『ニューヨーク、恋人たちの2日間』― 監督・脚本・主演ジュリー・デルピーの手腕が光る、小粋でハートフルなラブコメディ!

  • 2013年08月02日更新

テンポの良い会話で浮かび上がる、男女の本音と文化的相違。 練られた脚本に思わず拍手!
7月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほかで公開中の『ニューヨーク、恋人たちの2日間』は、フランスを代表する知性派女優ジュリー・デルピーが監督・脚本・主演を務めるハートフルなラブコメディー! ‘08年に日本公開された『パリ、恋人たちの2日間』の続編である本作では、ニューヨークで新しい恋人と暮らすヒロインのもとに、フランスから遊びにやってきた彼女の家族が巻き起こす2日間のドタバタ模様を描いている。前作同様にテンポの良い会話劇は、キワド~い下ネタも満載。ウディ・アレン作品の影響を感じさせる脚本は、小粋でユーモアたっぷりに男女の本音に迫りつつ、異人種カップルのカルチャーギャップや、家族、仕事などへのそれぞれの思いを鮮明に浮かび上がらせる。女優として輝かしいキャリアを持つジュリーだが、監督としてのスキルにもますます磨きをかけているようだ。また、本作の濃厚なキャスティングも目が離せない。新恋人役を人気コメディアンのクリス・ロックが演じ、父親役にはジュリーの実父アルベール・デルピーが出演するほか、カメオ出演でなんと、ヴィンセント・ギャロが本人役で登場する。サンダンス映画祭、トライベッカ映画祭で上映され、大きな話題と賞賛を呼んだ本作は、巧妙に練られた脚本にお腹を抱えて笑いながらもハラハラドキドキ、最後はふんわりと幸せに包まれる、なんともチャーミングな作品である。

自由奔放なフランス人一家に振り回されるカップルの、2日間のドタバタ劇。
フランス人のマリオン・デュプレ(ジュリー・デルピー)は女流写真家。かつての恋人との間に生まれた一人息子ルルと、現在はニューヨークに住んでいる。同居しているのは新恋人であるバツ2のラジオDJミンガス(クリス・ロック)とその一人娘ウィロー。国籍や人種の違いはあっても、愛し合うふたりの仲はいたって順調だ。しかし、幸せなニューヨーク・ライフに突然の危機が訪れる。 マリオンの個展を観るために、 パリからマリオンの父親ジャノ(アルベール・デルピー)、妹ローズ(アレクシア・ランドー)、ローズの恋人でマリオンの元カレであるマニュ(アレックス・ナオン)がやってくることになったのだ! 自由奔放な彼らの言動に振り回されるマリオンとミンガス。個性的すぎる家族たちの言動、マリオンとローズの姉妹喧嘩に、人の良いミンガスにもとうとうブチ切れて……!?

魂を売る? ニューヨークのアート界をちくりと風刺したシーンにも注目。
とにかく、曲者揃いのマリオンの家族。 色情魔の妹とその恋人もかなり面倒だが、なんといっても父親ジャノの無邪気な変人っぷりは、一周回って愛おしくなるほど。ミンガスに「マリオンとのセックスはどうか」としつこく聞いたり、見知らぬ人の高級車に10円パンチしたりと、実におとなげない。しっちゃかめっちゃかな雰囲気に終始するかと思えば、 マリオンが個展の話題づくりで仕掛けた「魂を売る」という企画をきっかけに、物語は意外な方向へ展開する。哲学的な会話が繰り広げられるカフェのシーンではマリオンの不安定さが露呈され、クライマックスに向かう物語の絶妙なアクセントになっている。マリオンの個展会場に訪れる、いけ好かない批評家や、芸術性より話題性に飛びつく客たちなど、現代ニューヨークのアート界をちくりと風刺したシーンにも注目だ。
愛する人のすべてを受け入れるのは、難しい。育った国や言語が違えばなおさらだ。しかし、マリオンとミンガスは戸惑いぶつかりながらも、互いに理解しようとする気持ちを忘れていない。そんな、ふたりが迎える結末とは――? ぜひとも、映画館で確かめてほしい。

▼『ニューヨーク、恋人たちの2日間』作品・公開情報
2012年/フランス・ドイツ・ベルギー合作/95分
監督・脚本・主演:ジュリー・デルピー
原題:2 DAYS IN NEW YORK
出演:クリス・ロック、 アレクシア・ランドー 、アルベール・デルピー、ダニエル・ブリュール、ヴィンセント・ギャロほか
配給:アルバトロス・フィルム
コピーライト: © Polaris Film Production & Finance, Senator Film, Saga Film, Tempête sous un Crâne Production, Alvy Productions, In Production, TDY Filmproduktion – 2012All rights reserved.
『ニューヨーク、恋人たちの2日間』公式ホームページ

※ 2013年7月27日より ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国順次ロードショー!

文:min

  • 2013年08月02日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2013/08/02/27883/trackback/