルボ ― ハリウッドの「レジェンド」のひとりとも言える存在で、美しく神秘的な彼女を、日本のファンは「神聖ガルボ帝国」と呼んで讃えた。1905年にスウェーデンで生まれたガルボは、貧しい幼少期を送り、祖国で女優として活動したあと、1928年、モンタ・ベル監督の『イバニエスの激流』の公開でハリウッド・デビューを果たす。

 ただ、ガルボが一躍注目されるきっかけになった作品は、ハリウッド進出第2作にあたる『肉体と悪魔』(1926年製作・1929年公開)だ。クラレンス・ブラウン監督が、当時の二枚目スター、ジョン・ギルバートの相手役としてガルボを抜擢。彼女の役は、ふたりの男を翻弄する高貴な妖婦・フェリシタス ― 情熱的で気高くも狡猾な女を演じたガルボは、観る者に「魔性の女」の魅力を知らしめた。

肉体と悪魔 [DVD] 『肉体と悪魔』
1926/アメリカ/モノクロ/日本語字幕付き/サイレント/90分
原題:FLESH AND THE DEVIL
監督:クラレンス・ブラウン
出演:グレタ・ガルボ ジョン・ギルバート ラルス・ハンソン バーバラ・ケント ウィリアム・オーラモンド ジョージ・フォーセット マーク・マクダーモット

グレタ・ガルボの出世作を、ピアノの生伴奏付きで鑑賞できるチャンス。

 2012年の秋、この『肉体と悪魔』を、ピアノの生伴奏付きで鑑賞できる贅沢な機会がある。

▼ピアノ伴奏で楽しむサイレント映画の夕べ『肉体と悪魔』

日時:2012年11月16日(金) 19:15~21:10

場所:ユナイテッド・シネマ豊洲

上映作品:『肉体と悪魔』

ピアノ伴奏:サイレント映画ピアニスト 柳下美恵(左写真)

鑑賞料金:2,100円(要予約・定員250名) 

申込先:よみうりカルチャー事業本部(03-3642-4301に電話。または、こちらの予約フォームから)

ピアノ伴奏で楽しむサイレント映画の夕べ『肉体と悪魔』 公式インフォメーションページ
※詳しい申込方法等は、上記公式ページをご参照ください。

 サイレント映画ピアニストの第一人者・柳下美恵氏の生演奏でガルボの名作に酔えるのだから、稀有な一夜になることは必至。加えて、シネマ・コンプレックスにコンサート用のグランドピアノを設置しておこなわれるという、非常に珍しく貴重な公演でもある。ぜひ、この機会を逃さずに足を運んでいただきたい。

 グレタ・ガルボとジョン・ギルバートは、『肉体と悪魔』をきっかけに「初期ハリウッドの名コンビ」のひと組となり、『アンナ・カレニナ』(1927/エドマンド・グールディング監督)、『恋多き女』(1928/クラレンス・ブラウン監督)と共演作が続いた。私生活でも恋仲だったと言われているふたりだが、結婚には至っていない。ガルボは36歳で女優を引退し、その後は徹底して公の場に顔を出さなかった。生涯独身で、この世を去る84歳まで、ニューヨークでひっそりと暮らしていたとのことである。

文:香ん乃

▼過去の関連記事
「巨匠たちのサイレント映画時代2~清水宏の女性映画」―黄金週間は神保町で「ライヴ上映」を愉しみ尽くす。
東日本大震災 被災地復興支援シネマ「仙台ノスタルジア映画祭」―ギンレイ映画キャラバン隊、3月11日に始動。
日活向島と新派映画の時代展 『うき世』(1916年)上映会―早稲田大学の構内で、大正の無声映画をピアノ伴奏とともに。
映画の貴公子 ボリス・バルネット傑作選『帽子箱を持った少女』―旧ソビエトの巨匠の愛らしいコメディを、ピアノの生伴奏と共に。
トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012―日本初上映作、幻のフィルム、伝説の無声映画まで。北欧映画が渋谷に大集結!
代官山の宵をチャップリンと共に 第2夜―粋な空間で美味しい食事を味わいながら、サイレント映画を「ライヴ」で愉しむ。
巨匠たちのサイレント映画時代―神保町シアターのお正月特別興行で、無声映画をじっくりと。
第5回 聖なる夜の上映会 音楽と体感するサイレント映画 『東への道』―リリアン・ギッシュの名演を、荘厳な礼拝堂で味わう一夜。


  • 2012年11月14日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/11/14/nikutaitoakuma/trackback/