『パーフェクト・ブルー』親子揃って、初日舞台挨拶!

  • 2010年09月19日更新

koinapo_main1
2010年9月18日(土)角川シネマ新宿(東京)にて、『パーフェクト・ブルー』初日舞台挨拶が行われました。(写真、左より、下山天監督、宅麻伸さん、加藤ローサさん、中村蒼さん、石黒賢さん)
改行
ベストセラー作家、宮部みゆきさんの衝撃的な長編デビュー作である『パーフェクト・ブルー』。この作品は、WOWOWのドラマ制作プロジェクト「ドラマW」として放送され、大反響を呼び、劇場での限定ロードショーとなりました。
加代子(加藤ローサ)の父・浩一郎(宅麻伸)と、進也(中村蒼)の父・三郎(石黒賢)という、劇中での親子2組が登壇。

PB003― まずは、ご挨拶をお願いします。
加藤 1年前にドラマで撮影した作品ですが、今回はこんなに大きいスクリーンで上映されるという事で、とっても懐かしい気持ちと、嬉しい気持ちで一杯です。
中村 元々、ドラマの作品ですが、多くの人に観て頂いて、評判が良かったらこうやって劇場で上映ができるかもしれない、という事を撮影時に聞いていて、そうなったらいいなと頑張ってきました。実際にこの日を迎えられて良かったと思います。
宅麻 大きい画面で観ると、きっと楽しいと思います。お楽しみください。
石黒 皆さんが自分の時間をやりくりして、お金を払って観にきてくれる事に、本当に感謝しています。
下山監督 大きなスクリーンで観て頂ける事は、スタッフ・キャストを代表して感無量です。ありがとうございます。

― 宮部みゆきさんの原作ですが、映像化するにあたり、どのような点に気を遣われましたか?
下山監督 宮部さんの描く、重厚で骨太な、社会派ミステリーがベースにあるんですけれど、新米探偵・加代子と、傷を負った少年・進也の、成長と心の再生をどうミックスするか、本当に悩みました。脚本も時間を掛けましたし、撮影も皆さんと話し合いながら進めていきました。

― 作品の中ではそれぞれ親子の役ですが、いかがでしたか?
宅麻 (加藤ローサは)とってもいい娘で、嫁には出すまいと思いました(笑)
石黒 (中村蒼とは)初めて共演したのが2年前ですが、大人っぽくなったというか、俳優さんの顔になってきたなぁと、嬉しく思っています。

PB002
―これから観る皆さまに、映画の見所をお願いします。
宅麻 楽に観てもらうのが一番だと思いますが、ほんの少し緊張感を持って頂かないと、後半はわからなくなります。“楽の中にも緊張感”で是非宜しくお願いします。
加藤 絡まった糸が、スーっとほどけていくような感じで、謎が解けていきますので、是非集中して楽しんで頂けたらなぁと、思っています。
中村 クライマックスは、皆さんが想像もしないような、いい意味で裏切られるような話になっていますので、そこを楽しみにしてもらいたいです。
石黒 宮部みゆきさんのデビュー作という事で、様々な事件が同時進行で起きつつも、最後は終結に向け、1つに集まっていく様子が、見事に描かれていると思います。
下山監督 初めはリラックスして観つつ、だんだん引き込まれていき、最後に何かを感じ取ってくれれば有り難いと思います。
改行
▼『パーフェクト・ブルー』作品・公開情報▼
PB_main001原作:宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」(東京創元社)
監督:下山天 脚本:伊藤崇
出演:加藤ローサ、中村蒼、津田寛治、小市慢太郎、甲本雅裕、藤田朋子、升毅、大杉漣、宅麻伸、石黒賢 他
提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、WOWOW 配給:角川シネプレックス (c)2010WOWOW
『パーフェクト・ブルー』公式サイト
2010年9月18日(土)より角川シネマ新宿、シネプレックス系にて限定ロードショー
【上映期間】2010年9/18(土)~9/24(金)
改行
取材・編集・文・スチール撮影:南野こずえ  

【2010年11月24日、DVD発売決定!】

改行

  • 2010年09月19日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/09/19/10334/trackback/