春らんまん、噂の乙女映画たち「春よ!乙女よ!映画よ!」

  • 2010年03月07日更新

青空娘

いつの時代も、純真さを武器に乙女心を貫く少女たち。この春、桜のごとく美しい乙女たちが、再びスクリーンに甦ります。

神保町シアターにて開催される、「春よ!乙女よ!映画よ!」では、大女優の少女時代に出会える傑作映画から、80年代のアイドル映画まで、日本映画史における乙女映画28作品を振り返ることができます。(左画像は「青空娘」より)

そして今回、劇場招待券を5組10名様にプレゼント! 乙女映画公開中(4/2まで有効)は、どれでも好きな1作品を選んで観ることができます。
※プレゼント応募は終了しました。

全28作品、あなたならどの作品を観ますか??


女優で選ぶ

若尾文子の場合
当サイトの「映画の達人」第1回で、映画プロデューサーの市山尚三さんにも「頭から離れない女優」として、その魅力を語っていただきましたが、どこかエロティックで、“不条理を無理やり説得させる女優”、若尾文子の女っぷりを再確認できる3作品をご紹介します。

十代の性典

「十代の性典」(53) (当時 20歳)
同期入社の南田洋子とともに、彼女をスターへと押し上げた作品。女子高生の揺れ動く危うさを描いた問題作。当時大ヒットし社会現象となった。
(左画像は「十代の性典」より)

「青空娘」(57) (当時 24歳)
あどけなさの残る、お転婆ぶりが楽しい。増村保造監督との初コンビ作。恵まれない境遇の娘がたくましく生きる姿を爽快に描く。

「処女が見た」(66) (当時 33歳)
エロスの香りを漂わせながらも、澄んだ美しさを失わない演出が見もの。若尾演じる美しき尼僧に預けられた少女がみた秘密とは…。

名作で選ぶ

「春琴抄」(76)
春琴抄谷崎潤一郎・原作で、これまでも名女優たち(田中絹代、京マチ子など)よって、6回もリメイクされている大傑作。今回上映されるのは、春琴・山口百恵(当時17歳)×佐助・三浦友和によるもの。山口百恵の凛とした妖しさと、行間からにじみ出るリアルな感情表現に期待したい。
盲目の美しい商家の娘と、彼女に仕える下男の倒錯的ともいえる究極の純愛映画。(左画像は「春琴抄」より)

「泥だらけの純情」(63)
泥だらけの純情

令嬢と不良青年の恋を描く乙女映画の金字塔。吉永小百合(当時18歳)の人気を不動にした大ヒット作。
後年、山口百恵×三浦友和によってリメイクされている。

他にも吉永小百合・主演作品は、「花の恋人たち」(当時 23歳)が上映される。
(左画像は「泥だらけの純情」より)

監督で選ぶ

相米慎二監督の場合
セーラー服と機関銃成瀬巳喜男、増村保造、市川準など、巨匠による名作も多数上映されるなか、今回は薬師丸ひろ子、工藤夕貴をスター女優に育て、女優の発掘と育成に定評があった相米慎二監督作品をピックアップ。

「セーラー服と機関銃」(81)
17歳の薬師丸ひろ子の輝きを丸ごと刻みつけた作品。やくざの組長になった女子高生の困惑と成長を描いた。注目の新進監督だった相米監督が独特の長まわし撮影で描く。(左画像は「セーラー服と機関銃」より)

「東京上空いらっしゃいませ」(90)
映画デビューの牧瀬里穂(当時19歳)の躍動する姿が、空想と現実の間で切なく輝く名篇。天国から地上に戻った少女が体験するつかの間の“生”。ちょっと不思議でおしゃれなファンタスティック・コメディー。

「春よ!乙女よ!映画よ!」上映作品一覧
※スケジュールの詳細は、こちらでご確認ください。
第1週…春一番!(3/6~3/12)
「乙女ごころ三人姉妹」 主演:堤真佐子/監督:成瀬巳喜男
「姉妹」 主演:野添ひとみ/監督:家城巳代治
「春らんまん」 主演:司葉子/監督:千葉泰樹
「ノンちゃん雲に乗る」 主演:鰐淵晴子/監督:倉田文人
「青空娘」 主演:若尾文子/監督:増村保造
「まごころ」 主演:加藤照子/監督:成瀬巳喜男
「むかしの歌」 主演:花井蘭子/監督:石田民三

第2週…乙女の冒険(3/13~3/19)
「巨人伝」 主演:原節子/監督:伊丹万作
「阿波の踊り子」 出演:入江たか子、高峰秀子/監督:マキノ正博
「野を駆ける少女」 主演:桑野みゆき/監督:井上和男
「処女が見た」 主演:若尾文子/監督:三隅研次
「Wの悲劇」 主演:薬師丸ひろ子/監督:澤井信一郎
「恋する女たち」 主演:斉藤由貴/監督:大森一樹
「泥だらけの純情」 主演:吉永小百合/監督:中平康

第3週…恋と友情(3/20~3/26)
「放課後」 主演:栗田ひろみ/監督:森谷司郎
「BU・SU」 主演:富田靖子/監督:市川準
「やくざ囃子」 主演:岡田茉莉子/監督:マキノ雅弘
「くちづけ」 主演:野添ひとみ/監督:増村保造
「花の恋人たち」 主演:吉永小百合/監督:斎藤武市
「春琴抄」 主演:山口百恵/監督:西河克己
「春の山脈」 主演:鰐淵晴子/監督:野村芳太郎

第4週…劇的青春(3/27~4/2)
「にっぽんぱらだいす」 主演:香山美子/監督:前田陽一
「阿寒に果つ」 主演:五十嵐じゅん(五十嵐淳子)/監督:渡辺邦彦
「月曜日のユカ」 主演:加賀まりこ/監督:中平康
「十代の性典」 主演:若尾文子/監督:島耕二
「セーラー服と機関銃」 主演:薬師丸ひろ子/監督:相米慎二
「東京上空いらっしゃいませ」 主演:牧瀬里穂/監督:相米慎二
「大地の子守歌」 主演:原田美枝子/監督:増村保造

▼「春よ!乙女よ!映画よ!」 情報
2010年3月6日(土)〜4月2日(金)
会場:神保町シアター (公式サイト
当日券料金:一般1,200円/シニア・学生1,000円

劇場鑑賞のススメ 美味しい特典
▼その1
カフェ「人形町三日月座」にて、乙女映画特集に合わせた“乙女パフェ”が登場!
・通常750円のところ、半券提示で650円
・珈琲セット1,050円のところ、半券提示で950円

場所は、神保町から半蔵門線に乗って3駅「水天宮駅」徒歩1分。映画を観たら、下町情緒が残る人形町を散策して、乙女パフェを食べに行こう。

▼その2
ホワイトデー特別企画で、“恋する乙女の珈琲ブレイク”~出張喫茶店「カネコーヒー」がオープン。(3/14(日)『恋する女たち』上映前) 日曜の昼下がり、乙女のお茶会気分はいかがですか?
※『恋する女たち』(3/14(日)15:30の回)のチケット購入の方限定。
※詳細は神保町シアターにお問合わせください。電話:03-5281-5132

文:おすず
改行

  • 2010年03月07日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/03/07/2781/trackback/