『レミニセンティア』〜ハリウッドに評価された、日本人による本格ロシアSF作品〜

  • 2016年11月12日更新

ロシア映画に魅了された日本人映画監督・井上雅貴がロシアで製作したSF映画。人間の記憶の曖昧さをテーマにした、芸術性の高いスリリングな作品。初の長編監督作ながら「ロサンゼルスシネマフェスティパル・オプ・ハリウッド」で主演男優賞、監督賞、長編作品質など主要部門を受賞している。11月12日(土)より、ユーロスペースほかにてロードショー。© INOUE VISUAL DESIGN

他人の記憶を消す能力を持つ小説家・ミハエル
【あらすじ】ロシアのとある街の郊外。小説家のミハエル(アレクサンダー・ツィルコフ)は、愛する娘ミラーニャ(井上美麗奈)と二人でひっそりと暮らしている。人の記憶を消す特殊な能力を持っている彼のもとには、悩める人々がやってくる。そして彼に「私の記憶を消して欲しい」と頼み込む。彼らから消してやった「つらい記憶」を、ミハエルは小説のアイディアの糧としていた。しかしそんなある日、ミハエルは娘ミラーニャとの思い出の一部が自分の中から欠けてしまっていることに気づく。思い出を失っていることに、悩み苦しむミハエル。教会に行き神に祈ると、彼の前に一人の女性・マリア(ユリア・アサードバ)が現れる。マリアは見たものすべてを記憶する超記憶症候群だった。そしてミハエルの特殊能力同様、マリアは他人の記憶を呼び起こす能力をもっていた。反面マリアは「忘却できないこと」に苦しんでもいた。そして、ミハ工ルはマリアに「君の記憶を消してあげるから、代わりに自分と娘との記憶を取り戻して欲しい」と取引を持ちかける。彼女の能力により記憶のはざまへと落ちて行くミハエル。そして彼は、そこで衝撃の真実を知る……。

スピード感がありながら停滞している世界観
忘れたい記憶、手放したくない記憶・・・記憶にまつわる物語。本作のタイトル『ミレ二センティア』は「記憶の万華鏡」を意味するそうだ。ロシアのSF映画といえば、アンドレイ・タルコフスキー監督を思い浮かべる人も多いだろう。哲学と映像美に満ちた、人間の心理を探るような独特な作風ながら、世界中の人に愛され、今やロシアSF映画の代名詞のようにもなっている。また、ゲオルギー・ダネリヤ監督の『不思議惑星キン・ザ・ザ』も、カルト的で芸術性の高い作品だ。ロシアでSF映画を撮るとなれば、それらの作品はやはり無視できない存在だろう。本作『レミニセンティア』は、スピード感がありながら停滞している印象を受けた。奇妙な居心地の世界観を醸し出し、ロシアの映画文化をガッチリと踏まえた上で、本作を作り上げているようだ。

日本人監督の自主映画ながら、まごうことなきロシアSF作品
10 年以上前に、映画メイキングとしてアレクサンドル・ソクーロフ監督の映画『太陽』の現場に参加した井上監督。ロシアの映画作りの環境に衝撃を受け、本作はその思いを胸に、ロシアで撮り上げた作品だという。ロシアの俳優は有名・無名を問わず、町や都市にある劇場の劇団に所属するのだそうだ。主人公・ミハエルを演じているアレクサンダー・ツィルコフも、そうした劇団の座長だ。また本作で教会のロケも行われたが、当初難色を示したロシアの聖職者を、監督は作品の意味を提示して説得してしまったという。こうしたロシアの街ごと巻き込む井上監督の映画製作への熱意と、濃厚な作家性が、スクリーンからビシビシと伝わって来る。そしてキーパーソンである娘役が日本人キャストという違和感が「日本人が撮ったロシアのSF自主映画」という特異な状況を忘れさせない。

クラウドファンディング続行中
本作は、国内宣伝活動支援とロシア配給活動支援を求め、2016年12月22日まで、クラウドファンディング続行中。
https://motion-gallery.net/projects/reminiscentia
「政治的には日本とロシアにはまだ平和条約もなく、近い国なのにまだ理解しあえていない部分があります。日本人が作ったロシアSFとして、この映画が日本とロシアの一つの交流になればと考えています(クラウドファンディング MotionGalleryより)」。

▼『レミニセンティア』作品・公開情報
(2016年/日本/89分/STEREO/16:9/ロシア語)
監督:井上雅貴
出演: アレクサンダー・ツィルコフ、井上美麗奈、ユリア・アサードバ ほか
プロデューサー・宣伝:井上イリーナ
配給:NOUE VISUAL DESIGN
●レミニセンティア公式HP
2016年11月12日(土)より、ユーロスペースほかにてロードショー
© INOUE VISUAL DESIGN

文:市川はるひ

  • 2016年11月12日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2016/11/12/sf/trackback/