ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2013授賞式-グランプリはイギリスの雇用問題を描いた社会派作品

  • 2013年06月12日更新

今年で15回目を迎える米国アカデミー賞公認・国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF& ASIA)」のアワードセレモニー(授賞式)が、6月9日(日)に、東京の明治神宮会館にておこなわれました。グランプリはガブリエル・ゴーシュ監督の『人間の尊厳』が受賞。この作品は次年度(2014年2月に開催される)米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象作品となります。賞に輝いた監督たちの喜びのコメントをお楽しみください。



地球を救え!部門優秀賞(環境大臣賞)/J-WAVE アワード
『糸を紡いで(原題:UNRAVEL)』メグナ・グプタ監督
メグナ・グプタ監督
受賞に驚き、またうれしく思っています。日本語をいくつか覚えたのですが、その中で“チョースゴイ”を思い出しました。日本に初めて来てこのような賞を頂くのは、素晴らしいことです。この賞のおかげで映画製作に励めます。ありがとうございました。















CGアニメーション部門 supported byデジタルハリウッド優秀賞

『夏と冬の間に(原題:Autumn Leaves)』オード・ダンセット&カルロス・デ・カルヴァーリョ監督
オード・ダンセット監督
とても緊張して言葉がうまく出てきません。私と一緒にこの作品を作ってくれたスタッフ一同、この場を借りて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。ありがとうございました。















ミュージックshort部門 UULAアワード
『ハヌル』門馬直人監督
門馬直人監督スタッフ、キャストともども、本当にありがたいと思っております。ありがとうございます。

















ジャパン部門優秀賞/東京都知事賞

『寿(原題:Kotobuki/To Us)』田中希美絵監督
田中希美絵監督
映画に関わり始めた時、一番初めに習ったことは「自分が映画を作る必要がない」ということでした。私が作らなくても、映画を作っている人はたくさんいます。それにも関わらず、作り続けて、これが初めての参加する映画祭ですが、学校を卒業し、プロとしてのキャリアが始まるこの時にこのようなスタートが切れて良かったと思っています。














アジアインターナショナル部門優秀賞/ 東京都知事賞
『私の街(原題:It was my city)』ティナ・パクラバン監督
ティナ・パクラバン監督
戦争に反対し、平和のために作ったこの作品が賞をいただけてうれしいです。








SSFF & ASIA 2013グランプリ作品/ インターナショナル部門優秀賞

『人間の尊厳(原題:THE MASS OF MEN)』ガブリエル・ゴーシュ監督
ガブリエル・ゴーシュ監督
ごめんなさい、ショック状態で言葉が出てきません。後でもう少しお話出来るかもしれません。東京で作品を上映し、このような賞をいただき、大変光栄に思います。映画祭の関係者の皆さま、審査員の皆さま、この作品に出演してくださった役者の方、プロデューサー、みなさんに感謝をいたします。















文・編集:白玉 撮影:YUKO YANASE

  • 2013年06月12日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2013/06/12/2013-2/trackback/