【画像で楽しむイベントレポート】第27回東京国際映画祭レッドカーペット

  • 2014年10月29日更新
10月23日アジア最大の映画祭、東京国際映画祭が開幕しました。オープニングを飾るのは映画人が華やか登場するレッドカーペットセレモニー。フェスティバル・ミューズを務める中谷美紀さん、スペシャルアンバサダーの嵐のみなさんやフェスティバル・ナビゲーターのハリー杉山さんと岡本あずささんの他、国内外から多くの映画人が集まり、賑やかに祭りのスタートを切りました。今回はミニシア流にレッドカーペットをレポートします。もちろん、ミニシア名物靴チェックも気合入ってます。




今年のフェスティバルミューズは中谷美紀さん。黒のドレスががノーブルな中谷さんの透明感を高める。

靴もチェック
『STAND BY ME ドラえもん」からは世界の子供達とともにドラえもんが登場。ドラえもんの表情の変化にも注目を!表情が変わるんです。もちろん”あの足”もチェックしてください。
フェスティバルナビゲーターのハリー杉山と岡本あずささん。「映画は新しい自分と出会える力を持っています。」と熱く語るハリーさん
『滝を見に行く』チームは和服で登場。東京国際映画祭では審査員特別賞受賞した経験のある沖田修一監督は羽織袴でチームをリード。
『くるみ割り人形』からは増田セバスチャンさんと大野拓朗さんが登場。セレモニーらしいファッショナブルな衣装に釘付け。
『アップルシードアルファ』チーム。デュナンの岸明日香さんの男前なことと言ったら!
『ウルトラセブン』HDリマスター2.0 ~円谷プロ特撮への誘い!からはゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンギンガストリウム、ウルトラマンビクトリーの兄弟の皆様。世代を超えて会場は大盛り上がり。
『R-18文学賞vol.3マンガ肉と僕』チーム。美しすぎる映画監督、杉野希妃監督。まとうジュエリーとともに足元もキラキラ。
『ハングリーハート』からはヴェネチア映画祭の主演女優を受賞したアルバ・ロルヴァケルさんが登場。つま先までなんともノーブル。
ヤン・イクチュン監督が登場。蝶ネクタイがキュートな監督。
『百円の恋』チーム。武正晴監督、安藤サクラさん、新井浩文さん。落ち着いた大人の雰囲気漂うチーム。
『花宵道中』チームはレッドカーペットを花魁道中。外国人が夢中になってシャッターを切る姿多数。足元もクールジャパンですから見逃せませんよね
ツイッターでは最も反響の大きかった『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢』チーム。レッドカーペットを人間サイズの巨人くんが歩くだけでも大きなどよめきが起こりますが、ミニシアが注目したのはその足、なんと素足でした。
『救いたい』チームの鈴木京香さんは和服で登場。シンプルで品のあるコーディネイト。
『庵野秀明の世界』チームの庵野秀明監督とその妻で漫画家の安野モヨコさん。大物クリエイターカップルに会場からもどよめきが。素敵な大人カップルのお手本ですね。
『紙の月』チームからは宮沢りえさんと池松壮亮さんが登場。薄手のオーガンジーを羽織る宮沢りえは天女のごとき透明感。靴もさる事ながら、ドレスの裾にも目を奪われます。
『寄生獣』チームからは染谷将太さん、深津絵里さん、橋本愛さん、そして独特の存在感を放っていたミギー。ミギーもセレモニーバージョンで登場です。
『ベイマックス』チームからはジョン・ラセター監督、吹き替え版で声優をつとめる菅野美穂さん。ジョン・ラセター監督のシャツはベイマックス柄なんです。

文・編集:白玉 撮影:鈴木友里

  • 2014年10月29日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2014/10/29/%27/trackback/