映画30周年! 史上初「ドラえもん映画祭」いよいよ開催

  • 2010年02月02日更新

ドラえもん映画祭ディズニーやジブリもいいけど、やっぱりドラえもんもイイよね☆
2010年、ドラえもんは小学館の「学年誌」で連載が始まって40周年、TVアニメと映画は30周年を迎える。映画版は2005年を除いて、1980年から毎年新作が公開されている。映画30周年記念として、2/6(土)〜2/28(日)の間、神保町シアターにて「ドラえもん映画祭」が開催され、全29作品が一挙公開される。全国から予想を超える反響があり、特別鑑賞回数券はすでに完売とのこと。急きょ追加上映や、2/28(20:10〜)にシークレット作品上映を決定するなど、劇場側もファンの期待に応えるべく対応に追われている。公開初日はスペシャルゲストとの記念撮影やグッズ販売も予定されていて、当日券が購入できなかったとしても、ファンにとっては楽しいイベントになりそう。この機会をぜったいにお見逃しなく!

のび太の魔界大冒険映画版のドラえもんはとにかくスゴい! というのも、長年にわたる同一キャラクターのシリーズは、映画史においてほとんどないからだ。そのスゴさは寅さんや007のジェームズ・ボンドに匹敵し、他の追随を許さない。そして魅力がいっぱい! 主題歌は毎回いろんなアーティストが参加しており、SPEEDや絢香、30作目は青山テルマと発表されたが、驚くべきことに、過去の作品では矢沢永吉の名もクレジットされている。スゴい振り幅! 小泉今日子が主題歌を歌う「のび太の魔界大冒険」は劇場でしか観れず、コアなファンの間では幻となっている。映画祭は再びそれを目にできる、またとない機会かも。

他にも魅力はたくさんあって語り尽くせないけど…、ジャイアンが映画版のときだけは「いいヤツ」だったりするのも、いいよね!

のび太の海底鬼岩城この機会に見比べてみよう! 29作品のうち、「のび太の恐竜 2006」と「のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜」(07)、「新・のび太の宇宙開拓史」(09)の3本は、名作といわれる代表作のリメイク版である。「のび太の恐竜 2006」は、新スタッフ・新キャストによる映画ドラえもんの第1弾となり、「のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜」と「新・のび太の宇宙開拓史」は、脚本を人気作家の真保裕一(「ホワイトアウト」「アマルフィ」)が手がけているのも注目すべきところだ。

のび太の恐竜

「のび太の恐竜」1980年版と2006年版を見比べてみました。 結論から言うと、ストーリー展開はほとんど同じです。でもよく見ると、細かいところが結構違うんですね。まず、「ひみつ道具」の数が違います! 80年版は15コで06年版は11コと、なぜか減ってます。世相を反映しているのでしょうか。キャラクターの性格も微妙に変化しています。80年版の方が、ドラえもんのコメントが説教じみていたり、ママもヒステリーのような気がします(そこに味があったりもするのだけど…)。06年版の方が、全体的にキャラクターの性格描写がマイルド。のび太の部屋にTVゲームがあったり、細かい描写に時代の移り変わりを感じることができるので、その辺りも見どころです。他にも、アニメーションの進化や声優の違いなど(06年版ピー助は神木隆之介)、ストーリーは同じでも様々な違いを発見できるはず。
「のび太の恐竜」は子供のころに見て、今回久しぶりに見たのですが、大人になって見返してもやっぱり面白いし、じ〜んとくるものがありますね。

◎ 映画ドラえもん作品一覧 ※()内は主題歌
1980「のび太の恐竜」(歌:大山のぶ代・ヤングフレッシュ)
1981「のび太の宇宙開拓史」(歌:岩渕まこと)
1982「のび太の大魔境」(歌:岩渕まこと)
1983「のび太の海底鬼岩城」(歌:岩渕まこと)
1984「のび太の魔界大冒険」(歌:小泉今日子)
1985「のび太の宇宙小戦争」(歌:武田鉄矢)
1986「のび太と鉄人兵団」(歌:大杉久美子)
1987「のび太と竜の騎士」(歌:大山のぶ代・森の木児童合唱団)
1988「のび太のパラレル西遊記」(歌:堀江美都子・こおろぎ’73)
1989「のび太の日本誕生」(歌:西田敏行)
1990「のび太とアニマル惑星」(歌:武田鉄矢)
1991「のび太のドラビアンナイト」(歌:白鳥英美子)
1992「のび太と雲の王国」(歌:武田鉄矢)
1993「のび太とブリキの迷宮」(歌:島崎和歌子)
1994「のび太と夢幻三剣士」(歌:武田鉄矢一座)
1995「のび太の創世日記」(歌:海援隊)
1996「のび太と銀河超特急」(歌:海援隊)
1997「のび太のねじ巻き都市冒険記」(歌:矢沢永吉)
1998「のび太の南海大冒険」(歌:吉川ひなの)
1999「のび太の宇宙漂流記」(歌:SPEED)
2000「のび太の太陽王伝説」(歌:由紀さおり・安田祥子)
2001「のび太と翼の勇者たち」(歌:知念里奈)
2002「のび太とロボット王国」(歌:KONISHIKI)
2003「のび太とふしぎ風使い」(歌:ゆず)
2004「のび太のワンニャン時空伝」(歌:島谷ひとみ)
2006「のび太の恐竜2006」(歌:スキマスイッチ)
2007「のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜」(歌:mihimaru GT)
2008「のび太と緑の巨人伝」(歌:絢香)
2009「新・のび太の宇宙開拓史」(歌:柴崎コウ)

▼ドラえもん映画祭 情報
2010年2月6日(土)〜2月28日(日)※毎週土・日のみの上映
会場:神保町シアター (公式サイト
当日券料金:一般1,000円/子供500円(3歳以上小学生以下)
スケジュールや追加上映の詳細は、こちらでご確認ください。
映画公式サイトはこちらから
画像提供:小学館

▼関連記事
実物大ドラえもんが神保町に!「ドラえもん映画祭」

取材・文:おすず
改行

  • 2010年02月02日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2010/02/02/1891/trackback/