『ナイトクローラー』― ジェイク・ギレンホールの不気味な演技に釘付け! 現代に蔓延する狂気をスリリングに描く衝撃のクライム・サスペンス

  • 2015年08月17日更新

『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞候補となったジェイク・ギレンホールが、格差社会の底辺から報道スクープ専門のパパラッチとして成り上がる野心的な男を演じる。

警察無線を傍受し、事件・事故現場に駆けつけては被害者にも容赦なくカメラを向ける、通称「ナイトクローラー」たち。彼らは、手に入れた映像をテレビ局に売りさばくため、死臭を求めるハイエナのように夜の街を這い回る。
視聴率のために倫理をも踏み外した映像を欲しがるテレビ業界と、それを非難しながらもさらなる刺激を求める視聴者。矛盾のスパイラルに浮かび上がるのは、現代社会の抱える闇と日常に蔓延する狂気――。

衝撃的なクライム・サスペンスを大胆かつスリリングに撮り上げたのは、本作が監督デビューとなるダン・ギルロイ。過去、『ボーン・レガシー』などの脚本を手がけてきたギルロイは、本作でも監督・脚本を兼任。全米No.1の映画評サイト「ロッテン・トマト」では驚異の満足度95%を叩き出し、全米公開時には週間興行収入ランキング第1位を獲得、第87回アカデミー賞の脚本賞にノミネートされるなど華々しいキャリアを打ち立てた。緊張感あふれるカメラワーク、欲望渦巻く都会の夜闇を切り裂くような迫力満点のカーアクションシーンにも注目の作品だ。

高額報酬と名声を得るためにスクープ映像を求めて行動をエスカレートさせていく主人公

学歴もなく定職にもありつけないルイス(ジェイク・ギレンホール)は、偶然出くわした事故現場で報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。自分にもできるかもしれないと思い立った彼は、盗んだ自転車を売ったカネでビデオカメラと無線傍受器を手に入れる。その夜から警察無線を盗み聞き、事件や事故の現場に猛スピードで駆け付けて凄惨な映像を次々と撮影していく。その映像を買い取ったのはテレビ局の女性ディレクター、ニーナ(レネ・ルッソ)。彼女に仕事を認められたルイスは、高額報酬を得るためにさらなるスクープ映像を求めて行動をエスカレートさせていき、ついには一線を越えてしまう……。

闇に浮かび上がる不気味なギョロ目男! 12キロの減量で役に挑んだジェイク・ギレンホールの怪演

綿密に練られた脚本と共に本作の最大の見どころは、12キロも減量してルイス役に挑んだというジェイク・ギレンホールの怪演だ。暗闇に立ち、痩せこけた顔にギョロギョロとした目玉を光らせる姿は不気味そのもの。鋭い眼光の奥に、長年くすぶり続けた強い自己顕示欲や狂気に近い野心をたぎらせ、その演技にはゾっとしながらも引き込まれていく。
彼の生い立ちやバックボーンに触れるシーンは出てこないが、孤独で人を信頼せず、鬱屈した彼の半生がストーリーの中で自然と浮かび上がってくる。自分のアイデンティティを見つけたルイスはモラルも良心の呵責も感じさせずに突き進み、ネットで学んだビジネスノウハウや格言を狂信して自分の存在を大きく見せることに執着する。その姿は、まるで不遇な扱いを強いられてきた社会への復讐のようにも見える。
そんなルイスにとって、ニーナは初めて自分を認めてくれた人間でもある。彼女もまた、世間や会社に自分の力を認められようともがいており、そんなニーナにいち早くシンパシーを感じたルイスは、はるかに年上の彼女の弱みにつけ込んで男女の関係を迫る。それは、単に成り上がっていくための策略なのか。孤独な男が絶対的な共犯者を求め、さらには母性のような愛を求める姿にも見える……というのは邪推だろうか。

 

 

▼『ナイトクローラー』作品・公開情報
(2014年/アメリカ/118分)
原題:Nightcrawler
監督・脚本:ダン・ギルロイ
出演:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、ビル・パクストン、リズ・アーメッドほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
配給:ギャガ
コピーライト: © 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ナイトクローラー』公式サイト

※8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

文:min

  • 2015年08月17日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2015/08/17/32113/trackback/