目黒シネマで至福の2本立て!―『シーサイドモーテル』&『ニューヨーク,アイラブユー』

  • 2010年09月11日更新

東京・JR目黒駅の西口から、大鳥神社の方面へと抜ける権之助坂。飲食店や雑貨店が軒を連ねるこの坂に、名画座・目黒シネマはあります。

常に2本立ての興業で映画ファンを喜ばせてくれるこの映画館が現在の名称になったのは、1975年。それ以前の館名だった時代も含めると、優に35年以上の歴史があります。

まさに、「映画ファンのオアシス」そのものといえる目黒シネマ。至福を味わえること、うけあいのこの名画座で上映される作品を、定期的にご紹介していきます。

シーサイドモーテル [DVD]

2010年9月11日(土)~9月24日(金)の2週間は、「人間関係を観察するなら、この作品!」と太鼓判を捺したくなる、日本映画と外国映画の佳作が上映されます。日本からは『シーサイドモーテル』、アメリカ&フランスからは『ニューヨーク,アイラブユー』という布陣。

生田斗真主演の『シーサイドモーテル』は、さびれたモーテルを舞台に繰り広げられる、男女11人のコメディ・ドラマ。インチキな化粧品を売っているセールスマン、多額の借金を踏み倒したギャンブル中毒の男、潔癖症のキャバクラ嬢などなど、ワケアリだらけの登場人物たちが織りなす人間模様を、存分に笑わせていただきながら、じっくりと見つめることに致しましょう。

▼『シーサイドモーテル』作品情報
日本/2010年/103分
監督:守屋健太郎
出演:生田斗真 麻生久美子 山田孝之 玉山鉄二 成海璃子 他
配給:アスミック・エース
コピーライト:(C)2010シーサイドモーテル製作委員会
『シーサイドモーテル』公式サイト
改行
ニューヨーク, アイラブユー [DVD]

『ニューヨーク,アイラブユー』は、『パリ、ジュテーム』を手がけたプロデューサーのエマニュエル・ベンビイが「都市」をテーマに描くオムニバス映画の第2弾。今回の舞台は、アメリカの大都市・ニューヨークです。

大都市につきもののひとつは、新たな「出逢い」 ― 国際的に活躍する10名の監督が、それぞれの愛の物語を描いたこの作品は、喩えるなら10種のゴージャスなアペタイザー。10編のストーリーがどのようなメイン・ディッシュにつながっていくのか、その作業を観る者それぞれが頭の中でおこなうことこそ愉悦というものです。

この作品で愛を描いた10名は、日本の岩井俊二監督、知性豊かな女優として今さら説明不要のナタリー・ポートマン監督、『僕の妻はシャルロット・ゲンズブール』のイヴァン・アタル監督、『愛より強く』の「衝撃的」では収まらない恋愛描写が鮮烈だったファティ・アキン監督、俳優としても活躍しているチアン・ウェン監督、インドの巨匠ミーラー・ナーイル監督、『フロム・ヘル』のアレン・ヒューズ監督、ハリウッドのヒット・メーカーのひとりブレット・ラトナー監督、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のシェカール・カプール監督、『そして、ひと粒のひかり』でコロンビアの麻薬問題を赤裸々に描いたジョシュア・マーストン監督 ― いずれの監督が紡ぐ作品も、せつないほどに優しいのです。

この名匠たちの長編をまだご覧になっていないとしたら、『ニューヨーク,アイラブユー』は素晴らしい予習ともなってくれます。10編の珠玉の短編を観終えたあとには、この作品に参加した監督たちが関わった作品を観たくてたまらない衝動にかられることでしょう。

▼『ニューヨーク,アイラブユー』作品情報
アメリカ・フランス/2008年/103分
製作:エマニュエル・ベンビイ
出演:ヘイデン・クリステンセン オーランド・ブルーム クリスティーナ・リッチ ロビン・ライト・ペン 他
配給:IMJエンタテインメント=マジックアワー
コピーライト:(C)NY5,LLC-All Rights Reserved.
『ニューヨーク,アイラブユー』公式サイト

《映画関連書籍貸出サービス》
目黒シネマでは、映画ファンには嬉しいサービスをおこなっています。なんと、館内にずらりと並んでいる「映画関連書籍の貸出サービス」! 簡単な手続きをおこなえば、ご希望の書籍を1ヶ月レンタルすることができるのです(一度にひとり3冊まで)。ぜひ劇場に足を運んで、このサービスの恩恵を享けてくださいね。

▼目黒シネマ
住所:東京都品川区上大崎2-24-15 目黒西口ビル地下1階
TEL:03-3491-2557
目黒シネマ・公式サイト
※入場料金、タイム・スケジュール等は、上記公式サイトをご参照ください。
【地図】

大きな地図で見る

文:香ん乃
改行

  • 2010年09月11日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/09/11/9748/trackback/