ラテンの風は、新宿、京都、そして、横浜へ!―第7回 ラテンビート映画祭

  • 2010年09月16日更新

LB2010

「私たちラテンの人間は、とかく大げさで、にぎやか」とは、ラテンビート映画祭のプログラミング・ディレクター、アルベルト・カレロ・ルゴ氏の言葉。「映画祭」という言葉から文字通り連想できる明るさと歓びを味わい尽くせるのが、今年で開催7回目になるラテンビート映画祭です。

2010年の第7回ラテンビート映画祭は、9月16日(木)~9月23日(木)に新宿バルト9、9月20日(月)~10月3日(日)に京都の駅ビルシネマ、そして、10月8日(金)~10月11日(月)に横浜ブルク13と、3都市にて開催されます。

新宿と横浜では、ラテン映画の新作が18本上映予定。京都では、新作に加えて、過去にこの映画祭で上映された作品と、日本で公開されたラテン映画の名作もラインナップに名を連ねています。

1本たりとも観逃したくない作品ばかりですが、もしも、「なにを鑑賞するか、迷っちゃって……」と決めかねていらっしゃるとしたら、まずは、これらの作品を目当てに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

lb20102 『愛する人』
2009年/ドラマ/アメリカ・スペイン/125分
監督: ロドリゴ・ガルシア
出演:ナオミ・ワッツ アネット・ベニング ケリー・ワシントン
(C)2009, Mother and Child Productions, LLC

改行
ロドリゴ・ガルシア監督がナオミ・ワッツを主演に、ある母と娘の運命を、繊細かつ力強く描きあげた人間ドラマ。ガルシア監督といえば、女性たちを主人公にした『彼女を見ればわかること』や『彼女の恋からわかること』が忘れられない、というかたも多いでしょう。「女」という存在の人生を、情趣的かつリアリティたっぷりに描くことにかけて、絶対の信頼を預けられる監督です。共演にアネット・ベニングの名があるのも、期待を更にそそられるところ。
改行

lb20105 『フラメンコ×フラメンコ』
2010年/音楽ドキュメンタリー/スペイン/90分
監督:カルロス・サウラ
出演:ホセ・メルセ サラ・バラス エバ・ラ・ジェルバブエナ パコ・デ・ルシア

改行
ラテンといえばダンス! ダンスといえばフラメンコ!! 『フラメンコ』、『タンゴ』、『ドン・ジョヴァンニ』といった作品で、ラテンのダンスと音楽の世界を追究し続けているカルロス・サウラ監督が、今、新たに、情熱ほとばしるフラメンコの世界を華麗に描きました。このドキュメンタリーを観た直後には、フラメンコ教室の門を叩きたくなってしまうかもしれません。
改行

lb20103 『テトロ』
2009年/ドラマ/アメリカ・イタリア・スペイン・アルゼンチン/127分
監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ヴィンセント・ギャロ オールデン・エーレンライク マリベル・ベルドゥ

改行
ブエノスアイレスを舞台に、あるイタリア系移民家族の物語を、フランシス・フォード・コッポラ監督がモノクロで描きました。主演は、近頃、「怪優」のイメージがやたらと強くなってきているような気がするヴィンセント・ギャロ。
改行

lb20104 『命の相続人』
2010年/ミステリー/スペイン/107分
監督:オスカール・サントス
出演:エドゥアルド・ノリエガ アンジー・セペダ ベレン・ルエダ
(C)ONLY HEARTS CO.,LTD.

改行
腕は優秀でも人格的に問題のある医師が、瀕死の重傷を負ってから目覚めてみたら、ある不思議な力が宿っていた ― アレハンドロ・アメナバール製作の、一風変わったミステリーです。スリリングな物語はもちろん、セクシーなエドゥアルド・ノリエガと、美人女優のアンジー・セペダとベレン・ルエダ、3者の眼福にあずかるのも一興。
改行
第7回 ラテンビート映画祭 公式サイト
※そのほかにも、注目の話題作が目白押し! 上映スケジュール、チケット購入方法等の詳細は、上記の公式サイトをご参照ください。

LBFF300B

▼第7回 ラテンビート映画祭 開催情報
【東京】新宿バルト9 2010年9月16日(木)~23日(木・祝日)
【横浜】横浜ブルク13 2010年10月8日(金)~11日(月・祝日)
【京都】駅ビルシネマ 2010年9月20日(月・祝日)~10月3日(日)
主催:LBFF実行委員会
プロデューサー&プログラミング・ディレクター:アルベルト・カレロ・ルゴ
新宿・横浜会場運営:(株)ティ・ジョイ
京都会場運営:京都駅ビル
第7回 ラテンビート映画祭 公式サイト
※上映スケジュール、チケット購入方法等の詳細は、公式サイトをご参照ください。

▼関連記事
スペイン人気女優カルメン・マチさんも来日! 『Paper Birds』(英題)舞台挨拶 in 第7回ラテンビート映画祭

文:香ん乃
改行

  • 2010年09月16日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/09/16/10239/trackback/