『オーケストラ!』

  • 2010年04月17日更新

オーケストラ「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」をおさえ、パリでオープニングNo.1を記録! 
旨みと感動がたくさん詰まった、多彩でお得感満載のオススメ映画です。

ロシア・ボリジョイ交響楽団の清掃員として働くアンドレイは、清掃中に一枚のFAXを偶然見てしてしまう。再びオーケストラで指揮することを夢見ていた彼は、ある目的のため、とんでもなく大胆な計画を企てる。それはボリジョイ交響楽団と偽って、かつてのオーケストラ仲間とともに、パリの一流劇場で再び演奏することだった。

本作では、チャイコフスキーほか名曲の数々が使用されている一方で、東欧ユダヤの伝統的な大衆音楽(「クレズマー」というらしい)が、街角で奏でられるシーンに盛り込まれており、クラシックファンならずとも、そのコントラストは刺激的なものとなっている。

また、クラシックと大衆音楽というコントラスト以外にも、ロシアとフランスという二国の対比が、皮肉とユーモアたっぷりに描かれていて、思わずクスッと笑ってしまう。

バイオリンのソリストを演じたのは、「イングロリアス・バスターズ」での凛とした演技と美貌で世界的に注目されるようになったメラニー・ロラン。今回の撮影で、「感情の極みに行けたと思う。自分の身体が音楽になったように感じ、あまりに強烈で気絶しそうになった」とコメントしている。

fran418fran417

監督は「約束の旅路」(05)のラデュ・ミヘイレアニュ(画像左)。3月に開催されたフランス映画祭2010で本作が上映されたため、主演のアレクセイ・グシュコブ(画像右)とともに来日。写真は、そのオープニングで二人が舞台に登壇したときのもの。

4月17日より、Bunkamuraル・シネマシネスイッチ銀座 他全国順次ロードショー!

▼『オーケストラ!』作品詳細
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン
2009年/フランス/124分
原題:Le Concert
公式サイト:http://orchestra.gaga.ne.jp/

文:おすず 撮影(フランス映画祭):細見里香
改行

  • 2010年04月17日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/04/17/3934/trackback/