『ザ・レイド』 ― 生身の闘いにテンションMAX! インドネシアから超ド級アクション映画がやってきた!

  • 2012年10月29日更新

アクション映画の新たな金字塔……『ザ・レイド』!

 CGやVFX(Visual Effects=視覚効果)を多用したアクション大作が全盛ななか、全編102分中、85分が生身で繰り広げられるバトルシーンという、男気満載&気合い入りまくりの超ド級アクション映画『ザ・レイド』がインドネシアからやってきた!!

 第36回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞の受賞をはじめ、各国の映画祭で話題をさらい、全米では約900館規模の公開で大ヒットした本作。すでに続編の制作と、ハリウッドリメイクも決定し「10年に1本のアクション映画」との呼び声も高い注目作だ。

ぶっ飛びのアクションシーンに思わず「痛そう~!」

 インドネシア、ジャカルタのスラム街。麻薬王タマ・リヤディ(レイ・サヘタピー)が支配する30階建ての高層ビルは、ギャング、殺し屋、ドラッグの売人たちがたむろする魔窟と怖れられている。ある日の夜明け前、もうすぐ父親になる新人警官のラマ(イコ・ウワイス)を含む20人のSWATチームは、巡査部長のジャカ(ジョー・タスリム)の指揮のもと、そのビルに奇襲攻撃をかける……。

 銃撃戦、剣術、そしてインドネシアの伝統武術にして最強の格闘技といわれるプンチャック・シラットが炸裂し、スリルと興奮てんこ盛りのハイテンションな作品である。想像を軽く超えてくる、ぶっ飛びのアクションシーンはまさに必見! どこまでガチなの!? とハラハラしながらも、思わず「痛そう~!」と何度も叫びそうになる。リアルな迫力に、冒頭からラストまで釘付けになること間違いなしだ。

思わぬストーリー展開と、極悪キャラクター“マッド・ドッグ”にも注目。

 どこから襲ってくるか分からない無数の敵の攻撃に、次々と命を落としていくSWAT隊員たち。階を上がるごとに敵もまた強くなっていくなか、ひとり進んで行くラマは、途中で予想もしていなかった真実に出会う。アクションだけではなく、思わぬドラマが待ち受けているのも本作のおもしろさ。ストーリー展開とともに、それぞれのキャラクターも浮き彫りになっていく。

 そんな中でひときわカリスマ性を放つ強敵がいる。ヤヤン・ルヒアン演じるマッド・ドッグだ。その冷徹さ、非道な悪者っぷり、そして圧倒的な強さは、敵ながら思わずシビレてしまうほど。本作のファンのあいだでは、主人公のラマに負けないほどの人気を博したというのも頷ける。イコ、ヤヤンとも演技だけではなく、すべてのアクションのコレオグラフ(振り付け)を担当しているが、その格闘家としてのスキルの高さはハリウッドからも注目を浴び、ふたり揃ってハリウッドリメイク版ではコレオグラファーとしての参加が決定している。

 先日、本作のプロモーションで来日したイコとヤヤン、そしてギャレス・エヴァンス監督にはインタビューで本作制作の裏話をたっぷりと伺うことができた。作品とあわせ、そちらも是非チェックを!

▼『ザ・レイド』作品・上映情報
2011年/インドネシア/102分/R15+
原題: SERBUAN MAUT(英題:THE RAID:Redemption)
監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
出演:イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン、ジョー・タスリム、レイ・サヘタピーほか
音楽:マイク・シノダ(リンキン・パーク)、ジョセフ・トラバニーズ
配給:角川映画
コピーライト:© MMXI P.T. Merantau Films
『ザ・レイド』公式ホームページ 
※10月27日(土)より渋谷シネマライズ、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

文:min

▼過去の関連記事
『ザ・レイド』 ― ギャレス・エヴァンス監督,イコ・ウワイスさん,ヤヤン・ルヒアンさん インタビュー


  • 2012年10月29日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/10/29/theraid/trackback/