2月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

  • 2019年02月01日更新

2月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! あなたが気になるのは、どの映画!?

LINE UP
2/1(金)公開 『バーニング 劇場版
2/2(土)公開 『ともしび
2/22(金)公開 『あなたはまだ帰ってこない』『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-


『バーニング 劇場版』

心が激震せずにいられないイ・チャンドンの仕掛けるアイロニー

映画『バーニング 劇場版』メイン画像第71回カンヌ国際映画祭のスクリーンデイリー(コンペディション部門の招待作評点)で歴代最高評価を獲得した、韓国の巨匠イ・チャンドン監督の8年ぶりの新作。村上春樹の小説「納屋を焼く」を原作に、設定以外の物語を大胆にアレンジして、終始緊張感の漂う衝撃的なミステリーとして映画化した。現代を生きる若者たちが抱える社会や人生への絶望感と無力感に共感を覚え、静かに打ちのめされながら、圧倒的な映像美を讃える夕闇のシーンでは、世界の美しさに思いを馳せる。イ・チャンドンの仕掛けるアイロニーには、いつも心が激震せずにいられない。たわいもない日常のなかで積もっていく感情のひずみを繊細に表現した、ユ・アイン、スティーブン・ユァン、チョン・ジョンソら主要キャスト3人の演技もすばらしい。衝撃的なラストにあなたは何を思うだろうか?(min)

2019年2月1日(金)より全国公開 公式サイト 予告編動画
(2018年/韓国/148 分/PG-12)
監督:イ・チャンドン  原題:Burning 原作:村上春樹「蛍・納屋を焼く・その他の短編」(新潮文庫) 出演:ユ・アイン、スティーブン・ユァン、チョン・ジョンソ 配給:ツイン  ©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved


『ともしび』

老いと孤独と絶望の先にある一筋の光

映画『ともしび』画像夫とともにベルギーの小都市で慎ましく暮らしてきたアンナ。だが夫が犯した罪により、築き上げてきたものをひとつひとつ失っていく。人生の晩年にさしかかった彼女は、やがて追い詰められて心も体も疲れ果ててしまう。たえず“終焉”を予感させるようなアンナのうつろな目に、光が再び宿る日はくるのか。その物憂げな表情は「これまでの自分の人生は何だったのだろう」という虚しさに満ちているが、これは救いの物語でもある。S・ランプリングは本作で2017年ヴェネチア国際映画祭主演女優賞を受賞。やはり彼女には陰のある役がよく似合う。(吉永くま)

2019年2月2日(土)より全国順次公開 公式サイト 予告編動画
(2017年/フランス・イタリア・ベルギー/93分)原題:Hannah 監督:アンドレア・パラオロ 出演:シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルム、ステファニー・ヴァン・ヴィーヴほか 配給:彩プロ 2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films


『あなたはまだ帰ってこない』

ナチスに連行された夫の帰り待つ妻の愛と葛藤

映画『あなたはまだ帰ってこない』メイン画像

「ラ・マン/愛人」の作家、M・デュラスの「苦悩」を映画化。1944年パリ、マルグリットの夫ロベールは、レジスタンス活動をしていたために、突然ゲシュタポに連れ去られる。夫の帰りを祈りながら待ち続けるマルグリット。その間彼女は、ヴィシー政権の手先の男に誘惑され、愛人でもある仲間の男に支えられる。果たして夫は彼女のもとに帰ってくるのだろうか。マルグリットは聖女ではないが、彼女の苦悩や不安は偽りのものではない。愛を綺麗事として語るほうが不自然なのかもしれない。劇中、駅のプラットフォームのシーンでは、帰還兵を待つ家族の歓声とため息が混ざり合う。この象徴的な光景には、やはり胸が締め付けられる。(吉永くま)

2019年2月22日(金)より全国順次公開 公式サイト
(2017年/フランス・ベルギー・スイス/126分)原題:La Douleur 監督・脚本:エマニュエル・フィンケル 出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメル、バンジャマン・ビオレほか 配給:ハーク ©2017 LES FILMS DU POISSON – CINEFRANCE – FRANCE 3 CINEMA – VERSUS PRODUCTION – NEED PRODUCTIONS


『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-

内なる葛藤から一歩踏み出し、光をみつける

映画『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』メイン画像自分の性に違和感を感じながら、周囲の人々に理解されることなく孤独を抱えて生きる青年・ユリシーズの成長と旅立ちを、ミュージカルの要素を取り入れて描く人間ドラマ。偏見のない仲間たちと気兼ねなく過ごし、ダンスコンテストの練習場でもある“サタデーチャーチ”を通して、LGBTの人々の真実に迫る。監督は、本作が長編映画デビュー作のデイモン・カーダシス。“サタデーチャーチ”でボランティア活動をしていた経験から、綿密なリサーチを重ねて映画化し、海外映画祭で18の賞にノミネートされ、14冠に輝く快挙を成し遂げた。マイノリティとして生き辛さを感じているすべての人々に、内なる葛藤から一歩踏み出し、光を見つけるきっかけを与えてくれるような温かな作品。本作で初主演を飾った新進俳優ルカ・カインも要注目だ。(min)

2019年2月22日(金)より全国公開 公式サイト 予告編動画
(2017年/アメリカ/82分/PG-12) 原題:Saturday Church 監督・脚本:デイモン・カルダシス 出演:ルカ・カイン、マーゴット・ビンガム、レジーナ・テイラー、MJ・ロドリゲス、インドゥヤ・ムーア ほか 配給:キノフィルムズ © 2016 Saturday Church Holding LLC ALL rights reserved.

ページトップへ戻る

  • 2019年02月01日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/2-new-movies-in-theaters/trackback/