『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』-イタリア最大の未解決事件の真相は?

  • 2013年12月20日更新

史実に基づいた作品である。当時この爆破の現場を目撃したマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督は、イタリアの若い世代がこの事件を正しく理解していないことに衝撃を受け、映画化を決めたという。今もなお、犯人が分からないという未解決事件。この事件後、イタリアでは無差別テロが相次ぐ“鉛の時代”に突入していく。





イタリア最大の未解決事件
1969年12月12日、ミラノの大聖堂ドゥオーモの裏にあるフォンターナ広場に面した全国農業銀行で爆破事件が起こる。死者17人、負傷者88人。警察は左翼の犯行を疑い、アナキストたちを連行。そのリーダー的存在、鉄道員ピネッリも取り調べを受ける。だが、現場の指揮をとるカラブレージ警視はピネッリの人間性を信じ、彼が犯行に加わったとすることに懐疑的だった。ある夜、警視が取調室を離れている間に、ピネッリが転落死を遂げる。自殺か事故死か殺人か。ピネッリの妻は夫の無実を信じ、警察を訴える。警視は裁判で矢面に立たされながらも事件の真相に近づいていくが、そこには知ってはならない真実があった。


事件の背後には巨大な権力の陰謀があったのか?
真相を究明しようとするカラブレージ警視と、裁判で不利になると分かっていながらも「真実を隠さない」と話すピネッリの妻。正義感や潔さを持つこの2人と、隠蔽や揉み消しを図る側は非常に対照的だ。本作は、東西冷戦時代に起こったこの事件の背後に、国内外の権力の陰謀があることを匂わせる。組織や政府を構成するのはただの人間であっても、一度力を持つとそれは巨大な怪物と化し、個人で立ち向かうことが困難になる。そして、その怪物と対峙する恐怖は決して他人事ではない。


複雑な政治的背景
時系列を追いながら客観的に事実を描き切ることで、この事件の真相に迫りたいという監督の強い意志がうかがえる。また、時代の退行に警鐘を鳴らしているようにも感じられる。ただ、多くの人物や組織が絡み合い、事件の流れも複雑なので、多少混乱するかもしれない。当時の政治的背景を調べたり、公式サイトの登場人物を見ておいたりすると、より作品の奥深さや事件の恐ろしさを理解できるだろう。


▼『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』作品・公開情報
原題:Romanzo di una strage 英語題:PIAZZA FONTANA, The Italian Conspiracy
2012年/イタリア=フランス合作/129分/イタリア語/
監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
原案・脚本:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ、サンドロ・ペトラッリャ、ステファノ・ルッリ
撮影:ロベルト・フォルツァ
キャスト:ヴァレリオ・マスタンドレア、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ミケーラ・チェスコン、ラウラ・キアッティ、ルイージ・ロ・カーショほか
配給:ムヴィオラ
字幕翻訳:鈴木昭裕

© 2012 Cattleya S.r.l. – Babe Films S.A.S
12/21(土)、シネマート新宿ほか全国順次公開
●『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』公式サイト

受賞歴
・2012年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞3部門受賞13部門ノミネート
最優秀助演男優賞(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)/最優秀助演女優賞(ミケーラ・チェスコン)/最優秀映像効果賞
・2012年イタリア・ゴールデングローブ賞
最優秀助演男優賞(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)/最優秀作品賞&最優秀主演男優賞ノミネート
・2012年イタリア映画ジャーナリスト協会賞 3部門受賞6部門ノミネート
最優秀脚本賞/最優秀主演男優賞(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)/最優秀助演女優賞(ミケーラ・チェスコン)
・2012年カルロヴィ・ヴァリ映画祭
審査員特別賞/ヨーロッパ・シネマ・レーベル賞

文:吉永くま

  • 2013年12月20日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2013/12/20/28459/trackback/