『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』完成披露試写会に、西田美和さん、時東ぁみさんたちが登場!

  • 2010年02月03日更新

100127cmain

バンクーバー冬季オリンピックが開催目前の今、五輪気分を高揚させてもらえること請け合いのフィギュアスケート・ムービーが公開されます! その名も、『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』。

2010年1月27日にスペースFS汐留(東京)でおこなわれた完成披露試写会に、メイン・キャスト、室希太郎監督、主題歌を歌った小川真奈さん、そして、応援ゲストの工藤公康選手(埼玉西武ライオンズ)が駆けつけました! ↑の写真、左から、室監督、時東ぁみさん、小松崎夕楠さん、西田美和さん、工藤選手、小川さんです。

100127cnk

主演の西田さんに、工藤選手からブルー・ローズの花束が贈呈されました。「不可能を可能にする」という意味を持つブルー・ローズは、この映画でとても象徴的なアイテムとして使われています。

当サイト恒例の《セレブの靴チェック!》は、のちほどじっくりお届けするとして、まずは舞台挨拶の模様から。つんく♂さんが作詞作曲の主題歌『MAP ~未来の地図~』を小川さんが披露するミニ・ライヴもありました!

100127cn2

「『何事もあきらめなければ、必ず夢に近づける』という思いのこもった作品です」(西田さん)

主人公の倉内美和を演じた西田さんは、ご自身も最年長のプロ・フィギュアスケーターとしてアイス・ショー等でご活躍です。本作では、「一度あきらめた若き日の夢と再度向きあう、40歳のスケーター」という主人公を熱演しました。

応援ゲストの工藤選手も、日本のプロ野球界で最年長プレイヤーとしてご活躍しています。工藤選手は、「他人に言われる『限界』は、実は限界ではない、と僕は考えています。そこを超えてこそ見えてくるものがあると信じて僕は野球をやっているので、ぜひ西田さんにも(プロ・フィギュアスケーターとして)今後も続けていっていただきたい、と思っています」とエールを送りました。

100127cs1

「主人公の元彼の子供です」と挨拶をして、会場をどっと沸かせた、子役の小松崎さん。彼女が演じる原田飛鳥という少女は、主人公・美和の夢と勇気を後押しする重要な存在です。

眼鏡がトレードマークの時東さんは、眼鏡をはずして演技をしたのは本作が初めてとのこと。美和のライバルであるトップ・スケーター、笠井千夏を演じています。フィギュアスケートの経験がなかった時東さんですが、本作では華麗なスケーティングを披露。時東さんを実際に指導したのは西田さんです。トレーニングの賜物である時東さんの滑りも、本作の見どころのひとつ。

「この映画を観て、『なにかを始めて続けることに年齢は関係なく、何歳からスタートしても遅すぎることはない』と感じていただけたら、この上ない幸せです」(室監督)

完全な自主制作映画としてスタートした本作。「撮影当時、西田さんは主人公と同じ40歳でした。私自身も彼女と同世代で、また、スタッフやキャストに30~50歳代の者が多いのも、この映画の特徴です」と室監督は話します。「本作をきっかけに、『夢をあきらめない心・夢を叶える心』が日本中に広がってくれれば、この映画を作った甲斐があります」と、室監督は舞台挨拶を締めくくりました。

100127cmain2

舞台挨拶のあとは、西田さん、時東さん、工藤選手を迎えての囲み取材。西田さんはスケート靴を手にしてのご登場です!

企画から完成まで3年かかったという『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』。本作では、フィギュアスケートの舞台裏ともいえるシビアな世界が描かれています。「華やかな競技会やアイス・ショーを観ているだけだとわからない、『フィギュアスケーターが幼い頃からどのような努力をしているのか』という部分を、本作を通じて見ていただけたら嬉しいです」と西田さんは語りました。

100127ct3

本作への出演をきっかけに初めてフィギュアスケートにチャレンジした時東さんは、西田さんに3ヶ月間のトレーニングを受けたとのこと。「時東さんは呑みこみが早くて、すぐに滑れるようになりました」と西田さん。「滑れるようになったときは嬉しかったです。でも、リンクはとても寒かった!」と、時東さんは当時を振り返りました。リンクの上でカメラマンが転んでしまうなど、フィギュアスケート映画ならではともいえるアクシデントもあったそうです。

「努力をすれば必ず、夢に近づけます」(西田さん)

「小さな目標でも、自分を信じて、一生懸命努力をすることが大切です。(最年長のプロ・フィギュアスケーターとして)リンクに立てる機会があるごとに、その1回1回に感謝をして滑っています」と西田さん。その言葉にうなずいた工藤選手は、「感謝をすると、謙虚でいられるので、あきらめないことにつながります。僕は(野球の)アカデミーを作りたい、という夢を持っているので、そのためにも現役で頑張り続けたい、と考えています」と語りました。西田さんと工藤選手の言葉を受けて、時東さんは、「私はまだ幸運にも挫折をした経験がないのですが、西田さんや工藤選手を見習って、40歳代、50歳代になっても、夢をあきらめないように頑張りたいです」と話しました。

100127cs3

最後に西田さんから、「バンクーバー冬季オリンピックに出場するすべての日本人選手に、悔いが残らないように頑張ってきてほしいです」とエールが。『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』には、荒川静香さん、伊藤みどりさん、(村主章枝選手の妹の)村主千香さん、佐野稔さんといった、日本のトップ・スケーターが出演しています。どんなスケーティングと演技を披露してくれているのかにも期待して、映画館へ足を運んでください。

さて、ここからは、お待ちかね(待ってない?)、当サイト恒例《セレブの靴チェック!》ですよ~っ!!

100127ckutsuk

←のロング・ブーツは、子役の小松崎さんの足元。まるでスケート・リンクを髣髴とさせるような純白です。ゴールドのバックルがワイルドで、低めでも存在感のあるヒールがおとなっぽさを演出していますね!

西田美和 時東ぁみ 小川真奈
100127ckutsun 100127ckutsut 100127ckutsuo

続いては、西田さんの足元。ピープ・トゥ、バック・ストラップの、ブラックのサンダルです。ビジューなチャームがエレガント!

時東さんが履いていたのは、アンクル・ストラップの華奢なハイ・ヒール・サンダル。シースルー・ブラックに、ラメがきらめいています。

小川さんは、ホワイトの清楚なミュールです。着ていた白とペール・ブルーのドレスに、とても合っていました。

coachmain

▼『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』作品・公開情報
日本/2009年/108分
監督・脚本:室希太郎
出演:西田美和 小松崎夕楠 時東ぁみ 篠山輝信 金子昇(特別出演) 平泉成 他
配給:アステア
(C) 2010 ブルーローズ・シネマ・パートナーズ
『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』公式サイト
2010年2月6日(土)より、新宿K’s cinema他にて、全国順次ロードショー。

▼関連記事
『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』作品紹介

取材・文:香ん乃 撮影:細見里香

100127ct1 100127co1 100127ck2
100127cs2

改行

  • 2010年02月03日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/02/03/1959/trackback/