『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』一夜限りのスペシャルセッション~ゲスト:渡辺大知、二階堂和美

  • 2016年01月22日更新

『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公開に先駆け、公開記念ライブが1月13日に六本木・ SuperDeluxeで開催されました。会場は客席とステージの境界がない、フラットで一体感の強い空間。大友良英やSachiko Mをはじめ、名うてのミュージシャンを集めたLLSスペシャルバンドによる演奏を中心に、作品に出演した渡辺大知、二階堂和美をゲストに迎え、一夜限りのスペシャルセッションを展開。数々のエピソードを交えながら、作品の血となり肉となった多くの楽曲が演奏されました。作品公開を盛り上げる、熱い一夜となったこの日のライブ。その模様をお伝えします!

◆出演:LLSスペシャルバンド 大友良英(g)、Sachiko M(sinewaves)、江藤直子(p)、近藤達郎(org)、かわいしのぶ(b)、坂田学(ds)、上原なな江(perc)◆ゲスト:渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美

第一部:LLSスペシャルバンドによる『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』劇伴の演奏
第一部で演奏された曲は『LIVE!LOVE!ROCK!』『LIVE!LOVE!SING!』『タイムトラベル』『フェローズ』『インビジブル』。これらは、すべて作品のために作られた楽曲(サウンドトラックに含まれない曲もあり)。いずれも、登場人物の心情や旅の風景などが情感たっぷりに表現された、印象深い楽曲ぞろい。井上剛監督作品は、シーンに合わせて曲を作る通常の劇伴とは異なり、即興演奏を依頼し10分以上になった曲などの中から選出した部分を当てていくのだという。また『フェローズ』という曲は、井上監督から「ジミ・ヘンドリックスっぽい曲を」と熱くリクエストされ、ふだん譜面をほとんど起こさない大友良英さんがしっかり譜面を書いて臨んだ曲だったのに、本編では登場がかなわなくなってしまった…といった愛嬌あるエピソードなど、大友さんによる本作への愛情あふれるトークも併せて展開、観客を作品の世界観に引き込んだ。

第二部:LLSスペシャルバンドの演奏で、ゲストの渡辺大知、二階堂和美が熱唱
第二部では、ゲストの渡辺大知さんと二階堂和美さんが呼び込まれ、『GIGつもり』という曲からスタート。この曲は「放射能はないつもり、強い絆があるつもり…」というインパクトの強い歌詞。作曲を依頼されたSachiko Mさんは当時の戸惑いと覚悟を語った。また、レコーディングにはヒロイン役の石井杏奈さんも参加したこと、福島で行われた祭りシーンのロケでは出演者たちと交流し、大いに盛り上がった様子なども語られた。そしてこの日も、作品のシーンさながらに二階堂さんがパワフルに歌い上げ、会場は祭りのような盛り上がりを見せた。

◆ゲスト:二階堂和美さん
『GIGつもり』『地元に帰ろう音頭』『いのちの記憶』『女はつらいよ』(vo)。『GIGつもり』に続き、ジブリ作品『かぐや姫の物語』主題歌で知られる『いのちの記憶』を柔らかな所作と豊かな表情で歌い、会場を魅了。『地元に帰ろう音頭』では二階堂和美さんがこの曲を歌うきっかけとなった「プロジェクトFUKUSHIMA!(※)」に参加した際のエピソードが語られたりも。自曲『女はつらいよ』では茶目っ気たっぷりに、演歌の女王のごとく前列の観客と握手を交わしながら歌い、客席から笑顔を引き出していた。
※ 「プロジェクトFUKUSHIMA!」とは、福島にゆかりのある音楽家、詩人、有志が2011年に立ち上げたプロジェクト。福島の希望ある未来の姿を考えるべく、祭りを通してありのままの福島の姿を全世界へ発信する。

◆渡辺大知さん(黒猫チェルシー)
『しあわせ運べるように』(vo.&g)『どうしようかな』(vo)。劇中でも重要な歌『しあわせ運べるように』を情感たっぷりに熱唱。この曲は、神戸出身の渡辺大知さんが、小学校で1月になると歌っていた馴染みの深い曲だという。また、伝説のロックバンド・村八分のカバー曲『どうしようかな』は渡辺さんが、映画『色即ぜねれいしょん』に主演した際に歌った、大友さんアレンジの主題曲。LLSスペシャルバンドの弾けた演奏で、会場はロックンロールの熱気に満ちた。また、渡辺さんは「本作をつくるのに、大変な思いをした人もいる。劇場版を公開できることが本当に嬉しい」と作品公開の喜びを笑顔で語った。

この日の最後はLLSスペシャルバンドによる『LIVE!LOVE!SING!ロングバージョン』、アンコールで『GIGつもり』が再度演奏され、熱く満たされた空気を残し、終演。まさに「生きて、愛して、歌うこと」を体現するような一夜となった。LLSスペシャルバンドの楽曲が色濃く溶け込む『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』。ぜひ劇場に足をお運びください!

 

▼『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』作品・公開情報
(2015年/日本/カラー/DCP/100分)
監督:井上剛
脚本:一色伸幸
音楽:大友良英、 Sachiko M
出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基、津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童 ほか
配給:トランスフォーマー
コピーライト:(C)2015NHK
『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公式サイト

※2016年1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
(1月16日(土)より、フォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開)

▼関連記事:『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』~被災20年後の神戸と、福島をつなぐ青春ロードムービー。それぞれが大切なものに気づく旅

文:市川はるひ

  • 2016年01月22日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2016/01/22/live-love-sing/trackback/