『セックスの向こう側~AV男優という生き方』-極めつくしたものが語る女性とは?セックスとは?

  • 2013年03月14日更新

2012年、アダルトビデオ=AVが誕生していから30年。現在ではメーカー数100社以上、月間販売タイトル推定4500本、業界年間売上約550億円の一大産業へと発展している。業界を支える現役AV女優は推定10,000人ともいわれるが、一方AV男優は約70人と驚くほど少ない。男優の数が少ないという事は、一人の男優が“からむ”女優の数は数千人に上り、休む間もなくフル稼働をしているのが現状だ。本作はセックスを仕事とし、日々セックスと向き合う男達20人の生の声を追い求めるドキュメンタリー。加藤鷹を始めとする伝説の男優から新世代のイケメン男優が女性について、セックスについて語りつくす。極めつくした者だけが語れる言葉に男性だけでなく、女性も耳を傾けていただきたい。2月23日(土)より渋谷アップリンクにてレイトショー以降全国主要都市にて順次公開!


業界年間売上550億円、成長を続けるAV業界。AV30年の歴史が作り出す男達のセックスのこだわり、セックスの個性。
アダルトビデオ=AVが生れてから30年が経とうとしている。飯島愛、及川奈央、森下くるみ、原紗央莉、蒼井そらといった女優はAVを観る機会のない女性にも認知をされ、もはやAV業界は閉じられた世界ではなくなっている。インタビューをしているのは、AVが生まれる創世記に様々な経緯でこの業界に入り、AVの基礎を作り上げた男優から、現在のAV多量生産体制に耐えうる身体、精神ともにタフなニュージェネレーションまで、容姿や年齢の異なる20人。千人以上のAV女優とからみ、それぞれが達した女性とセックスに対する思いが語られる。人に見せるセックスとは?仕事のセックスとプライベートのセックスとなにが違うのか?飛びだす本音の中に行為としてのセックスではなく、セックスにまつわる思いが浮き上がる。


女性も知りたい、 イケメンAV男優、その仕事と女性観
様々な男優がいる中で、女性が注目するのはイケメンAV男優の存在。磨き上げられた肉体と爽やかなルックス。右肩上がりで成長するAV業界にはイケメンが数多く存在する。しかし、女優を中心として作品が作られる中で、イケメンは一つの個性ではあるが、絶対的な優位に立てる要素ではない。作品中に、イケメンAV男優が語るのはAV業界へ入るための熱い気持ちとセックスを様々な角度から語る個性の強さだ。職業としてのセックスを突き詰めることがなければならない厳しい業界。熾烈な争いを生き抜くイケメン達の生きざまを女性の皆さまもチェックしてみてはいかがだろうか。


▼『セックスの向こう側~AV男優という生き方』作品・公開情報
(2012年/日本/カラー/86分)
出演:日比野達郎/速水健二/山本竜二/平口広美/加藤鷹/栗原良/平本一穂/島袋浩/田淵正浩/トニー大木/ミートボール吉野/森山龍二/吉村卓/黒田将稔/しみけん/鳴沢賢一/阿川陽志/森林原人/沢井亮/平井シンジ
監督:えのき雄次郎/髙原秀和
構成・撮影:髙原秀和
撮影・編集:えのき雄次郎
音楽協力:松本音楽本舗
企画:菊池笛人
プロデューサー:小関智和
制作:コンツ
配給:マクザム
● 『セックスの向こう側~AV男優という生き方』公式サイト
※2月23日(土)より渋谷アップリンクにて連日20:45~レイトショー以降全国主要都市にて順次公開!

文:白玉

 

  • 2013年03月14日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2013/03/14/av/trackback/