最新作品情報

専属ライターによるミニシアターが楽しくなるレビュー。上映スケジュールも素早くチェック!

4月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2021年4月短評メイン画像4月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今月は個性豊かな13作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】2日(金)公開『僕が跳びはねる理由』、3日(土)公開『グッドバイ』『緑の牢獄』『ブータン 山の教室』、9日(金)公開『ザ・バッド・ガイズ』『街の上で』『アンモナイトの目覚め』『ハウス・イン・ザ・フィールズ』『ドリームランド』『パーム・スプリングス』、16日(金)『約束の宇宙(そら)』公開、23日(金)公開『SNS-少女たちの10日間-』、24日(土)『ハイゼ家 百年』

>> 作品レビュー・上映館情報

(03月30日更新)

3月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

2021年3月短評メイン画像3月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! イタリア発の大ヒットコメディ、「A24」が手がける話題の新作、イーサン・ホーク主演で描く天才発明家の伝記映画……などなど、話題の9作が登場! あなたが気になるのは、どの映画!?【LINE UP】5日(金)公開『野球少女』、12日(金)公開『フィールズ・グッド・マン』『ワン・モア・ライフ!』、19日(金)公開『ミナリ』、20日(土)公開『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』『コントラ KONTORA』、26日(金)公開『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』『テスラ エジソンが恐れた天才』『水を抱く女』

>> 作品レビュー・上映館情報

(02月27日更新)

「WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう」— 2月18日(木)渋谷ユーロライブで松本動監督の7作品を一挙上映するスペシャルイベント開催!

松本動監督特集上映『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』チラシ表全世界累計139の映画祭でグランプリ11冠を含む50冠を獲得するなど、快進撃を続ける松本動(まつもと・ゆるぐ)監督。そんな松本監督の作品群を一挙に上映するファン待望のイベント「WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう」が、2021年2月18日(木)に渋谷の【ユーロライブ】にて開催される。

>> 作品レビュー・上映館情報

(02月05日更新)

イベントレポート

映画祭、舞台挨拶、映画に関するイベントをライター独自の視点で取材。豊富な画像でお楽しみください。

『眠る虫』舞台挨拶レポート— 初日完売の幕開けに、金子由里奈監督と主演・松浦りょうが感激! ベテラン俳優、五頭岳夫のお茶目なトークも炸裂!

映画『眠る虫』の公開初日舞台挨拶が2020年9月5日(土)に東京・中野区のポレポレ東中野で行われ、金子由里奈監督と、主人公の佳那子を好演した松浦りょうが上映後の舞台挨拶に登場した。さらに、二人の応援に駆け付けたベテラン俳優の五頭岳夫も急遽ステージに上がり、ちょっぴり緊張気味の二人を軽妙なトークでリードしながら会場を盛り上げた。

>> このイベントレポートの続きを見る

(09月07日更新)

『横須賀綺譚』満席スタート!初日舞台挨拶に大塚信一監督としじみ、川瀬陽太、湯舟すぴか、長屋和彰らキャストが登壇

2020年7月11日(土)、新宿K’scinemaにて映画『横須賀綺譚』の初日舞台挨拶が行われ、大塚信一監督とヒロイン役のしじみ、共演の川瀬陽太、湯舟すぴか、長屋和彰が登壇した。新型コロナウイルスの影響も懸念されるなか満席のスタートとなり、登壇者たちは感謝と作品への熱い思いを観客たちに語った。本作は、現在新宿K’scinemaほか全国順次公開中。今後もゲストを呼んだトークイベントを予定しているほか、特別動画のQRコード付きパンフレットの販売やSNSキャンペーンなども予定されているという。

>> このイベントレポートの続きを見る

(07月12日更新)

フォト&動画ギャラリー

選りすぐりの動画&画像をご紹介します!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日会見

2019年8月26日に都内で行われた、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、シャノン・マッキントッシュ(プロデューサー) 来日記者会見より。レポート全 […]

2019年8月26日に都内で行われた、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、シャノン・マッキントッシュ(プロデューサー) 来日記者会見より。レポート全文はこちらへ。(動画:鈴木友里

>> このフォトギャラリーを見る

(10月09日更新)

インタビュー

ミニシアターを愛する映画人の声をお届け。

これは、愛の映画 。—『ひとくず』上西雄大監督インタビュー

映画『ひとくず』上西雄大監督インタビュー ロングランヒット中&1月9日(土)より渋谷のユーロスペースにて再上映される『ひとくず』の上西雄大監督にインタビュー! 虐待を受けて育った少女と、子どもの愛し方を知らない母親。そんな二人の家に空巣に入った破綻者の男。奇妙な出会いから不器用に愛を紡ぎ、やがて家族となっていく三人の姿が世界中の映画祭で絶賛された本作。新型コロナウイルスの影響で一度は上映中止を余儀なくされたものの、作品を観た人々からの声援を受けて上映が再開されると、上映延長やリバイバル上映が次々と決まり、リピーターが何度も劇場へ足を運ぶ “おいくず” なる現象も生み出した。幼児虐待という重厚なテーマを扱いながら、劇映画としての魅力にもあふれる感動作はどのように生まれたのか? 主演・脚本・編集・プロデュースも自身で務めた上西監督に作品に込めた強い思いと撮影の舞台裏を聞いた。

>> このインタビューを見る

(01月08日更新)

コラム&トピックス

『ミニシアターに行こう。』独自の切り口の特別企画。ミニシアター映画作品、監督、俳優の新たな魅力が満載!

「映画ってかっこいい!」を目指して―『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督

2019年の東京国際映画祭をはじめ、海外のさまざまな映画祭で評判を呼んだ話題作が、いよいよ劇場公開される。2020年12月4日封切りの『ミセス・ノイズィ』は、本来なら5月にお目見えする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で半年もの延期を余儀なくされた。天野千尋監督は、構想から撮影まで3年を費やした執念の作品の晴れてのお披露目に「どう感じてもらえるか、緊張しかないですね」と気を引き締める。【取材・撮影:藤井克郎】

>> このコラムの続きを見る

(12月03日更新)

夢は世界の懸け橋に! 期待の逸材、円井わんインタビュー

将来が大いに楽しみな映画界の逸材が現れた。円井わん、22歳。2020年11月13日(金)公開の『タイトル、拒絶』(山田佳奈監督)に続いて、2021年には初主演映画『コントラ-KONTORA』(アンシュル・チョウハン監督)が控えるなど、次々と出演作が決まっている有望株だ。コロナ禍での自粛期間中は、自ら企画してリモートドラマ『コウキの雨鳴き-About Kouki-』を配信と、創造性の発揮にも意欲を見せる。夢は大きく「海外進出」と明言する期待の新星の素顔に迫った。【取材・撮影:藤井克郎 スタイリスト:石垣陽輔(Gakky)】

>> このコラムの続きを見る

(11月13日更新)

ミニシアター検索

ミニシアターのアクセス・上映作品・スケジュールをチェック!お得なキャンペーン情報も。