『カンパイ! 世界が恋する日本酒』〜日本・英国・米国の魅力溢れるアウトサイダーと、彼らの挑戦〜

  • 2016年07月09日更新

日本酒に携わる異色の人物たちを追ったドキュメンタリー。「南部美人」五代目蔵元の久慈浩介氏、京都の酒造で杜氏を務める英国人フィリップ・ハーパー氏、”日本酒伝道師”と呼ばれる米国ジャーナリストのジョン・ゴントナー氏の3人をメインに、日本酒に導かれた彼らの情熱的な人生と、現在の活躍を綴る。メガホンをとったのは、映画ジャーナリストでもあるL.A.在住の小西未来監督。
2016年7月9日(土)、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開
© 2015 WAGAMAMA MEDIA LLC.


今、世界で高まる日本酒の人気。そこには、伝統に挑戦する3人のアウトサイダーの姿があった。
一時は国内で、向かい風にあっていた日本酒。しかし今、日本酒は世界から熱い注目を集めるようになった。本作は、現在、世界に羽ばたく日本酒を後押ししている人々の活躍を、インタビューとともに収めたドキュメンタリー作品だ。京都の酒造で杜氏(とうじ)となり、新商品を次々と世に送り出しているイギリス人のフィリップ・ハーパー氏。”日本酒伝道師”として、日本酒のワークショップや本の執筆を通し、奥深い日本酒の魅力を世界へ発信するアメリカ人ジャーナリスト、ジョン・ゴントナー氏。そして、自ら世界中を飛び回り日本酒の魅力を伝えている、岩手の老舗酒蔵を継ぐ南部美人・五代目蔵元の久慈浩介氏。まったく異なる背景を持つこの3人のアウトサイダーたちの、伝統と習慣への挑戦や葛藤を通し、日本だけにとどまらず、世界で多くの人々を魅了している日本酒の魅力的な世界を紐解いてゆくー。


焼酎ブーム、継承者不足、大震災…数々の荒波を乗り越えてきた日本酒造り
この作品は、2014年にクラウドファンディングで制作費が集められ、多くの日本酒ファン、映画ファンから期待を寄せられる中、完成した。作品では日本酒に関わる仕事を生業とする。3人の魅力的な人物をクローズアップ。彼らへのインタビューやその活動の様子を楽しみながら、近年までの日本酒事情や日本酒造りの環境、酒蔵のある地元の美しい風景に触れることができる。一昔前の日本酒界は、焼酎ブームに煽られ、向かい風を受けていたという。そのため蔵人(酒造りの職人)は高齢化の一途をたどり、あわや継承者が断たれるかという頃、関西の酒造に突然登場したのが、英国人の蔵人候補、フィリップ・ハーパー氏だった。本作では、肉体的にも過酷な日本酒造りに従事し、人情にも厚い「サムライ」のようなハーパー氏の姿を見ることができる。また、ハーパー氏と同じ頃、やはり日本に縁を持つようになった米国人のジョン・ゴントナー氏は、世界に日本酒の魅力を発信、酒造りの手法まで広め、その系譜で現在は、なんと海外にも外国人による日本酒の酒蔵ができているそうで、本作ではその様子も紹介する。また、2012年、日本に住む私たちの記憶に新しい、東日本大震災があったが、このとき、日本中で自粛ムードが広がる中「お花見をして、東北のお酒を飲んでください」とyoutubeを通じて呼びかけ、世の流れを変えたのが、岩手県「南部美人」の若き蔵元、久慈浩介氏だ。本作では現在の久慈氏の、外国人に酒を売り込むエネルギッシュな活動や、その軽快な語り口も楽しめる。また、全編を通し、美しい東北や京都、英国コーンウェルの壮大な自然、N.Yやロンドン、東京などの都会と、世界中を飛び回って撮影された、さまざまな美しい風景が映し出されるのも、見どころだ。


ハウツーものではない、日本酒への愛が沸き起こる作品
本作を撮った小西未来監督は、もともと日本酒には精通しておらず、在住するアメリカや仕事で訪れた海外の宴会の席で、日本酒のセレクトを求められることが多く、かなりプレッシャーだったという。飲めば美味しい、しかしその道は険しそうで、難解そうで…。多くの日本人が日本酒に対し、そんな思いを抱いているだろう。残念ながら、この作品を観ても日本酒の味がわかるようになるわけではない。これは、日本酒に導かれた人々の人生を描い作品であり、お勉強になるハウツーものではないのだ。しかし、この作品を見れば日本酒を愛する心が湧いてくる。「造ること」に情熱を注ぎ、時として伝統に抗い、跳ね除けられても挑み続け、日本酒という世界、そして世界における日本酒の価値を変えていった、超個性的な人々の物語だからだ。日本に全く縁がない外国人だったフィリップ・ハーパー氏とジョン・ゴントナー氏、そして酒蔵の息子という立場に戸惑いながら少年時代を過ごした久慈浩介氏が、なぜ今、こんなにも強く、日本酒に引き寄せられ、現在に至ったのか。そこには多くの人が共感するであろう「魂」があるのだ。彼らのストーリーを覗き込むことで、日本酒が恋しくなる。観終わるとその足で日本酒を飲みに行きたくなる…そんな作品なのだ。ぜひご友人と劇場を訪れて、その足で日本酒を味わいに出かけてはいかがだろうか。



▼『カンパイ! 世界が恋する日本酒』作品・公開情報
(2015年/日・米/日本語・英語/95分/カラー)
監督:小西未来
出演:フィリップ・ハーパー、ジョン・ゴントナー、久慈浩介  ほか
エグゼクティブ・プロデューサー:駒井尚文、スージュン
プロデューサー:柳本千晶
配給:シンカ
公式サイト:http://kampaimovie.com
© 2015 WAGAMAMA MEDIA LLC.

▼関連記事
『カンパイ! 世界が恋する日本酒』〜アメリカ在住の監督が、日本酒ドキュメンタリーを撮ったワケ〜

  • 2016年07月09日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2016/07/09/33916/trackback/