Short Shorts Film Festival & Asia 2010―極上の凝縮感を楽しむ映画祭

  • 2010年06月09日更新

ゆっきーなメイン短編映画を映画館で見るという機会はあまりないけれど、短時間に込められた制作者の思いは長編と同じ。むしろ、インパクトの強さ、メッセージ性の高さ、そして、技術だけに頼らないアイデアの斬新さは短編作品ならでは。ショートショートフィルムフェスティバルでは世界96カ国4,000本を超える応募作品の中から選りすぐりの約100本の短編作品を上映。100本の中から、ガツンとくる一本を探しに出かけてみませんか?

 

仕事人間今年で12回目を迎えるショートショートフィルムフェスティバル。
上映作品は短いもので1 分、長いものでも25 分(ショートショート映画祭規定による)。短いからこそ、制作者の意図が集約され、シンプルでありながら凝縮感の高い作品が生まれる。そんな短編作品ばかり100本が一挙に公開される。

 

 

ヒッピーVSヘビメタ出品作品はヒューマンドラマ、コメディ、アニメーションと多彩。不条理あり、実験的なものあり、くすりと笑ってしまうものあり、時間は短くても、見ごたえ充分。自分のお気に入り作品を探してクリエイターの青田買いをしてみては? また、若手だけでなく、犬童一心監督、岩井俊二監督、行定勲監督、青山真治監督の作品もミュージックShort PV 部門にラインナップ。加えて、沢村一樹、伊勢谷友介、木村祐一、故ヒース・レジャーなど俳優の方々の監督作品も上映。錚々たるトップクリエイターの作品が会期中に色々と楽しめるのはうれしい限り。

 

ベッド、あたためます3回目を迎えるストップ温暖化部門は地球温暖化をテーマにした作品を上映。温暖化をテーマにしたマジメな作品かと思いきや、おバカなコメディあり、ミュージックビデオあり、様々な切り口で温暖化を表現するのはさすが難関を通り抜けたノミネート作品。旅シヨーット!プロジェクトとストップ温暖化部門の作品は入場無料。表参道ヒルズスペース オーにて上映。当日は混雑が予想される。お出かけはお早めに。

Short Shorts Film Festival 2010
期日:2010年6月10日~20日
会場:表参道ヒルズスペース オー/ラフォーレ ミュージアム原宿/TOHOシネマズ六本木ヒルズ

 詳細はこちらをご覧ください


ミニシアターに行こうでは、オープニングセレモニー、授賞式の模様をレポートします。お楽しみに。

文:白玉
改行

  • 2010年06月09日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/06/09/4826/trackback/