「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」アワードセレモニー2―川島海荷さん、松坂桃李さん、大黒摩季さん……、華やかなゲストが多数ご来場。

  • 2012年07月15日更新
俳優の松坂桃李さん、女優の川島海荷さんほか、多数のゲストがご来場。

 短編映画の祭典「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」 ― 略して「SSFF & ASIA 2012」のアワードセレモニー(授賞式)が、2012年6月24日(日)に、東京の明治神宮会館にておこなわれました。各受賞作の詳細は、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」の公式サイトをご参照ください。

 この記事では、「ストップ!温暖化部門」ほか、各部門の受賞結果をお届け致します。たっぷりの撮影画像とともに、賞に輝いた監督たちの喜びのコメントをお楽しみください。

▼関連記事
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」アワードセレモニー1―萬田久子さんや北村一輝さんが審査員を務めた公式コンペティション。

旅シヨーット!プロジェクト 優秀賞(国土交通大臣賞)
岸本司監督
『ニービチの条件
 / Mother of the Groom』

 本部門の審査員は、ハービー山口さん(写真家/エッセイスト、写真左)、パトリック・ハーランさん(俳優/コメディアン、写真左からふたりめ)、たかのてるこさん(旅人/エッセイスト、写真右)。

 岸本司監督がご来場になれなかったため、沖縄フィルムオフィスの名護すえこさん(写真中央)が代理でご登壇になりました。

ストップ!温暖化部門 優秀賞(環境大臣賞)
ジェイコブ・ボンド監督
『地球を救え!
 / The Environmentalist』

 本部門の審査員は、中村雅俊さん(俳優、写真左)、奥野史子さん(スポーツコメンテーター、写真左からふたりめ)、江守正多さん(気象学者、写真右)。

ジェイコブ・ボンド監督(写真中央) 地球温暖化は非常に大きな問題です。あたりまえのことですが、「リサイクル」をしましょう。そうしないと、(私たちの)子どもの、子どもの、子どもの頃には、この地球がなくなってしまうかもしれません。

ストップ!温暖化部門 J-WAVEアワード
ワン・チェンヤン監督
『物を大切に / Cherish』

 本部門の審査員は、FMラジオ局・J-WAVEのリスナーから抽選で選ばれた5名のかたがた。

ワン・チェンヤン監督(左写真) 環境保護には、みなさまも取り組んでいらっしゃると思います。今回、本作を評価していただけたのはもちろん嬉しいですが、作品そのものよりも、(このドキュメンタリーの)主人公*が評価されたのではないかと思います。主人公に代わって、申し上げます。「ものを捨てようとするときに、『ほかのことに使えるのではないか、リサイクルできるのではないか』と、ぜひ5秒間、考えてください」。
* 本作の主人公は、毎日、ゴミを集めてきてはリサイクルして、野良犬たちに餌を与えている男性。

CG部門 supported by デジタルハリウッド 優秀賞
トーマ・エシュド監督
『フラミンゴ・プライド
 / Flamingo Pride』

 本部門の審査員は、杉山知之さん(デジタルハリウッド大学 学長、写真左)、LiLiCoさん(映画コメンテーター、写真左からふたりめ)、曽利文彦さん(映画監督、写真右)。

トーマ・エシェド監督(写真中央) 自分の作品が受賞するとはまったく思っていなかったので、本当に驚いています。

女優の川島海荷さん(左写真)と、「JUNONプロデュース ガールズコンテスト」グローイングアップ賞の増田萌絵さん(右の写真、右)が、プレゼンターとしてご登場。

ミュージックShort部門 シネマチックアワード
月川翔監督
『グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~』
アーティスト:グッドカミング
使用楽曲:「明日に」

 レコード会社が制作するアーティストのミュージックビデオの中で、最もシネマ的な作品に贈られる賞です。グッドカミングのみなさま(写真、左から3名)と、出演者の松坂桃李さん(写真、右からふたりめ)も、会場に駆けつけました。

月川翔監督(写真、右) 松坂桃李さんをはじめとしたキャストのみなさま、レコード会社のかたがた、それぞれの作品に対する想いが通じて、全国の劇場で上映していただき、このように賞もいただいて、誠に嬉しく思います。

松坂桃李さんのコメント。
「グッドカミングさんのライヴへ行ったときに、『一緒になにかを作れたらいいね』と話したことをきっかけに、この作品が生まれました。グッドカミングさんが作ってくれた曲をモチーフにした映像作品の中に自分が存在することができたのは、嬉しくて光栄です」

ミュージックShort部門 クリエイティブアワード
岡元雄作監督
『Bubble』
アーティスト:クラムボン
使用楽曲:「Aspen」

 アーティストの楽曲をもとに制作・応募されたショートフィルムの中で、最もクリエイティブ性の高い作品に贈られる賞です。プレゼンターは、歌手の大黒摩季さん(写真、右)。

岡元雄作監督(写真、左) 本作はもともと、違う作品のために作った映像だったのですが、SSFF & ASIA 2012に応募する際に、クラムボンの「Aspen」を聴いて(映像に)合わせてみたら、「この曲のために作った映像だったのではないか」と思うくらいマッチしていました。それで、この『Bubble』を作ってみよう、と思いました。

モエ スター アワード
クリス・フォギン監督
『フレンド・リクエスト
  / Friend Request Pending』

 本年度の公式上映作品の中から、未来の映画業界を担うスターに贈られる賞です。プレゼンターは、SSFF & ASIA 代表の別所哲也さん(写真、右)。

クリス・フォギン監督(写真、左) 本作に出演してくださった(イギリスの女優の)ジュディ・デンチさんから、2011年の5月に素晴らしいチャンスをいただいたおかげで、本作を撮ることができました。私がこれからあがろうとしているはしごの1段目に、デンチさんが私を乗せてくださったということです。このトロフィーは、デンチさんにお渡ししたいと思います。

▼「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」
開催情報

開催期間:2012年6月15日(金)~30日(土)
会場:表参道ヒルズ スペース オー,ブリリア ショートショート シアター ほか
コピーライト:(C)Pacific Voice Inc.
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」公式サイト
※7月1日(日)~30日(月)、各受賞作品がブリリア ショートショート シアターで上映されています。詳しくは、上記の公式サイトをご参照ください。

取材・編集・文:香ん乃 スチール撮影:仲野薫

▼過去の関連記事
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」―アジア最大級の短編映画の祭典は、今年も充実のラインアップ。
レッドカーペット写真館-ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 編
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 授賞式-グランプリはニコラス・シュタイナー監督『ヘルムートの誕生日』に
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011―未来の映像業界を目指せ! 犬童一心監督が語るクリエイター志望必聴セミナーレポート
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011-「どうしても観たい!」おいしいところを少しずつ。


  • 2012年07月15日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/07/15/ssffaw2/trackback/