【スクリーンの女神たち】『かぞくあわせ』『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』小島彩乃さんインタビュー(2ページ目)

  • 2019年09月11日更新

<<<1ページ目から読む

『小世界』『誰もいない部屋』— あえて作品をジャンル分けするなら、“田口敬太”

— 『かぞくあわせ』のあとは、9月21日から特集上映『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』も始まりますね。こちらは、田口敬太監督の『小世界』と『誰もいない部屋』にご出演されています。この2作は、私もまだ拝見していないのですが、どんな作品でしょうか?

小島:『小世界』には、2シーンしか出演していませんが、この作品が田口監督との最初の作品になります。『誰もいない部屋』はメインキャストを演じさせていただきましたが、どちらも独特な作品といいますか……うまく説明ができないんですよ(笑)。

— ざっくり、ジャンルで言うと?

小島:ジャンルも何と言えばいいのか……あえて言うなら「田口敬太」かな(笑)。

— おおっ!ジャンルは「田口敬太」! 名言っぽい(笑)。

小島:独特の感性を持っていらっしゃる監督で、『小世界』は実際に演じながら「こういう作品になるのかな」というのがあったんですけど、できあがった作品が想像していたものと全く違っていて、すごく驚いたんです。『誰もいない部屋』は同棲しているカップルのお話で、2部構成になっているんですが、前半は私が演じる彼女の視点、後半は彼の視点から描かれています。

— なるほど。どんな作品かは、映画館で観てのお楽しみですね! 田口組の現場は、小島さんにとってどんな場所ですか?

小島:その場で生まれる感情を大切にする監督で、役者に委ねてくださる部分も多いですし、そこはすごくやりやすいです。でも、「これはいい」「これはダメ」というこだわりが明確にあって、その部分に対してはとても厳しいですが、そこがすごく信頼できます。あと、どんなに現場がバタバタしていても、ケータリングで皆においしいご飯を食べさせてくれます(笑)。田口監督の作品には、何かに迷っている人たちが登場しますが、それぞれに悩みながらも、自分の道をしっかりと選んで前に進んでいく強さが描かれていて、私は、そこがすごく好きなんです。

自意識をこじらせていた学生時代

— 子どものころから、女優さんに憧れていたんですか?

小島:いえ、全然興味がなくて(笑)。でも、祖母が沢田研二さんのファンで、舞台公演に連れて行ってくれたり、母も音楽やお芝居が大好きな人で、幼いころからコンサートや舞台にはよく連れて行ってもらっていました。

— ある意味、英才教育じゃないですか。自然とそういう世界に憧れそうですけど。

小島:母は歌手のカルロス・トシキさんの大ファンで、8歳くらいのころから、一緒にコンサートに行っていたんですが、子ども連れで目立っていたのか、自然と顔を覚えてもらって。楽屋に遊びに行かせてもらえるくらい、ご本人やスタッフさんにもかわいがっていただいたんです。そのうちに、カルロスさんのマネージャーさんから「うちの事務所で子役をやってみない?」と声をかけていただいたこともあったんですけど。当時はピンときていなくて。それと、あまり目立つような行動はしたくなくて……。

— 幼いころから自然と人目を引くかわいさだったんですね。でも、目立ちたくないっていうのは、なぜ?

小島:母がとてもおしゃれな人だったので、私にも、常にかわいい洋服を着せてくれていたんです。でも、そうすると子ども同士のあいだでは少し浮いてしまって……。何となく疎外感を感じたりすることがあって。だから、できるだけ変に目立たないように、浮かないようにって、子どものころから意識するようになっていました。今思えば、気にし過ぎだったとは思うんですが……。

— 子どもの世界って、そういう空気がありますよね……。仲間外れになることを、異様に怖がったり。そんな小島さんがお芝居を始められたのはいつだったのですか?

小島:中学で演劇部に入部したんです。中高一貫の女子校だったので、宝塚みたいに女役と男役にまず分かれるんですけど、女役の衣装がすごくかわいくて、単純にそれを着てみたくて(笑)。でも、なぜか男役を希望してしまって……。

— 小島さんが女子校で男役をやったら、それこそ目立ってしまいそうですが(笑)。

小島:全然です。男役といっても大人数いますし、私は演技も下手で落ちこぼれでした。でも、中二になったときに、「やっぱり、ドレスが着たい!」って突然、転向を表明したんです(笑)。

— おお、突然、何があった(笑)!?

小島:本当は、女の子として、いつも堂々としていたかったんだと思います。でも、素直にそれができなくなっていて……。でも、あるとき急に、「もういいや!」って(笑)。

― 突き抜けた瞬間ですね(笑)。中学生くらいって、自意識が変な方向に育ったりするんですよね。あったなー、そういうの……(遠い目)。

小島:そうなんです。今思えば、完全に、こじらせていました(笑)。

「ハイウェイ・スター」は、叩いていて最高に気持ち良い!?

— お芝居でプロを目指したのは、いつごろですか?

小島:大学でも演劇サークルに所属したんですけど、ほかのお芝居も観たいと思って、いろいろな劇団を観て回るうちに、小劇場にハマってしまって。時間があれば通い詰めていました。自分ももっとお芝居に出たいという気持ちが高まっていたころ、道で芸能事務所からスカウトされて。劇場に通う資金を稼げるかも? くらいの気持ちで興味をもったんです。声をかけてくださった事務所には結局入りませんでしたが、カルロスさんのマネージャーさんとは親交が続いていたので、そちらにお世話になることになって。18歳で事務所に入って、21歳で初めてドラマに出演しました。

— そこから、舞台や映画、映像と幅広くご活動されていますが、女優を続けている一番の理由は何ですか?

小島:ありきたりな理由に聞こえるかも知れませんが、自分が演じることで、誰かを感動させることができたらステキだなと思うんです。元気が出たり、胸が苦しくなったり、笑ったり、いろいろな感情があるけど、少しでも誰かの心を震わせることができたら、こんなに幸せなことはないと思っています。それは、演劇をはじめたころから、自分のなかに自然と芽生えた目標なんです。

— とてもステキな理由ですね。お忙しい日々のなかで、リラックス方法は何ですか?

小島:動物系の動画にハマっています。それをのんびり観ることかな。

— 動物の動画! かわいい(笑)。どんなのですか?

小島:犬のノミ取り動画とか……。

— …………ん? ノミ!?

小島:はい。昔、犬を飼っていたのもあって、犬が好きなんです。

— ああ、なるほど! ワンちゃんが好きで。

小島:あとは、蛇が脱皮する動画とか、大量のうずらがエサを目がけて走っていくのとか……。

— ……えーと、なんだろ、思っていた動物系とは違うかも(笑)。

小島:「あなたへのおすすめ」に出てくる動画が若干エグいことになっています(笑)。

— 小島さん……おもしろすぎます(笑)! 意外といえば、趣味が野球観戦とドラム演奏なんですね!

小島:はい。神奈川県出身で、ベイスターズのファンなんです。子どものころからスタジアムにはよく行っていました。時間があれば今も観に行きますよ。ドラムは、高校時代にバンドを組んでいたんです。

— コピーバンドですか? どんな音楽をやっていたんですか?

小島:コピーです。私はジュディマリ(JUDY AND MARY)をやりたかったんですけど、ほかのメンバーがGLAYのファンだったので、GLAYのコピーをやったりしました。大人になって遊びで組んだバンドでは、ディープ・パープルとか……。

— なぬ!? ディープ・パープル!? その華奢な腕で!? イメージとますます違う(笑)!

小島:「ハイウェイ・スター」とか、叩いていていると、最高に気持ち良いんですよ!

— ええー!? もう、小島彩乃って人は、奥が深すぎる(笑)!どんな人なのか、ますます気になっちゃいました。ぜひ、またインタビューさせてくださいね!

(2019.8.31取材)


<ミニシア名物、女神の靴チェック>
上質でやわらかな革の質感と、独特の形がかわいらしいシューズは、最近のお気に入りだそう。シースルーのソックスもおしゃれです。ガーリーな雰囲気のなかに、どこか少年っぽさもあって、小島さんにとてもお似合いですね!
ヘアメイクさんも絶賛する美肌&小顔美人の小島さん。かかとのないフラットシューズでも、全身のバランスの良さが際立ち、道行く人の視線を集めていました。

【小島彩乃(こじま・あやの)プロフィール】
1984年1月24日生まれ、神奈川県出身。身長157センチ。特技はドラム、スキー。趣味は野球観戦。早稲田大学在学中に俳優事務所に入り、21歳でドラマデビュー。以降は、舞台、映画、CMなど幅広く活躍。主な映画出演作に、青春Hセカンドシーズン第5作『花つみ』(2011/サトウトシキ監督)、『恋愛依存症の女』(2017/木村聡志監督)、『きらきら眼鏡』(2018/犬童一利監督)などがある。2019年9月には池袋シネマ・ロサにて上映のオムニバス映画『かぞくあわせ』(「はなればなれになる前に」)と特集上映『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』(「小世界」「誰もいない部屋」)で田口敬太が監督を務める出演作が続けて公開されるほか、舞台ではフロアトポロジー第10回公演「ツノノコ、ハネノコ、ウロコノコ」(9/4〜9/8)のメインキャストも務めた。インディーズ映画ファン、演劇ファンのあいだでも人気が高く、今後の活躍から目が離せない注目の女優。



【1】女優・小島彩乃さんはココが魅力的!という所を教えてください
【2】ご自身の作品に小島さんをキャスティングした一番の理由は?
【3】小島さんのエピソードで印象に残っていることはありますか?
【4】小島さんへ、一言メッセージやエールなどをお願いします。

『恋愛依存症の女』木村聡志 監督

【1】月並みな表現ですが映像で映える役者さんだと思います。表情でそのキャラクターが持つ魅力や感情を伝えることのできる方だと思いますし、声も小島さんの魅力のひとつなので、『かぞくあわせ』の様な引き画が多い映画でも十分にその魅力は伝わると思います。

【2】キャスティングは本来そのキャラクターのイメージに近い人を探すのが普通だと思いますが、小島さんとチー坊のキャラクターが遠いのが逆に面白いと思いお願いしました。結果的に相反する人物像がリンクしていく過程でチー坊というキャラクターがより魅力的になりましたし、小島さんにしか表現できないチー坊が僕も大好きになりました。

【3】フットワークがすごい軽いです(いい意味)。「今〇〇で飲んでるけど来る?」って誘うと1時間だけとかでも来てくれます。以前『恋愛依存症の女』が大阪で上映された時に、舞台挨拶の直前にたこ焼きとワインを持ってやって来て、舞台挨拶が終わったら「明日朝から東京で仕事なんで」ってすぐ帰って行きました。

【4】まだまだ僕(僕たち)は、小島彩乃の魅力の一部分しか知らない気がします。また新しい誰も知らない小島彩乃と出会えるのをいつも楽しみにしています。その瞬間が僕の映画だったら、なんて思います。

『はなればなれになる前に』『小世界』『誰もいない部屋』
田口敬太 監督

【1】監督というものは自ずと役者をコントロールしたくなる生き物だが、小島さんは大体こちらが思うように動いてくれない。感情も行動も気まぐれで同じ芝居を2回できない不安定さが魅力的だと思う(褒めてます)。

【2】想像力を掻き立てる役者だからです。『はなればなれになる前に』の詩織も『誰もいない部屋』の里子も小島さんに対して持っている自分のイメージから構築されていった人物です。

【3】『誰もいない部屋』のとあるシーンで小島さんが演じた里子が素晴らしかった。何がどう素晴らしいのか上手く説明できないが、そこに確かに里子が存在しているということが感じられる芝居だった。この里子に僕はもう会えないかもしれないと思うと悲しくなってカメラの後ろで泣いてしまった。

【4】もっと宣伝がんばってください(笑)。

作品紹介

『恋愛依存症の女』

公式サイト(2018年/日本/199分)
監督・脚本・編集:木村聡志
撮影:道川昭如  音楽:dezimoe
録音:田邊萌乃 助監督:佐島由昭 制作:菅原碧
出演:ひらく、品田誠、山谷武志、小島彩乃、大須みづほ、金久保茉由、松森モヘー(中野坂上デーモンズの憂鬱)、 安楽涼、吉田裕美、澁川智代、高橋花生、向井稜太郎、井手口裕樹、三森麻美、安達可奈、村上亜利沙、山下ケイジ、出倉俊輔、ヤノキョーコ、佐藤雄紀、はぎの一、平岡佑介、渋谷恭子、杉木悠真、南久松真奈、大塚ヒロタ
製作・配給:モーニングフィルム ©2018 morningfilm


かぞくあわせ

公式サイト(2019年/日本/92分)
監督・脚本:長谷川朋史、大橋隆行、田口敬太
企画:奥村朋功 撮影協力:シーサイド リビエラ
企画・制作:ルネシネマ
出演:しゅはまはるみ、藤田健彦、茎津湖乃美、田口敬太、奥村朋功、佐藤考哲、太田いず帆、宇佐美真仁、上久保汐李、黒田麻美、才藤えみ、林良、藤井杏朱、松坂慎治、小島彩乃、池田良、松澤可苑、星野花菜里、てっぺい右利き ほか
配給:ルネサンスデザイニング ©2019 ルネシネマ

※2019年9月7日(土)〜20日(金)池袋シネマ・ロサにてレイトショー上映

関連記事:9月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―:『かぞくあわせ』


特集:『二人の作家<根岸里紗×田口敬太>』

公式Twitter
『小世界』 (2018年/日本/54分)
英題:Inner Worlds
製作・監督・脚本・録音・編集:田口敬太
出演:永田紗茅、小澤雄志、井手口裕樹、木田友和、工藤奈々子、小島彩乃、梨本泰生、高野亜沙美、藤田健彦、のしほ、村松みさき、中島心優
<上映>2019年9月21日(土)〜27日(金)

『誰もいない部屋』(2019年/日本/上映時間未定)
英題:A room with no one
製作・脚本・監督・編集:田口敬太
出演:小島彩乃、ミネオショウ、品田誠、木田友和、小原徳子、桜まゆみ
<上映>9月28日(土)〜10月4日(金)

※2019年9月21日(土)〜10月4日(金)池袋シネマ・ロサにてレイトショー上映

【インタビュー取材:min 撮影:ハルプードル ヘアメイク:藤原 玲子】

  • 2019年09月11日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/09/muse_AyanoKojima2/trackback/