年月の記事

『第28回東京国際映画祭』- アジア最大の映画の祭典、今年の注目は日本のチカラ

第28回東京国際映画祭が10月22日よりスタート。今年のミニシアの注目ポイントは「世界に注目されるべき日本」だ。コンペティション部門では11年ぶりに日本映画3作品が出品される。世界から集められたよりすぐりの作品とともに、日本映画を見れば、日本映画のチカラをより強く実感するはず。また、今年は新たたに「Japan Now」部門が新設され、今観るべき日本作品16作品を世界に向けて発信する。世界の人々に観てもらいたい日本の美意識、日本の文化と魅力を日本人としてあらためて発見できるかもしれない。この他にも歌舞伎座での特別上映、ガンダム”を語るうえでは欠かせないクリエイター陣を迎えたトークショーなど、スクリーンだけではない映画祭の楽しみ方も満載。ミニシアおすすめの作品とイベントをたっぷりとご紹介します。©2015「FOUJITA」製作委員会/ユーロワイド・フィルム・プロダクション

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』〜人生を謳歌してきた男が、なぜたった一人でヒトラー暗殺を決行したのか?〜

1939年ヒトラー暗殺未遂事件が勃発。被疑者として逮捕されたのは所属政党もない36歳の家具職人ゲオルク・エルザー。当時の圧倒的なヒトラー政権に、孤立無援でひっそりと抗う彼の真実とは…?数々のヒトラー暗殺事件の中でも特異性を放つ、ゲオルク・エルザーによる実在のヒトラー暗殺未遂事件を徹底的にリサーチし、謎に満ちたその人生を解き明かす物語。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督(『es [エス]』『ヒトラー ~最期の12日間~』)による人間の心理を深く掘り下げた目線と俳優たちの豊かな演技に心揺さぶられる感動作!
10月16日(金) TOHOシネマズ シャンテ、シネマライズ他全国順次公開
(c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG (c)Bernd Schuller

『ブラジル・バン・バン・バン:ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ 〜ジャイルス・ピーターソンとパフェクトビートを探しもとめて〜』

ロンドンを拠点に、世界的なクラブ/ラジオDJとして絶大な人気を誇るジャイルス・ピーターソンがリオデジャネイロへと赴き、現地の音楽家たちとチームを組んだプロジェクトアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』を制作。カメラはその過程を捉えると共に、ブラジル音楽の魅力とルーツに迫っていく。国民的歌手のエルザ・ソアレス、ブラジル音楽界のキープレイヤーであるマルコス・ヴァーリ、巨匠パーカッショニストのママ・ヴァスコンセロスなどの伝説的人物が顔を揃えるセッション風景は必見! 10月9日(金)より、渋谷アップリンクにて公開