「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」アワードセレモニー1―萬田久子さんや北村一輝さんが審査員を務めた公式コンペティション。

  • 2012年07月15日更新

華やかなゲストを多数迎えて開催された、アワードセレモニー。

 短編映画の祭典「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」 ― 略して「SSFF & ASIA 2012」のアワードセレモニー(授賞式)が、2012年6月24日(日)に、東京の明治神宮会館にておこなわれました。グランプリに輝いたのは、平柳敦子監督の『もう一回 / Mō ikkai』。各受賞作の詳細は、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」の公式サイトをご参照ください。

 この記事では、主にオフィシャルコンペティションの結果をお届け致します。たっぷりの撮影画像とともに、賞に輝いた監督たちの喜びのコメントをお楽しみください。

▼関連記事
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」アワードセレモニー2―川島海荷さん、松坂桃李さん、大黒摩季さん……、華やかなゲストが多数ご来場。

左は、SSFF & ASIA 代表、俳優の別所哲也さん。

右は、司会進行役のおひとり、モデルのSHIHOさん。

オフィシャルコンペティションの審査員から、左は女優の萬田久子さん、右は俳優の北村一輝さん。
SSFF & ASIA 2012 グランプリ作品 ジャパン部門 優秀賞
平柳敦子監督
『もう一回 / Mō ikkai』

 受賞した平柳敦子監督と、オフィシャルコンペティションの審査員のみなさま。写真左から、北村一輝さん(俳優)、小林政広さん(映画監督)、平柳監督、高須光聖さん(放送作家/脚本家)、ルドミラ・チコヴァさん(ドーハ映画協会 チーフ・インターナショナルプログラミング)、萬田久子さん(女優)。

平柳敦子監督 (グランプリを受賞して)夢を見ているようで、信じられません。本作は、このSSFF & ASIA 2012がワールド・プレミアであり、ジャパン・プレミアでもあります。自分の(生まれた)国で撮った作品がこのような形で支援されて、とても嬉しいです。今回いただいた賞金を、現在制作中の映画の資金に使いたいと思います。これで(資金が)貯まりました(会場笑)。

インターナショナル部門 優秀賞
フランク・ディオン監督
『エドモンドとロバ / Edmond was a Donkey』

フランク・ディオン監督(写真、左) このような賞をいただけて、大変光栄です。まるで夢の中にいるような心地です。

握手を交わす北村一輝さんとフランク・ディオン監督。
アジア インターナショナル部門 優秀賞(東京都知事賞)
ジェイ・チャン監督
『泥棒 / Thief』

ジェイ・チャン監督(写真、中央) 私はアメリカで日本のアニメーションを観ながら育ったので*、こうして初めて東京に来ることができて、非常に楽しくて感謝しています。私の作品に息を吹きこんでくれた、スタッフとキャストのみなさまに感謝致します。
* 台湾人のチャン監督は、アメリカのテキサス州で育った。

▼「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」
開催情報

開催期間:2012年6月15日(金)~30日(土)
会場:表参道ヒルズ スペース オー,ブリリア ショートショート シアター ほか
コピーライト:(C)Pacific Voice Inc.
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」公式サイト
※7月1日(日)~30日(月)、各受賞作品がブリリア ショートショート シアターで上映されています。詳しくは、上記の公式サイトをご参照ください。

取材・編集・文:香ん乃 スチール撮影:仲野薫

▼過去の関連記事
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」―アジア最大級の短編映画の祭典は、今年も充実のラインアップ。
レッドカーペット写真館-ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 編
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 授賞式-グランプリはニコラス・シュタイナー監督『ヘルムートの誕生日』に
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011―未来の映像業界を目指せ! 犬童一心監督が語るクリエイター志望必聴セミナーレポート
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011-「どうしても観たい!」おいしいところを少しずつ。


  • 2012年07月15日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/07/15/ssffaw1/trackback/