第4回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル-現実にそこにある「境」を知り、感じ、深めるイベント

  • 2013年01月20日更新

今年で4回目を迎える座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルが2月7日よりスタートする。映画・テレビを問わず良質なドキュメンタリーを上映する映画祭の今年のテーマは『越境』。国と国、男と女、フィクションとノンフィクション、映画とテレビ。様々な「境」に挑んで来た作家と作品にスポットを当て、ドキュメンタリー映像の可能性を探っていく。会期中は作品上映とともにゲストスピーカーによるトークイベントを開催。作品の中の出来事は全て現実に起こったこと。現実にそこにある「境」を知り、感じ、深めるイベントだ。(作品:『支那事変後方記録 上海』)

ゲストセレクション『報道の魂 あの時だったかもしれない』-是枝裕和セレクション(2月10日 19:00~)
(2008年/90分/ディレクター:是枝裕和)
2008年1月に亡くなったメディア・プロデューサーの村木良彦。彼は故・萩元晴彦と共にTBSから独立し、テレビマンユニオンを創設した。二人の後輩に当たる是枝監督が、生前の二人へのロング・インタビューと当時のドキュメンタリー映像を織り交ぜて、テレビ激動期の姿を浮かび上がらせる。 是枝裕和監督のインタビューはこちら
トークイベント:是枝裕和(映画監督)

特集上映「越境」『佐藤輝作品ダイジェスト』(2月9日16:00~)
(2013年/時間未定/ディレクター:佐藤輝)
尾崎豊、沢田研二、矢沢永吉など…数々の伝説的な音楽PVやCM、伝説的なテレビ番組を作りあげた映像作家・佐藤輝。彼の作品のダイジェスト版を佐藤本人が再編集したものを上映する。
トークイベント:佐藤輝(ディレクター)

▼第4座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル情報
開催期日:2013年2月7日(木)〜11日(月/祝)
会場:「座・高円寺2」(杉並区立杉並芸術会館)
第4回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル公式サイト
※ 上映時間、詳細は公式サイトでご確認ください。

主催:「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」実行委員会 共催:株式会社 ドキュメンタリージャパン
提携:座・高円寺/NPO法人 劇場創造ネットワーク 後援:杉並区

(作品:『愛しきソナ』)

文:白玉

▼関連記事
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル 是枝裕和監督インタビュー-『あの時だったかもしれない 〜テレビにとって「私」とは何か〜』60年代のドキュメンタリーを作り上げた二人-萩元と村木-に出会う作品。

  • 2013年01月20日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2013/01/20/4-7/trackback/