【画像で楽しむイベントレポート】『暮れ逢い』プレミア試写会にパトリス・ルコント監督とすみれさんが登場!

  • 2014年12月18日更新

パトリス・ルコント監督(以下、ルコント監督)の最新作『暮れ逢い』が12月20日より公開される。本作は、実業家の若妻と野心的な青年秘書との道ならぬ恋を美しく官能的に描いた大人のラブストーリー。12月4日には、東京のシネスイッチ銀座でプレミア試写会が行われ、特別ゲストとしてルコント監督と女優・歌手のすみれさんが登場した。これまで、多くの女優たちをスクリーンで輝かせた恋愛映画の巨匠も、天真爛漫なすみれさんの振る舞いにすっかり魅了された様子で、終始笑いの絶えないトークイベントとなった。

ルコント監督×すみれさん。ハートフルな二人の掛け合いに注目!

ルコント監督が登場! 来年は映画監督デビュー40周年。豊富を聞かれると「何度か引退宣言もしたけれど、今夜はそれを撤回します!」と今後の活動を高らかに宣言。会場から大きな拍手が。
初めて日本で公開された監督作品は『髪結いの亭主』(90年製作。日本公開は91年)。当時は日本で受け入れられるのか、とても心配だったそう。今では「毎回来るのが楽しみ!」と、これが15回目の来日。
花束のプレゼンターとして駆けつけたすみれさん。情熱的な深紅のドレスがお似合いで輝くような美しさ! 長身にハイヒールもバッチリきまって……と、なぜか監督はビミョーな表情???
「あなたがハイヒールで来ると知っていたら、僕もハイヒールできたのに!」と背伸びするルコント監督。巨匠のお茶目な発言に会場から笑い声が。
「海外作品の中でも、ルコント監督作品はトップ! この作品でも泣いたり、笑顔になったりいろんな感情に浸りました」と、賛辞を贈るすみれさん。続けて、「監督は本当にお茶目。 ミスタービーンに似ている!」と爆弾発言!? 

「ミスタービーンは尊敬していますが(笑)……この恋愛映画を作ったのが彼のような男だと知ったら、皆さん感動が薄れてしまうかな? 今度は暗いキャラクターで舞台挨拶しますね」と冗談で返すルコント監督。大人の余裕を見せつつも、ちょっぴり気にしてる……?

名門カーネギーメロン大学で演劇を学び、英語も堪能なすみれさん。「次回作には、すみれさんも出演を?」と司会者に問われた監督は「もちろん、可能性はありますよ。ただ、ハイヒールは無しでね!」と公開オファー。すみれさんも「そのときは全部脱いで裸足できます!」と快諾。
<ルコント監督から作品に込めたメッセージ>
「本作は、愛と欲望を描いた物語です。どうか皆さん、恋をする気持ちを抑えないでください。もっと自然な形で恋をすれば、世界はもっと幸せになると思っています。恋をしている男性ほど美しいものなく、愛されている女性ほど美しいものはありません。この映画をご覧になった皆さんには、恐れず恋をしてほしいと思います」

フォトセッションでは、ルコント監督のお茶目さが全開に!


左上:すみれさんからもらった花束を、なぜか逆プレゼント!
右上・左下:イーゼル(立て看板)の後ろに隠れてしまうルコント監督。
右下:カメラを向けられると花束で顔を隠すイタズラに、通訳さんまでが慌てて止めに入る一幕も(笑)。  

“巨匠”という言葉から連想する気難しいイメージとは違い、気さくでとても優しいルコント監督。イベント当日は、出待ちをしていた熱烈なファンの一人ひとりにサインやイラストを丁寧に描いていた姿が印象的だった。

●ミニシア名物靴チェック!
ルコント監督は上品な焦げ茶のスウェードシューズを着用(左)。すみれさんは15センチほどありそうなハイヒール(右)。映画出演が叶ったらハイヒールはおあずけ!?
▼『暮れ逢い』作品・公開情報
<ストーリー>第一次世界大戦直前の1912年。初老の実業家ホフマイスターの屋敷に、青年フリドリックが秘書としてやってくる。若妻ロットとフリドリックは次第に惹かれ合いながらも、愛を口にすることもできず想いを募らせていく。そんなある日、フリドリックの南米への転勤が決まり、二人は初めて想いを伝え、約束を交わす。「2年後に戻ってくるまで、変わらぬ愛を誓おう」と。しかし、戦争は二人の運命を大きく揺れ動していくのだった……。
2014年/フランス/98分
原題:A Promise
監督:パトリス・ルコント
原作:シュテファン・ツヴァイク
出演:レベッカ・ホール、アラン・リックマン、リチャード・マッデン ほか
配給: コムストック・グループ
配給協力:クロックワークス
コピーライト:©2014 FIDELITE FILMS – WILD BUNCH – SCOPE PICTURES 

●『暮れ逢い』公式サイト

※12月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

取材・編集・文:min イベント撮影:hal

  • 2014年12月18日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2014/12/18/29858/trackback/