「20th アニバーサリー フランス映画祭」―記念すべき20回目を迎え、豪華ゲストも多数来日!

  • 2012年06月21日更新
 2012年6月21日(木)~24日(日)、有楽町朝日ホール及びTOHOシネマズ日劇(レイトショーのみ)にて、第20回フランス映画祭が開催される。アニバーサリーイヤーの今年は、恒例だった団長制がなくなり、新たな制度として“Les Filles du cinéma français”「フランス映画の女たち」がスタート。来日ゲストも過去最多となり、トークショーやサイン会など各種イベントが映画祭を華やかに盛り上げる。また、作品ラインナップも充実し、長編11作品、短編6作品(1プログラム)の計12プログラムを上映。第65回カンヌ国際映画祭に公式出品された未公開アニメーション『アーネストとセレスティーヌ』や昨年の東京国際映画祭でサクラグランプリを受賞した『最強のふたり』など、話題作が目白押しだ。フランスの旬の作品を堪能できるスペシャルな機会をお見逃しなく!

〈来日ゲスト〉過去最多! 総勢約20名のアーティストが来日予定

ルイーズ・ブルゴワン
(C)Cinema Cafe.net
ヴァレリー・ドンゼッリ
(C)uniFrance films
レア・フェネール
(C)Rozenn Quéré

 本年度は、フランス映画業界を代表する女性3人組“Les Filles du cinema francais”「フランス映画の女たち」が映画祭の顔になる。異端な行動やファッ ションが話題となり、一流ファッション誌の表誌を総なめしたリュック・ベッソンの秘蔵っ子、ルイーズ・ブルゴワン(『A Happy Event(仮)』主演)、女優であり、女流監督としても注目を集めているヴァレリー・ドンゼッリ(『わたしたちの宣戦布告』監督/出演)、ヴェネチア映画祭で大絶賛され、フランスで最も権威のある批評家賞、ルイ・デリュック賞を受賞した新人女流監督のレア・フェネール(『愛について、ある土曜日の面会室』監督)。この3名が、同じく女性であるユニフランス・フィルムズ代表・レジーヌ・アチョンドとともに記者会見や各種イベントに出演する。

 そのほか、昨年のフランス興行成績No.1『最強のふたり』のエリック・トレダノ監督など、20名近いアーティストが来日。各作品の上映後には、ゲストによるトークショーが予定されている。

ジェレミー・エルカイム
(C)uniFrance films
フィリップ・グランドリュー
(C)EPILEPTIC/2011
トメル・シスレー
(C)uniFrance films

来日予定ゲスト
・『わたしたちの宣戦布告』
監督・主演:ヴァレリー・ドンゼッリ、主演:ジェレミー・エルカイム
・『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』
監督:フィリップ・グランドリュー
・『最強のふたり』
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
・『リヴィッド』
監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
・『そして友よ、静かに死ね』
出演:ディミトリー・ストロージュ
・『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』
出演:メルヴィル・プポー
・『スリープレス・ナイト』
監督:フレデリック・ジャルダン、主演:トメル・シスレー
・『愛について、ある土曜日の面会室』
監督:レア・フェネール
・『A Happy Event (仮)』
主演:ルイーズ・ブルゴワン

『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう
/足立正生』
『アーネストとセレスティーヌ』

〈上映作品〉12プログラム17作品からなる充実したラインナップ

長編11作品
『最強のふたり』(ドラマ)
2011年フランス興行成績No.1。社会現象を巻き起こした感動の実話。沸き起こる拍手に暖かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動作。
『わたしたちの宣戦布告』(ドラマ)
一組のカップル、ロメオとジュリエット。二人の子ども、アダム。闘い、病。なによりもそれは壮大なラブストーリー。
『A HAPPY EVENT(仮)』(ドラマ)
『アデル/ファラオと復活の秘薬』のルイーズ・ブルゴワン主演。誰も語りたがらない妊娠と出産についての女性の本音を描いた女性の為のリアルドラマ。
『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』(ドキュメンタリー)
世界の映画祭で特集上映が組まれ、常に”愛”について追求を続けるフィリップ・グランドリューと足立正生によるコラボレーション作品。
『プレイヤー』(ドラマ)
フランス本国で大ヒット!  『アーティスト』で世界中を虜にしたジャン・デュジャルダンがセクシーに魅せる、ちょっぴりオトナの恋愛ゲーム。
『リヴィット』(ホラー)
世界を震撼させた衝撃作『屋敷女』から5年。ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロが贈る未体験の絶叫恐怖世界。
『そして友よ、静かに死ね』(サスペンス・ドラマ)
『あるいは裏切りという名の犬』のオリヴィエ・マルシャル監督最新作! 70年代フランスに実在したギャングの友情と裏切りを描いた薫り高いフィルムノワール。
『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』(ドラマ)
19世紀ポルトガルの人気小説を名匠ラウル・ルイスが完全映画化! “愛”と“真実”についての4時間半におよぶ、壮大なる物語。
『スリープレス・ナイト』(アクション)
トロント映画祭で絶賛を浴び、ハリウッド・リメイクも決定! 世界中の映画ファンを熱狂させた傑作ノンストップ・アクション!!
『愛について、ある土曜日の面会室』(ドラマ)
ヴェネチア映画祭で絶賛され、ルイ・デリュック賞新人監督賞を受賞した、女性監督レア・フェネールの鮮烈なデビュー作。
『アーネストとセレスティーヌ』(アニメーション)
大きなクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌは、出会ったときから一心同体!
ふたりで楽しい冒険旅行に出る。

短編6作品

『ビンぞこメガネ』
近眼のアルノーが格好悪いメガネを外すと、そこにはモンスターや一角獣などが現れては消える変化自在な世界が広がる……。数々の映画祭で賞を獲得した、ファンタスティックなアニメーション作品。
『宇宙からの巨大怪物の襲撃』
1950年代のアメリカ。小さな町に巨大な宇宙人が出現、次々に住民を襲う。若いカップルと科学者が、エイリアン退治に立ち上がるが……。ミュージカルとホラー、カラーと白黒のパートを見事にミックスした個性的な一本。
『ラスト・ワゴン』
とある建築現場で働く年寄りと若者と移民の3人組。そこに、社長の使いが予告なしにやってくる。おそろしい相手だ。クビをかけて、3人は彼と対峙する。西部劇の意匠をかりた、現代の労働状況をめぐる寓意劇。
『踏切警手』
世間から忘れられたある線路の踏切警手を務めるおばあさん。彼女は一頭の牛とともに暮らしていた。独り暮らしの寂しさを、可愛い牛とバイオリンで紛らわせていたが、あるとき、通過する列車を止めようと思い立つ……。
『人間運送』
フランクの家族は、一家で運送業を営んでいる。ダンボール箱とテープをこよなく愛し、仕事に誇りを抱く彼ら。ところがある日、フランクはもっとひとの役に立つことを始めようと決心し、以後、普通の荷物を持つことをやめる……。
『近日公開』
アンナと出逢ったとき、フレッドの人生は恋愛映画そのものになった。ところが人里離れた新居は幽霊に取り憑かれ、いつのまにかそれはホラー映画に。もしも人生が予告編の連続だったとしたら?

▼「20thアニバーサリー フランス映画祭」開催情報
開催期間:2012年6月21日(木)~6月24日(日)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇<レイトショーのみ>
「20thアニバーサリー フランス映画祭」公式ホームページ
※イベントやスケジュールの詳細は公式ホームページをご参照ください。

文:吉永くま

▼過去の関連記事
フランス映画祭 2011―リュック・ベッソン団長ほか来日映画人の、「今」の日本への想い。
フランス映画祭 2011―リュック・ベッソン団長のもと、13プログラムが集結!
レッドカーペット写真館「フランス映画祭2010」
『旅立ち』カトリーヌ・コルシニ監督に単独インタビュー「フランス映画祭2010」
ジェーン・バーキン、バーキン持って登場「フランス映画祭2010」
フランス映画祭2010


  • 2012年06月21日更新
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/06/21/feigasai/trackback/