『JUST ANOTHER』予告編解禁!— 今池ハードコアは死なず! 日本を代表するパンクバンド「the 原爆オナニーズ」初のドキュメンタリー映画!

  • 2020年08月28日更新

なぜ、それでも彼らはやり続けるのか——
これまで語られることのなかったバンド内部の真実が明かされる!

今年 2020 年で結成38 年を迎えた、日本を代表するパンクバンド《the 原爆オナニーズ》。
彼らのキャリア初のドキュメンタリー映画となる『JUST ANOTHER』が、2020年9月18 日(金)より名古屋シネマテークにて先行上映、10 月 24 日(土)より新宿 K’s cinema ほかにて劇場公開されることが決定し、このたび待望の予告編映像が解禁された。

待望の予告編、ついに解禁!!!!!!!!

本編、予告編ともにメガホンを執ったのは、谷ぐち順 氏が主宰するインディーズレーベル「Less Than TV」に肉薄したドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』(2017)で映画監督デビューを飾った大石規湖監督。
“今池祭り“の映像から始まり、トヨロック、消毒 GIG と疾走する映像は、コロナ禍でライブハウスが恋しい音楽ファンに、ひと時の熱狂をもたらすだろう。

《the 原爆オナニーズ》とは? 『JUST ANOTHER』ってどんな映画?

2020 年で結成 38 年を迎える《the 原爆オナニーズ》は、愛知を拠点に活動をし続けている、パンクロックバンド。日本が世界に誇る現役キャリア最長のパンクバンドであり、メンバーには中村達也や横山健が在籍したことでも知られている。インパクト絶大のバンド名は「このバンド名に嫌悪感などの反応を持ち、核・反戦について問題提起ができれば良い」との思いがこめられている。

彼らのキャリア初となるドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』は、これまで語られることのなかったバンド内部の真実が本人たちによって明かされる。

『MOTHERFUCKER』(2017)で映画監督デビューを果たした大石規湖は、 2018年9月に名古屋千種区の “今池まつり” で彼らのライブを目撃し、活動を記録することを決断した。日頃から若いバンドが音楽と生活の両立に苦しむ姿を目の当たりにしている彼女には、地元にこだわり、仕事を持ちながら、60 歳を過ぎた今も精力的な彼らに興味が湧いたのだという。

密着を続けると次第に浮き彫りになってきたのは、メンバー同士では決して口に出さない互いへの 揺るぎない信頼、バンドと言う奇跡のバランス、そこにしか存在しない唯一無二の正義——バンドの内部でしか知る由も無い事実だった。そして、なぜ彼らが 40 年にわたりパンクロックを続けられるのか、その理由が少しだけ分かってくる。さまざまな困難に見舞われているいま、観る者に「それでもやり続ける力」を与えてくれる作品だ。

メッセージ —— 映画公開に向けて

“今池ハードコアは死なず”

自分で言うのもなんだけど、愛知&名古屋って不思議なエリアだよね。
”ハードコア”が、ごく一般的に認知されているんだから。
新型感染症を乗り越えるため今池商店街の心意気は、“今池ハードコアは死なず”。
the 原爆オナニーズの地域に密着した日々を覗いてください。

— TAYLOW/the 原爆オナニーズ


自分たちの場所で、仲間、家族と、
自分たちの時間軸で続けている人たちが一番強い、と感じながら作った映画です。
この映画はコロナ禍になる前に完成したものですが、その気持ちは今でも変わりません。
そんな人たちの “日常” が続いていってほしいという想いをこめて。
そして映画を通してライブを体感してほしいです。是非観てください!

— 大石規湖 監督

作品・公開情報

▼『JUST ANOTHER』
(2020 年/90 分/日本)
企画・制作・撮影・編集・監督:大石規湖
宣材写真:菊池茂夫
出演:the 原爆オナニーズ <TAYLOW、EDDIE、JOHNNY、SHINOBU>
JOJO 広重、DJ ISHIKAWA、森田裕、黒崎栄介、リンコ ほか
ライブ出演:eastern youth、GAUZE、GASOLINE、Killerpass、THE GUAYS、横山健
配給:SPACE SHOWER FILMS
©2020 SPACE SHOWER FILMS

『JUST ANOTHER』公式サイト

※2020年9月18 日(金)より名古屋シネマテークにて先行上映、10月24日(土)より新宿 K’s cinema ほかにて公開!以降、全国順次公開

 

(編集:min)

  • 2020年08月28日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2020/08/28/the/trackback/