『New York 結婚狂騒曲』-「愛のエキスパート」も結婚に迷う!? ユマ・サーマン主演のラブ・コメディ

  • 2014年01月18日更新

結婚は人生の一大イベント。そんな大事の結婚式の日取りも決まり、招待状も出したのに、思いがけないきっかけから、気になる男性が現われる。長身美女ユマ・サーマンと真面目で優しい男性役が似合うコリン・ファース、大らかな雰囲気漂う自由人を演じるジェフリー・ディーン・モーガンが織り成す三角関係の行方は? 登場人物が皆温かく、ハッピーな気分になれるラブ・コメディ。サム・シェパード、イザベラ・ロッセリーニなど豪華脇役陣にも注目。


運命の出会いは軽い復讐心から
ニューヨークに暮らすエマは、人気ラジオ番組を持つ「愛のエキスパート」。プライベートでは担当編集者のリチャードと婚約し、幸せな毎日を送っている。ある日、番組に電話をかけてきた女性の相談に乗り、「別れたほうがいい」とアドバイス。その結果、消防士のパトリックはその女性から婚約を破棄されてしまう。彼は軽い復讐心から、自分とエマが結婚しているように戸籍を改ざん。何も知らないエマとリチャードが婚姻届を出しに行くと、担当者の口から「あなたは結婚している」という驚きの言葉が。不可解な思いを抱きながら、婚姻無効申請書を持ってパトリックに会いにいくエマ。だが、自由で破天荒なパトリックに、彼女は徐々に魅かれていく。


完璧な美女も恋に迷う
ユマ・サーマン演じるエマは、博士号を持つインテリで、ルックスもパーフェクト、担当するラジオの恋愛相談番組も大人気。そんな彼女も自分の恋愛や結婚になると、巷の女性と同様、気持ちの整理ができなくなる。特に恋愛は“宇宙の謎”並みに不思議なことだから、仕方がない。かたやハンサムで仕事もできる英国人編集者、かたや一緒にいると楽しく自然体でいられる型破りな消防士。彼女が選択を迷うのも当然でしょう。この女性心理、男性からはいろいろ批判もあるかもしれないが、理屈ではとうてい説明できない。


華やかなインドの儀式
印象に残るのはパトリックのインド人大家が主催し、エマも招待されるインドの儀式。まるでインド映画のような華やかさで、NYが人種のるつぼであることを再認識する。非現実的な雰囲気は、気分を高揚させるもの。エマは、この異国情緒たっぷりの儀式の最中、パトリックへの気持ちに気づくことになる。
このシーンにかぎらず、楽しく笑える場面が随所にちりばめられている。作品に漂う明るさ、ポジティブさが心地良い。


出会いは偶然の産物?
原題は『Accidental Husband』。パトリックの元婚約者が電話で相談しなかったら、エマが「結婚を考え直したほうがいい」と彼女にアドバイスしなかったら、パトリックが戸籍を改ざんしなかったら……。次々に偶然が起こり、運命的な出会いをする2人。そんな映画的な展開が、実際にも起こり得る。ただ、そこからの選択は自分の意思。もし迷ったら、エマのように自分の心に素直になることが、幸せへの第一歩になる(かもしれない)。



▼『New York 結婚狂騒曲』作品・公開情報
2008年/アメリカ・アイルランド/カラー/英語、ヒンズー語、ドイツ語/90分
原題:The Accidental Husband
監督:グリフィン・ダン
脚本:ミミ・ヘア、クレア・ネイロー、ボニー・シコヴィッツ
制作:ジェイソン・ブラム、ジェニファー・トッド、スザンヌ・トッド、ユマ・サーマン、ボブ・ヤーリ
撮影:ウィリアム・レクサー
音楽:アンドレア・グエラ
出演:ユマ・サーマン、コリン・ファース、ジェフリー・ディーン・モーガン、サム・シェパード、イザベラ・ロッセリーニ、リンゼイ・スローン
© 2008 Accidental Husband Intermediary, Inc. All Rights Reserved.
配給:ファインフィルムズ
●『New York 結婚狂騒曲』公式サイト

1/18(土)<未体験ゾーンの映画たち2014>にて、ヒューマントラストシネマ渋谷他 公開

文:吉永くま

 

  • 2014年01月18日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2014/01/18/new-york/trackback/