朝からどっぷり成瀬巳喜男-成瀬巳喜男と女優達

  • 2010年11月06日更新

おかあさん“女性映画の名手”として知られており、神話化された女優を飾らない市井の人々として生き生きと演じさせた監督、成瀬巳喜男。神保町シアターでは『成瀬巳喜男と女優たち』と題し、成瀬監督作品の中から昭和を代表する女優が輝く7作品を上映中。映画職人、成瀬巳喜男監督の腕の冴えわたる作品をモーニングショーでお楽しみください。©東宝
神保町シアターの劇場招待券プレゼントも開催中!(10組20名様。11月19日まで有効/応募〆切は11月7日)

 

銀座化粧「第4の巨匠」の描く大女優を一挙に
映画製作者にファンも多く、また海外の評価も高い成瀬巳喜男作品。成瀬を、小津、溝口、黒澤に次ぐ日本の「第4の巨匠」と讃えるフランスの映画誌もあるほど。家庭で映画を観ることができない時代に「映画は映画館で上映される数週間だけの命である」とする成瀬の目はあくまでも映画館を訪れる観客に向けられ、職人として観客の見たい映画を作り続けた監督である。今回の特集上映では“女性映画の名手”と言われた成瀬作品から田中絹代、原節子など泣く子も黙る大女優が日常を演じる作品を中心に7作品が上映。朝から大女優を堪能して一日をスタートさせて見てはどうだろう。©国際放映

 

めしめし
倦怠期の夫婦の生活が不意に現れた姪によってかき乱される。大阪の路地裏の繊細な日常描写が凄い。戦後の復活とされる作品。伝説の女優、原節子が所帯やつれした妻を演じている。原作は林芙美子。連載中に林が急逝したことにより、未完の絶筆となり、映画では成瀬らによって独自の結末が付与されている。©東宝

 

 

 

 

 

 

成瀬チラシ成瀬巳喜男と女優達
2010年10月23日(土)~11月19日(金)
連日午前10時より1回のみ上映
会場:神保町シアター (公式サイト)
入場料金(当日券のみ)一般 ¥1,200/シニア・学生 ¥1,000

文:白玉

  • 2010年11月06日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/11/06/12290/trackback/