『都市霊伝説 心霊工場』

  • 2010年03月05日更新

skmain

いきなりばばーんと現れる血みどろの死体よりも、唐突に鼓膜を襲う轟音よりも、「人の心の奥底で化膿した『恨み』」こそが、最も恐ろしい ― 『都市霊伝説 心霊工場』を観ると、口の中を恐怖で干あがらせつつ、そう実感する。

本作を観ていると、誰かの恨みや妬みを買わないように、「人づきあいには、もっと慎重にならなければ」と、身がすくむ。とはいえ、自分がいくら心がけているつもりでも、他人に与えるマイナスの影響は制御できない場合も多い。「自分と接することで、相手が感じてしまう闇」にまで、責任は持てないのが現状だ。

sk5

『都市霊伝説 心霊工場』では、ある廃工場に、吸い寄せられるかのように、導かれるかのように、人々が集まっていく。興味本位で訪れたホラー・サークルのメンバーたち、取材で単身乗りこんだ映画監督のトヨカワ、仲間たちの身を案じて駆けつけるホラー・サークルの副会長・三原俊郎、そして、「ある事実」を自ら確かめるために赴かなければならなかった、編集者の内田真紀。

sk4

廃工場に集った面々に、容赦なく襲いかかる霊の「意思表示」。ここでいったい、どんな惨劇があったのか。その惨劇を引き起こした「ある人物の感情」は、どれだけの怨恨に侵されていたのか。

監督は小沼雄一。サスペンス・ホラーの『自殺マニュアル2 中級編』で映画監督デビュー後、ファンタジー・ドラマ『夏の思い出』、切ないコメディ『童貞放浪記』など、幅広いジャンルでメガフォンを執っている。パソコンのフリー・ソフト製作者という顔も持つ。

sk1

主人公の内田真紀を演じたのは、『おやすみアンモナイト 貧乏人抹殺篇/貧乏人逆襲篇』(増田俊樹監督作品)での「1ヶ月も入浴をしない女の子・矢井田芳子役」が記憶に新しい大塚麻恵。『都市霊伝説 心霊工場』では、黒い秘密を胸に抱えた神秘的な真紀役で、新たな境地を見せている。

脇を固めるキャストに、石原あつ美、平田裕一郎、市川真治など、フレッシュな顔ぶれが揃った。小沼監督のメガフォンのもと、今をときめく若手女優と俳優が体現した「恐怖」の目撃者に、ここを読んでいるあなたにも、ぜひなっていただきたい。

sk3

▼『都市霊伝説 心霊工場』作品・公開情報
日本/2010年/77分
監督・脚本・撮影・編集:小沼雄一
出演:大塚麻恵 石原あつ美 平田裕一郎 ファンキー中村 他
配給:ムービープラネット
『都市霊伝説 心霊工場』公式サイト
※2010年3月6日より3月26日まで、アップリンクX(東京)にてイブニング&レイトショー(3月20日以降はレイトショーのみ)。上映期間中は連日、関連イベントがおこなわれます。イベントの詳細につきましては、公式サイトをご参照ください。

sk6

▼関連記事
『都市霊伝説 心霊工場』3/7舞台挨拶に、平田裕一郎さんが登場!
『都市霊伝説 心霊工場』3/6初日舞台挨拶にキャストが大集合!
『都市霊伝説 心霊工場』 小沼雄一監督×大塚麻恵さん インタビュー
裏フォト・セッション!? 大塚麻恵さんと平田裕一郎さんの楽屋に潜入しちゃいました!
あの女優の魅力に、増田俊樹監督と平田裕一郎さんが迫る!? トーク・ライヴ「七つの顔の大塚麻恵」リポート!

文:香ん乃

小沼雄一監督作品
童貞放浪記 [DVD] 夏の思い出 ~沖縄伝説~ [DVD] AKIBA アキバ [DVD] ロザリオの雫 [DVD]
ニューハーフダンク [DVD] 自殺マニュアル2 中級編 [DVD] キル・鬼ごっこ [DVD]  

改行

  • 2010年03月05日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/03/05/2636/trackback/