『ブラジル・バン・バン・バン:ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ 〜ジャイルス・ピーターソンとパフェクトビートを探しもとめて〜』

  • 2015年10月09日更新

プロジェクトアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』の制作風景とブラジル音楽のルーツに迫る

ロンドンを拠点に、世界的なクラブ/ラジオDJとして絶大な人気を誇るジャイルス・ピーターソン。90年代において最も影響力の高いレーベルの一つ「TALKIN’LOUND」を主宰し、アシッドジャズ・ムーブメントを牽引した人物であり、彼のフィルターを通して紹介される世界各国の音楽やアーティストは日本の音楽・クラブシーンおよびレコードカルチャーにも多大な影響を与え続けている。

そんな彼がリオデジャネイロへと赴き、現地の音楽家たちとチームを組んだプロジェクトアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』を制作。カメラはその過程を捉えると共に、ブラジル音楽の魅力とルーツに迫っていく。

ブラジル音楽界のスーパースターたちと結成したドリームチーム「SONZEIRA(ソンゼイラ)」

今回のジャイルスの旅のミッションは、新曲と名曲カバーによる“今のブラジルを象徴する音楽作品”を制作すること。共同プロデューサーのアレクサンドル・カシーンによって集められたチームには、ブラジル音楽界の新世代と、国民的歌手のエルザ・ソアレス、ブラジル音楽界のキープレイヤーであるマルコス・ヴァーリ、巨匠パーカッショニストのママ・ヴァスコンセロスなどの伝説的人物が顔を揃える。歴史あるスタジオ<コンパニア・ドス・テクニコス・スタジオス>で繰り広げられるそのセッションは、ブラジル音楽ファンにとってまさに夢のような光景だ。

このプロジェクトチームに付けられた名は「SONZEIRA(ソンゼイラ)」。“カッコイイ”とか“ヤバイ音”という意味合いをもつそうだが、このタイトルこそがジャイルスがブラジル音楽を愛してやまない最もシンプルな理由なのだろう。しかし、彼の好奇心はスタジオの中だけには留まらない。自分とブラジル音楽を結びつける理由を探し、レコーディングの合間を見つけては、リオの街に溢れる音楽とその背景にある歴史を、自らの目と耳と肌で感じるためにさまざまな場所を訪ね歩く。

ブラジル音楽の歴史、その光と影を知る

2016年のオリンピックを前に治安整備されつつあるスラム街ファヴェーラ、ボヘミアンが集まるラパ地区、サンバの名門チーム「マンゲイラ」の練習場所、そしてサンバ誕生の地――街のいたる所で日常的に繰り広げられるサンバ・セッションの周りには、こぼれるような笑顔で歌い踊る老若男女の姿。洒落たカフェやクラブで聴く心地よいサンバやボサノバの響きとは違う、生々しいエネルギーに溢れた音楽がそこにはある。しかし、その背景には、アフリカから連行された黒人奴隷やサンバ禁止令といった歴史の黒い影があり、わたしたちはスクリーンを通して、ジャイルスと共にそれを知る。だからこそ、音楽がもたらす力、幸福、躍動に深い感動を覚えずにはいられない。

幻のレコードを求めて

この旅にはもう一つ、ジャイルスにとって大切な目的がある。それは、幻のレコード、ホゼ・プラティスの『タム・タム・タム』を探して手に入れること。リオに着くなり馴染みのレコードショップを訪れ、嬉々としてレコードラックを漁るジャイルスの姿はまるで少年のようだ。さらには、ブラジル稀代のトラックメーカーにしてグルーヴ・マスターと称されるエヂ・モッタの仕事場を訪ねる。きちんと整理された膨大なレコードコレクションの中からエヂが取り出したのは、まさに探し求めていた1枚(さすが!)。音楽によって世界中に広がるジャイルスの交友関係、貴重なアーティストのプライベートシーンなどを垣間みることができるのも本作の大きな魅力だ。果たして、ジャイルスは『タム・タム・タム』を手に入れることができるのか……? それは、映画を観てのお楽しみである。

新しいブラジルの魅力を知ることができるガイドブックのような作品

すばらしい音楽としゃれた映像演出に彩られた本作は、既存のガイドブックには載っていない新しいブラジルの魅力をわたしたちに伝えてくれる。同時に、音楽への愛と飽くなき好奇心に導かれ、さまざまな人や文化に出会うジャイルス・ピーターソンの生き方にも触れることができる作品だ。

本作は日本版制作と上映のための資金をクラウドファンディングで募集し、集まった資金の一部と興行純利益の50%をリオデジャネイロ・ファヴェーラの青少年支援団体に寄付をするプロジェクトを実施している。クラウドファンディングでは117%の支持を獲得したが、これから映画館に足を運ぶことでリオデジャネイロの発展を手助けすることができる。映画と音楽を通して世界とつながる。これもまた本作の魅力といえるのではないだろうか。

 

▼『ブラジル・バン・バン・バン:ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ〜ジャイルス・ピーターソンとパフェクトビートを探しもとめて〜』作品・公開情報
(2014年/イギリス、ブラジル、アメリカ/70分)
原題:Brasil Bam Bam Bam: The Story of Sonzeira
監督・製作:チャーリー・インマン、べンジャミン・ホルマン
出演:エルザ・ソアレス、マルコス・ヴァーリ、ナナ・ヴァスコンセロス、ウィルソン・ダス・ ネヴィス、セウ・ジョルジ、ガブリエル・モウラ、アルリンド・クルス、エヂ・モッタ、 アレシャンドリ・カシン、エマヌエリ・アラウージョ、マルチナーリア、ロブ・ギャラガー、ジャイルス・ピーターソンほか
配給・宣伝:(株)シャ・ラ・ラ・カンパニー

『ブラジル・バン・バン・バン:ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ 〜ジャイルス・ピーターソンとパフェクトビートを探しもとめて〜』公式サイト

※2015年10月9日(金)より、渋谷アップリンクにて公開!

文:min

  • 2015年10月09日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2015/10/09/32471/trackback/