「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」―アジア最大級の短編映画の祭典は、今年も充実のラインアップ。

  • 2012年06月21日更新

アジア最大級の「短編映画の祭典」、充実のラインアップで今年も開催。

 短編映画の祭典「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」 ― 略して「SSFF & ASIA 2012」が、2012年6月15日(金)~30日(土)、東京の表参道ヒルズ スペース オー、横浜のブリリア ショートショート シアターほか、複数会場にて開催。米国アカデミー賞の公認でもあるこの映画祭は、アジア最大級の国際短編映画祭だ。

 日頃、なかなか観る機会のない短編映画を一挙に堪能させていただける贅沢な映画祭だが、「プログラムと上映作品が充実しすぎていて、どれを観に行けばよいのか迷う」と頭を抱えていらっしゃるかたも多いかもしれない。そんなかたがたのために、ちょっとした指針になれば、と願いつつ、ミニシアが自信を持ってお薦めする作品とプログラムをご紹介。

『津波そして桜』
“The Tsunami and the Cherry Blossom”
Lucy Walker/アメリカ/38:00:00/ドキュメンタリー/2011

6月24日(日)15:45-17:35/表参道ヒルズ スペース オー
6月29日(金)12:50-14:40/ブリリア ショートショート シアター

「アカデミー賞プログラム」にて上映。2012年の米国アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされたことをはじめ、各国の映画祭で上映された作品。東日本大震災の被災地で力強く咲く桜から、復興への活力と意志が伝わってくる。

『ある夏の日』
“Summer Break”
Sean Kruck/オーストラリア/12:30:00/2009

6月22日(金)15:00-16:50/ブリリア ショートショート シアター
6月25日(月)19:20-21:10/ブリリア ショートショート シアター

「インターナショナル部門」の特別上映作品。2009年のベルリン国際映画祭ほか、各国の映画祭で上映された。郊外に住む少年たちが体験する、夏の1日を描いている。本格的な猛暑を迎える前に、甘酸っぱい青春ドラマで胸を潤してみては?

『グレートラビット』
“The Great Rabbit”
和田淳/フランス/7:00:00/アニメーション/2011

6月22日(金)20:15-22:05/表参道ヒルズ スペース オー
6月30日(土)12:50-14:40/ブリリア ショートショート シアター

「アジア&ジャパン部門」の特別上映作品。日本の和田淳監督が、2012年のベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞した作品である。神秘的な存在である「グレート」の本質を問う。

「フットボールプログラム
 presented by J.LEAGUE」

6月23日(土)11:15-13:05/表参道ヒルズ スペース オー

 Jリーグ20周年を記念した、「フットボールプログラム presented by J.LEAGUE」の第2弾。「スポーツの持つ力」を、ショートフィルムの「映像の力」で発信しようというコンセプトで、フットボールから生まれた胸に迫る作品の数々が集結した。上映される8作品はいずれも必見だが、サッカーとスポーツへの興味を更にそそられること請けあいの4作品をピックアップ。

『レフリー』
“The Referee”
Paolo Zucca/イタリア/15:00:00/ドラマ/2008

 フットボールの映画は、選手やプレイヤーを題材にしたものだけではない。本作は「サッカーの審判」の物語。それも「罪人」で、犯した罪を償うためにサルデーニャへ島流しにされたレフリーを描いた異色作である。2009年のクレルモンフェラン国際短編映画祭で審査員特別賞を受賞。

『頑張れ、グリーン・ドッグ!』
“The Green Dogs”
Mathias Rifkiss & Colas Rifkiss/フランス/20:10:00/ドラマ/2012

「転勤なんか、してたまるか!」 ― 勤務先の工場が、海外へ移転するかもしれない。今の場所に勤め続けたい従業員たちは、転勤を「賭けて」、支配人にフットボールの試合を持ちかけるが……。2012年のモンリュソン短編映画祭で観客賞を受賞。

『オフサイド』
“Offside”
Erez Tadmor & Guy Nattiv/イスラエル/5:50:00/ドラマ/2006

 命がけの戦闘地帯 ― フェンス越しに、4人のサッカー・ファンがいる。ラジオからは、白熱している試合の中継が聞こえてきて……。イスラエル発の作品。2006年のマンハッタン短編映画祭で最優秀短編映画賞を受賞。

『スタジアムを灯して』
“Football in Lightlesstown”
Yalcin Kilic (Alametifarika)/トルコ/5:00:00/ドラマ/2011

 電気の供給が不安定な街に住んでいる少年たちの夢は、灯りに乏しい夜でもサッカーの練習をすること。彼らの夢を叶えようと、町の発明家がひと肌脱いで……。健気な少年たちの笑顔がまぶしい、トルコ初の作品。

▼「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」開催情報
開催期間:2012年6月15日(金)~30日(土)
会場:表参道ヒルズ スペース オー,ブリリア ショートショート シアター ほか
コピーライト:(C)Pacific Voice Inc.
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2012」公式サイト
※プログラムや上映作品等の詳細、料金等は、上記の公式サイトをご参照ください。

文:香ん乃

▼過去の関連記事
レッドカーペット写真館-ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 編
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 授賞式-グランプリはニコラス・シュタイナー監督『ヘルムートの誕生日』に
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011―未来の映像業界を目指せ! 犬童一心監督が語るクリエイター志望必聴セミナーレポート
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011-「どうしても観たい!」おいしいところを少しずつ。


  • 2012年06月21日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2012/06/21/ssff2012/trackback/