『第11回ラテンビート映画祭』― ラテンカルチャーの魅力満載!! 新しいLBFFにでかけよう!

  • 2014年10月09日更新

11年目に突入した『ラテンビート映画祭』がさらにパワーアップ!
『第11回ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2014』(略称、LBFF)が10月9日(木)より新宿・梅田・横浜の3都市で順次開催される。昨年は10周年という節目を迎えた同映画祭。今年は次の10年に向けて新しいスタートを切るにあたり、さらに充実した内容でラテンカルチャーの魅力をお届けする。スペイン・中南米から選りすぐりの最新映画や過去の名作映画を17作品も上映するほか、昨年に続き2回目となる“COMIDA(コミーダ=料理)”、新たな試みとして“LIBRO(リブロ=本)”のイベントも同時開催。珠玉のラインナップからミニシア注目のプログラムをご紹介します!

鬼才!? 変態!? 『アレックス・デ・ラ・イグレシア特集』を開催! 新宿・バルト9ではファン待望の来日が決定!!
最新作『スガラムルディの魔女』でも、キョーレツなカルト臭をぷんぷん放つスペインの奇人アレックス・デ・ラ・イグレシア監督。同氏が監督やプロデューサーを務めた新旧の作品の特集上映を開催!さらに、妻で女優・プロデューサーのカロリーナ・バングと来日も決定。新宿バルト9では各作品の上映の際に舞台挨拶とティーチインを行う。詳しいスケジュールは公式サイトをチェック!!
<上映予定作品>『スガラムルディの魔女』『トガリネズミの巣』『メッシ』『ビースト 獣の日』

『スガラムルディの魔女』
2013年/スペイン/104分/R-15
原題:Las brujas de Zugarramurdi
監督・脚本:アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演:ヒューゴ・シルヴァ、マリオ・カサス、カロリーナ・バング、テレール・パベス、カルロス・アレセス、カルメン・マウラほか 配給:松竹メディア事業部
©2013 ENRIQUE CEREZO P.C., S.A. – LA FERME PRODUCTIONS ARTE FRANCE CINEMA
白昼堂々と強盗計画を実行したホセとその仲間。逃走の末に魔女伝説の地として知られる町、スガラムルディに迷い込み、世にも恐ろしい魔女たちの洗礼を受けることに……。ホセたちは人喰い魔女たちから逃げられるのか――? 笑いと恐怖がてんこ盛りの奇想天外ジェットコースタームービー!

大ヒットドラマの監督と主演俳優が再びタッグを組んだ、超級アクション&サスペンス!
『エル・ニーニョ』
2014年/スペイン
原題:El Niño
監督:ダニエル・モンソン
出演:ルイス・トサル、ヘスス・カストロ、セルジ・ロペス、イアン・マクシェーンほか
®joseharo recorte

スペインのアカデミー賞と呼ばれる「ゴヤ賞」で主要8部門を受賞したサスペンスアクション『プリズン211』の主演ルイス・トサルと監督ダニエル・モンソンが再びタッグを組んだアクション&サスペンス! 麻薬取引に手を染めた命知らずの若者たちと、密売組織の捜査に全力を注ぐ二人の警官。麻薬密売の巣窟と言われる危険なジブラルタル海峡を舞台に繰り広げられる、犯罪組織と警察の攻防を描く。

ラテンといえばサルサダンス!『デリリオ-歓喜のサルサ-』の愛と情熱に染まる!!
『デリリオ-歓喜のサルサ-』
2014年/コロンビア・スペイン/100分
原題:Ciudad Delirio
監督:チュス・グティエレス
出演:カロリーナ・ラミレス、フリアン・ビリャグラン、イングリッド・ルビオほか
©64a Films S.A.S. and Film Fatal S.L.

スペイン人の医師ハビエルは、仕事で訪れたコロンビアのカリでサルサスクールのオーナーであるアンジ―に心奪われる。彼女は世界で最も有名なサルサショー「デリリオ」のオーディションに挑むべく生徒たちと日夜練習に励んでいた。決して交わることのなかった二つの人生が再び交差したとき、誰もが踊る街が愛と情熱に染まる! 振付を手掛けたのは明和電機とのコラボ「ROBOT!」等、世界的に活躍するスペイン人コレオグラファー、ブランカ・リー。

映画と一緒に味わいたい、料理と本で巡るラテンカルチャー
COMIDA
厳選したイベロアメリカ圏の料理とドリンクを、表参道と青山通りをつなぐ青参道にて販売する。また、10月10日(金)には、代官山蔦屋書店にて本映画祭のオープニング作品である『エル・ソムニ-夢の饗宴ー』に登場するミシュラン3つ星レストラン「El Celler de Can Roca」の経営者であるジョセップ・ロカ氏をゲストに招いてトークイベント&サイン会を開催。
開催日時:10/4(土)、5(日)、10/11(土)、12(日)、13(祝)
会場:青参道
※ジョセップ・ロカ氏トークイベント&サイン会は10/10(金)代官山蔦屋書店にて開催

LIBRO
第1回となるブックイベントでは、イベロアメリカの第一線で活躍する作家・イラストレーターの作品を紹介する。また、本映画祭のポスタービジュアルを担当するアナ・フアン氏、アレハンドロ・マガジャネス氏、ロジャー・オルモス氏といったラテン圏を代表する人気イラストレーターが来日し、本とイラストの展示や販売、サイン会などを開催する。
開催日時:10/7(火)〜10/23(木)
10/7(火)オープニングイベント&講演会
、10/11 (土)サイン会
会場:代官山蔦屋書店2号館 1F ギャラリースペース

▼『第11回ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2014』概要
東京:10月9日(木)〜13日(月・祝日)新宿バルト9
大阪:10月24日(金) 〜26日(日) 梅田ブルク7
横浜:11月7日(金) 〜 9日(日) 横浜ブルク13
前売券:1回券 一律1,500円/回数券(5枚綴り)6,000円
主催: LBFF実行委員会
コピーライト:© 2014 Latin Beat Film Festival All Rights Reserved.

※その他の上映作、上映スケジュール、期間中のイベント等に関する詳細は、公式サイトをご参照ください。
●『第11回ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2014』公式サイト

文:min

  • 2014年10月09日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2014/10/09/%11-lbff/trackback/